きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「キング・オブ・エジプト」

2016年09月18日 | 映画
予告で予想した以上に面白かった!
ざっくり言うと黄金聖闘士の戦いと、
それに巻き込まれた人間のお話し。
神は完璧ではないけど、人間と共に歩んで行ける、ってことね。

冒険につぐ冒険も飽きさせないサクサクした話の運びだった。
これがエジプト史の始まり?
今は「神」が人間に統治権を預けている状態?
つまりは天孫降臨?

まー、しかし、神の父って、
どうしてどこもかしこも言葉足らずの依怙贔屓なんだろうね。
ちゃんと納得できる説明をすれば
子供が反乱したり、世界が滅びかけることもないと思うんだが。

神と人間の大きさが違うのがツボだった。
ヒロイン?役が日本人女優の誰かに似ている気がする。
蒼井優ちゃんあたり?
愛の女神もなんとなくアジアテイスト。
叶恭子様から兄貴度とゴージャスさを薄めたかんじ。
ジェフリー・ラッシュが
スキンヘッドに見えて後ろがロン毛三つ編みなのも良かったわ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ダリ展」@国立新美術館 | トップ | 「君の名は」 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。