きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「君の名は」

2016年09月18日 | 映画
話は「イルマーレ」&「転校生」。
2000年だと手紙のやりとりだけど
現代だとスマホなのね。
たぶんLINEの登場のタイミングも
経年を表しているんだろうな。

絵、特に自然風景が美しかった。
元ネタを知っていても二人が会えるかドキドキしたよ!
しかし歌が、、、。
いまどきの歌は苦手。
PVみたいで歌が入るたびテンションが下がった。

伏線の張り方が上手かったなあ。
あざといぐらいに。
奥寺先輩の都合の良さは
男性の理想なのかな?
(雑魚寝するなら帰るよね、普通は)
会社支給の制服に刺繍をするのが女子力が高いとか
男子の幻想にげんなりするけど
まあ、それは私が対象外の客層だから仕方が無い。
むしろ研修無しで接客できる方が謎。

ネットでは父をどうやって説得したかが議論されていたけど、
妻が病死したら婿入り先稼業を放棄し、あっさり娘も捨てたのに、
苗字は変えず(籍は抜いていない?)
婿入り先の土地には残り政治家になる方がよっぽど不思議だ。

「イルマーレ」は韓国版も米国リメイク版も良かったな。
特に後者は湖の家が詩的で素敵だった。
絶対に住みたくはないけど!

映画本編の客層に合わせて予告は流れるものだけど
「君の名は」の予告の殆どに菅田くんが出ているように思った。
売れっ子になったねえ。
私がよく見る系の映画だと吉田羊が3本くらいに出てたなあ。


ティアマト彗星、と言われるたびに、
「ティアマト会戦」が頭の中をユラユラ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「キング・オブ・エジプト」 | トップ | 「エリザベート(1回目)」... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。