きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「美女と野獣(吹替版)」

2017年04月23日 | 映画
ミツヲボイスでガストンのゲス度が三割増し。

ラストの再会の伏線は字幕にもあったのかな。
私が見落としていただけかな。

なにかを忘れているような気がする人が
思い出せて良かったよね。

どう考えても、悪いのは魔女だな。


ビーストの声は加工されていて、
なんとなく銀河万丈さんだった。
王子に戻ったあとの育三郎の声はぴったり。
他の東宝系を中心の吹替版キャストもみんなぴったりだった。
このキャストで舞台版が上演できるよね~。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「お嬢さん」 | トップ | フィンランド国立バレエ団 『... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。