年金受給者の日々へ 悪戦苦闘の記録から

自分のXデーに向かってまっすぐに走る日々
   年金受給前の悪戦苦闘の日々より

求道者たち

2017-08-20 20:33:18 | Weblog

旧約聖書 詩編34:12-15
子らよ、わたしに聞き従え。主を畏れることを教えよう。
喜びをもって生き 長生きして幸いを見ようと望む者は
舌を悪から 唇を偽りの言葉から遠ざけ
悪を避け、善を行い 平和を尋ね求め、追い求めよ。


 夏の高校野球真っ盛り。準々決勝が白熱している。両チームに関わる人たちは手に汗を握っていることだろう・・。
TV中継を見ながらフト思ったこと。ホームランが多いこと、大量得点が目立つこと、パスボールが目立つことなど総じて、攻めることが野球の中心であるかのようだ。守ることの基本がおろそかになっているように、例えばボールを相手の胸元に投げる習慣がないようなことなど素人の自分でさえわかる。

 なんだか、攻めることが最大の生き様とする今様の文化を想う。

 讃美歌21 499番「平和の道具と」

1 平和の道具と ならせてください   4 なぐさめを求めず なぐめることを、
  憎しみに愛を、 戦に和解を         理解されるより 理解することを

2 分裂に一致、疑いに信仰、      5 愛されるよりも 愛する心を、
  誤りに真理、 絶望に希望、        敵をゆるして ゆるされることを。

3 暗闇に光、 涙に喜び         6 自分のいのちを 献げて死ぬなら、
  もたらす器と ならせてください。     永遠のいのちに いきるものとなる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木陰を求めて | トップ | 朝寝に昼寝に早寝 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL