きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

USJ(2017年)

2017年06月17日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
進撃のなにかってそろそろ終わりじゃない?
と思って、またもや夜行バスで行っちゃいました。
ミニオンパークにも行きたいし。

来ちゃった(はぁと)


ミニオン推し!


とりあえずあの辺になにかいるだろう、と見に行く。
いた。





迫力はあるけどさー。
彼を見ると、いろいろ思うわさー。

近場のワゴンに

並んで買う。
スライムのフローズン、ラムネ味。




キングスライムのポップコーンバケツ。

3480円もするのにバカ売れ。すごい。
レジ横の見本に触らせてもらったらプニプニの肌だった。
食べ切れないし荷物になるので私は買わない。

エクスプレスパスのアトラクションその1は
「モンスターハンター・ザ・リアル」

立ち見のスターツアーズみたいなかんじ。
椅子揺れがないので酔わないのがいいわ。
ゲームをプレイしていなくても空を行く爽快感は楽しいです。

ミニオンパークへ。
クッキーサンド(フルーツ&クリーム)

クッキーがあまり甘くなくサクサクしてて、
中のクリーム&フルーツに良く合った。
製造過程がちらりと見えます。




パーク内。







黄色いのがたくさん!!

土産物屋の中も可愛い。




堪能して外に出たらマリリンがいた。




エクスプレスパスのアトラクションその2は
「進撃の巨人・ザ・リアル2」です。

元セサミの水の出る劇場で3D映像を見ます。
駐屯兵団の新兵が鎧の巨人の壁突破に巻き込まれる話。
観客が新兵体験。
ハンネスさんと動き、
途中からリヴァイとハンジが参加。
対巨人との戦いは迫力がある。
リヴァイのうなじを見下ろしてウハー!
としていたら、肩ポンされたよ、ありがとうございます。

お昼時になり待機列が100分になったので
「ドラゴンクエスト・ザ・リアル」に並ぶ。

すごく楽しかった!!
カップルに混じらせてもらって申し訳ないけど気にしない!
私は武闘家になりました。
攻撃の動きが楽だったので。
名前は本名にして良かった。
何回か呼びかけられるし、最後は表示されるし。
要注意。

ちょい遅めの昼食はフィンガネスでビーフシチュー。

スープとパンと付き。
追加で頼んだレッドレモネードクーラーはバニー色。

店内を見たら緑のドリンクもあるみたい。
ミントクーラーかな。
並べるとバディ色になるね!次回の課題!

ほどよい時間なのでウォーターワールドへ向かう。
途中の湾にて。
銅像を見た男子高校生が「ウォルトだ!」と叫んでいました。

私もこの人が誰か知らないけど、
ウォルトだけは!
ここで言ってはダメだよ!!

久々に見た「ウォーターワールド」のショーは
やっぱり豪快に客席に水をブチまけていた。
楽しい。
(映画は興行的には大コケだったんだよね・・・)

出たところで、これまた良い時間だったので
恐竜のグリーティングを見る。



二足歩行の方はモロ人間の動きだけど
そんなことは気にしちゃダメ!
恐竜の赤ちゃんに触れます。

可愛い!
恐竜のなんたら、ではなく、
「ジュラシックパークにいる」のを楽しむグリーティングね。

ミニオンパークに戻ったら
ちょうどショーが終わっての撮影タイム。

頑張って撮る。

ミニオンのロールケーキ。
注文したらね、お店のお姉さんがね、
「可愛い子を連れてきますね~」って言ってくれたのよ。
もう、大好きだよ、USJ!
可愛い子。

食べるのが申し訳ないねえ。
食べたけど!

ミニオンのグリーティングを見て、


エクスプレスパスのアトラクションその3は
「エヴァンゲリオン XRライド」です
3Dアニメの中を行く三半規管攻撃系。
少し酔った。

エクスプレスパスのアトラクションその4は
「ゴジラ・ザ・リアル 4-D」です。
場所は進撃が上映されていた劇場。

号外を貰ったよ。

空自の新入りパイロットになり、
ゴジラを攻撃する話。
これが実に面白かった。
劇場の椅子が揺れるアレだけど、ゴジラが大阪上陸。
大阪の人が「弊社~!」「御社~!」を
実感してるのを実感するのが楽しい。

出たところの土産屋をのぞく。
立体機動の誰か。

団長&兵長のメダルを買おうかと思ったけど
やめた。

出口付近でグリーティングに遭遇。








これにて今回は終了!
頑張った!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「コールド・ウォー」 | トップ | 銀河英雄伝説 京都外伝 二条... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。