年金受給者の日々へ 悪戦苦闘の記録から

自分のXデーに向かってまっすぐに走る日々
   年金受給前の悪戦苦闘の日々より

ごそごそと

2017-06-14 00:00:00 | Weblog
 ここ明石市は従来の山陽本線や新幹線で素通りしたのは数知れない。でも降りたのは初めての駅である。昨日は西明石にある神刑を訪問し就職面接会の様子を見学させてもらった。打合せ会が終了したのが4時過ぎ、ホテルに入るとまだ陽が高い。
 ジャちょっと東経135度の経線に立ってみようと、生来のもの好き・好奇心志向が湧きあがり散歩を兼ねて行くことに。明石駅でお城を見ながら山陽電車に乗り換えて、

次の人丸駅で降りると

目の前には、日本標準時の基準となる東経135度子午線が目には見えないが明石市立天文科学館が大きく見える。



この路地には子午線があるんだろう・・・と痛む腰を休ませながら歩く歩く。万歩計を見ながら朝から今日の合計徒歩数5,000オ―バーを目指す。これは昨夕のこと。

 今朝は9時から神刑の就労支援を担当していられる分類教育担当官さんとの質疑応答の時間を持たせてもらった。ナニを感じ取ったかといえば、就労支援のこと、すべて受刑者の立場に沿った支援であることに尽きる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 学ぶ | トップ | ラジオを聞きながら »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL