きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

六甲の夜景と姫路城など(1)

2015年05月23日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
今回のムラ遠征、土曜日の15時公演と、日曜日の11時公演は
かんぽ貸切のためにチケットの一般発売はありません。
それなら土曜日の夜と日曜日の午前は空くわけですね!
と、2つほど絡めて、いざ、西へ!

5月23日
JAL107で伊丹へ。
9時35分到着予定が15分ほど遅れる。
この時間なら10時過ぎ発のバスで安く楽に行けるぞ!
と思ったら、バスも工事渋滞で10分以上遅れてドキドキでした。
チケットを受け取り、くすのきに予約を入れ、劇場内へ。

大劇場ロビーラウンジの公演デザート「キャトールズジュイエ」400円

「カシス、ヴァニラのムース、ブルーキュラソーのシロップを重ねて
 フランス国旗をイメージしたデザートを作りました。」
こちらのデザートは駄洒落じゃないのね。
旗は注文後に立てるみたい。
3つの味が合わさって美味しいです。

かなりギリギリで着席。

幕間にお昼ご飯。
「くすのき」の「すみれ」

たまには和食もいいね。

終演後に、とりあえずジェラート屋の「ボヌール」へ。
すみれとチョコ。

ダブルで500円は高いと思ったけど
1スクープは大きめだった。
さすが関西。
スミレはさっぱり、チョコは濃厚。美味し!

続いては「100年の殿堂」をゆっくり見ます。
殿堂入りした100人のはこちら。
http://kageki.hankyu.co.jp/theater/takarazuka/so7q6r0000007fu3-att/fame.pdf
むかしのスターさん達が美しすぎて溜息。
一人目の雲井浪子さんから美人揃いでキラキラで眼福。
役者だけでなく、装置の人までが入っているのが素晴らしいですね。
「名前だけは知っている作品」にどのように関わったのがわかり
100年の重さを感じます。

階段を上がると「現在の宝塚」と企画展。
「現在の宝塚」は月組の「PUCK」の衣装展示など。
ハーミアの衣装は地味に見えるけど


レースが豪華!


クリタカの衣装デザインは任田先生。
一部のデザイン画が珍しくフルカラーで、耽美。





堪能したので三ノ宮に出ます。
駅のロッカーに荷物を入れ、いざケーブルカー乗り場へ!
その前に目に付いたセブンイレブンで
進撃の一番くじをひいたら・・・

A賞が当たってしまった。
これから山なのに・・・ 

バスに乗りケーブルカー駅へ。
かなり急角度を登ります。


ロープウェイに乗り換え、摩耶山の山頂へ。



まだ明るい。

ここでご飯を食べられれば最高だったんだけど
屋内カフェは満席でした。
仕方なく外をうろうろ。

暮れてきた。


19時半頃。

美しい!

ロープウェイは臨時便が出ていて、
ケーブルカー、バスとも上手くつながり三ノ宮駅へ。
山頂がものすごく寒かったので
「地の物」「できれば肉」なんて考えはふっとび
近くにあった「なか卯」でうどんをすする。
温かい食べ物を食べると幸せになるね。

満腹になり姫路。
ホテルにチェックインして就寝。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルメイステル版「エスメラ... | トップ | 六甲の夜景と姫路城など(2) »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。