きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

佐野散策

2016年02月27日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
佐野はどこに行くか。
田中正造記念館があるのは館林。
ついでに行ける茂林寺とかはすでに行ったので
今回はパスしたい。
私もMK氏も仕事が煮詰まっている時期だし
ゆったり昼ぐらいについて、ゆったり散策しましょう、
って流れになりました。

お互い地元駅を9時ぐらいに出て
11時20分頃佐野駅到着。
まずは会場探し。
少々迷いながら発見。
明るいうちに看板等を撮影。
ついでに斜め向かいの和菓子屋さんで
どら焼きなどを買い込む。

散策開始。
佐野は古い家が多く残っていますね。

街中散策が楽しいです。

そして!
佐野と言ったら!!
佐野厄除け大師!!
厄年には関係ない年齢になってしまいましたたが
やはり行きましょう、関東三大師だもん!





佐野駅からの案内板はあんまりないけど
(佐野市駅からの方が近いみたい)
なんとか辿り着きました。
厄除け祈願の方が多く訪れていました。

道を挟んだところに物産館有り。

さのまる君、可愛い~。

栃木限定の苺系菓子にテンション大アップ。
18時まで開いているので、また来るか、
ということになりつつも
とりあえず飲むヨーグルトは買っておきましょう。


テクテク歩き「絹屋」さんへ。

佐野ラーメンでっす!
奥は定番の醤油ラーメン、
手前は白いスープだけど味噌ラーメン。
美味しかったけど、味噌?謎?

さらに歩きまして佐野市郷土博物館へ。

田中正造像。
なんと!常設展示だけのためか、無料でした!
田中正造資料をじっくり拝見。
白い長い髭の写真しか知らなかったけど、
黒髪短髪でふくよかな時代もあったのね。
当たり前なんだけど、普段は思いつかないよね。


なんといいますか、
あくまでも個人的な感想なんですけど、
お上に逆らい地元に富をもたらした事業家に楯突いた人を
行政としては賞賛するわけにはいかないけど、
日本に「公害」という分野を作ったエポックメーキングな人だし
その名を知らぬ人はいないぐらい有名だから
貴重な観光資源ではある、
という、いろんな難しさがあるように感じました。
常設展示、もう一つは佐野の郷土資料。
大きい布に描かれた鍾馗様が大迫力!

んで、ここからタクシーで移動。
栗田美術館へ。







ここが素晴らしく良かった!
佐野出身の政治家であり実業家の栗田氏のコレクション展示らしいんだけど、
色鮮やかな伊万里に圧倒されました。
その辺の伊万里ではなく江戸時代の輸出品が中心。
ものすごくグレードが高い。
焼き物なのに実にシャープな線の絵。
こちらで焼いて輸出して、あちらで金細工合体の作品もあり
伊万里にガーゴイルが合わさった姿が面白い。
私の背丈ぐらいの壺もありました。
その後に鍋島焼を見ると実に上品。
ただただ溜息。
栗田氏のセンスも良いんだろうけど、
きっとしっかりした目利きの買付人がいたんだろうな。

喫茶室で一休み。

広大な敷地に展示館がいくつかあり
その建物も実質4階建とか
とにかく体力を使いました。

しかし、ライブハウスの開場時間まではまだあります。
ここから徒歩5分のあしかがフラワーパークに行きますよ!
さきほどのタクシーの運転手さんから
無料入園券をいただいたのさ!
ちなみに開花状況によって入園料が変動するのですが
この日は最安値の300円でした。
そのわりには牡丹は結構咲いていました。



チューリップも色付いていました。


これはクロッカス?


梅や福寿草もちらほら咲いていました。




面白かったのは藤の樹!
花が咲いていないスケルトン状態!




充分堪能して、迷いながらも富田駅へ。
JRで佐野駅に移動。

駅の階段を降りながら、
この時間に佐野に来ても良かったんじゃ?
など言いながら進み、佐野名物いもフライを食べる。

お店によって違うみたいですが
駅近くの飯島商店さん?のは
蒸して柔らかくなったじゃがいもを天ぷら的に揚げて
ウスターソースをつけたのかな?
美味しかったよ!

物産館再訪は諦め
最後の観光、駅近くの神社へ。

たぶん、星宮神社。

そして夕食。
2食ラーメンはつらいし、そばもなんだし、
でも飲めないし、で、
ここは安定のホテルのレストランに行こう!
ということで、サンルート1階の「アルカディア」へ。
MK氏はキジ焼き丼定食。

私は栃木の牛、みかも牛のハンバーグ。

ジューシーで美味しかった!!

そして。
2万歩越えの満腹状態でライブハウスに行ったのでした。
なんで「ゆったり」にならないんだろう。

帰りは、MK氏は21時48分発、私は21時50分発で
二人ともギリギリ27日中の帰宅。
この後は乗換各所が終電だから
どこかが遅れると帰れませんので
冒険は止めておきました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「Shakespeare ~空に満つる... | トップ | 3月27日 佐野(メモ) »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。