きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「ノートルダムの鐘」

2016年12月27日 | 劇団四季


火を使う舞台だからか客席がとても寒かった。
休憩入れて2時間半なのに、一幕が1時間半で、
休憩無しかと思っちゃった。
今日はなんでだか開幕が押してた。

セットの使い方、人の使い方がよく、
話が止まることなく流れる。
名曲ばかりの歌も台詞からの入り方が自然。
歌い上げのための歌もないから物語が壊れることもない。
傑作で通いたい!というほどではないけど、
複数回行くのにストレスは無さそう。

歌が多いせいか、そんなに開口が気にならない。
台詞も大仰な言い回しがないしね。

エスメラルダが気の毒だなあ。
魔性の女というほどでも毒婦でもなく、
ストーカーホイホイ体質なんだな。
岡村さんは最初に見たときは
華が無いのが残念だと思ったけど、
「ジプシーに生まれただけの普通の女性」と思えば、
これはこれで、だね。
差別される側の彼女が
一番公正な心を持っていた、というかんじ?

フロローはなあ、
やっぱりもう少しネチネチした変態さが欲しいな。
はじーめての恋を教えたきみ~、
って歌いそうに見えちゃいかんのよ。
エスメラルダ、逃げて~!って客に思わせるぐらいじゃないと。
徳の高そうな野中さんが揺らぐのもいいんだけね。
彼の心の奥底こそが一番醜い、とも言えるのかな。
でも、「これがキヨミチなら」と想像するときが何度か。

野中さんは猫とライオンでしか見ていないかも?
こういうお顔だったのか。

飯田さんは歌も芝居も良かったよ!
とてもいじらしくて、
エスメラルダが親切にしちゃうのがわかるな。

エスメラルダは酸欠か、
煙によるなにかの中毒かな。
火刑は身体が焼ける前に死ぬっていうしな。

ラストはみな平等ということなんだろうけど、
みんながカジモド側に来たのが感動でした。
もしかして、皆こそが醜く、
カジモドは清らか、って意味だったりするのかな。
自我の解放、なんかも含まれているとか?

バレエ版は、エスメラルダとフロローの行く末は同じだけど、
恋仲に思っていたフィーバスが
同じ上流の女性と連れ立って処刑場に来て
「こんな女は知らないな」と鼻で笑って去っていきます。
それに比べたら舞台版の方が、、、って、
フィーバスは結局どうしたんだっけ。
来年チケットが取れたら良く見よう。


来年のキヨミチは怪人とフロローが基本なのかな。
どちらでも嬉しい。
フロローは舞台に出ている時間が長いよね。
キヨミチのフロローだと
「キリストは言われた」で、
お前だろー、と心の中でツッコミを入れちゃいそう。


ものすごく余談だけど。
わかる人は少ないだろうけど。
「一方その頃」とか、
みんなでナレーションとか、
明らかに1人数役とか、
随所でひげ太夫を思い出した。
幕間に友人達と「ひげだよね。ひげ」
と言い合っていたら
二幕には人の身体で表現する扉があったり、
熱した液状の胴が流れ落ちる表現が布バタバタで、
ますますひげ太夫だと思いました。
次のひげ公演、早く見たいな~。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「私立探偵ケイレブ・ハント... | トップ | Cafe&Bar キャラクロ feat. ... »

コメントを投稿

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。