きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「グランドホテル/カルーセル輪舞曲(ロンド)」(Cパターン)(宝塚月組)

2017年03月19日 | 宝塚(月組)


芝居の役替わりはCパターン。
ありラファエラの信念が、
真っ直ぐに強すぎて不気味の域まで到達していた。
これはこれでよし。
あーさエリックも
袋小路な世界に差し込む息子誕生報告になっていて良かった。
役替わり二人ともムラ前半で見た時より深みが増していた。

くらげフラムがいじらしいというか、なんというか。
自分はできる、と思っていたけど、できなかった。
閉塞感、抜け出したい、そんな気持ちに裏打ちされて、
もがいていたんだなあ。
台詞も歌も聴きやすい声だ。

エリザベッタが「死のボレロ」というのが
理屈ではわかっても違和感だったけど、
恋=死でもあり、恋によって死に至った男爵は、
袋小路のような、
あるいは吹き溜まりのような人生から、
脱出できたんだな、と、今日は実感した。
死に損ねた・生き残ってしまった旧世界の人が
ようやく新世界に行けたような?

フラムシェンの靴を脱がせるみつるが
超エロかったよ!!


ショー。
実は、今日の席は1階1列のSS席。
ショーの間はずっとドキドキでした。
銀橋にジェンヌが来た時はどうしていいかわからんね。
群舞後列は見えにくいかと思ったけど、
さすがSS席、前後が重なって見えることはあまりなく、
いたるところでスミスが良く見えたよ!
幸せでした!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「細雪」@明治座 | トップ | 「アサシンクリード」 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。