年金受給者の日々へ 悪戦苦闘の記録から

自分のXデーに向かってまっすぐに走る日々
   年金受給前の悪戦苦闘の日々より

建設的な一日

2017-04-21 19:21:21 | Weblog
 生産性向上とか建設的とか・・そのようなことは心はアップしても身は疲れること。

 いつもお世話になっているタダヨシさんに、昨日鍬の柄を付けてもらった。四本鍬と平鍬の柄である。奥さんが使っていた平鍬の柄がはずれることが多くなり、樫の木の柄を買ってきたものの木の太さと鍬の穴が合わない・・・タダヨシさんに付け方を相談した結果、やってあげるョ・・で、お願いをした所さっそく朝早く柄を付け替えた鍬を持ってきてもらった。

 それでは、鍬の使い心地をみてみようかと・・奥さんが畝を作り種を植えたところから芽が
 
 ホーレンソウに人参の芽、
 それとジャガイモも芽が出始めた。
 それらの畝を整備しようと腰の様子を窺いながら鍬を振ってみた。それに先日の雨以来雑草も急に伸びてきたので三角鍬も利用して草削り、自分としてはこの最近やったこともないほどの作業量。・・おかげである程度きれいにはなったと思うけど、自分の腰が伸びなくなった。丸まったままの背と腰・・こりゃアカン・・もう止めだと宣言、昼前に2時間の作業終了。

 情けないほど弱い足腰である。10数年口先だけで糊口をしのいでいる結果が現れている。

 そうだ次はで腰を伸ばそうか・・ついでに1,000円散髪をしようと・・。

 夕方奥さんが二日目の仕事を終えて帰ってきた。どうだった?と聞くと・・あぁぁぁxxxもうダメ・・対象者の名前が覚えられんとわめいておったワイ。今日面談した5人の人の名前が出てこないらしい。それくらいのことで心配するかよ自分は事故の後遺症はないけど、人の名前なぞ、覚えられんよ。受刑者の称呼番号・氏名を大きな声で告げる身柄を毎度面接している自分も対象者の名を覚えることはない。後日思い出すも、聞いたことがあるなぁ・・のレベル。ましてや・・アカンのやろけど・・新しく4月1日から赴任されて来られている仕事場の隣の職員さん、上席の首席、統括さんの3人の名前、何回も教えてもらっているのにすぐに忘れておる。〇〇さんは3人のうちだれやったかなぁ・・あと二人は名前何と言われてたかなぁ・・。そのうちもうろく頭に入るやろ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仕事を再開する | トップ | うららかな光と風の中で »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL