きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

門司・下関(2)

2017年05月13日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
「関門トンネル人道」の下関側出口を出ると
そこは壇ノ浦です。
タッキーの大河ドラマの時に作られたらしい像。


長州藩の砲台もあります。



下関戦争の舞台となったところでもあります。

雨の予報だったけど晴天で暑い。
お腹が空いてきたけど、
ホテル近くは繁華街みたいだから
食べるところはあるかな。
とりあえずバスに乗り、ホテルに向かう。

*トンネル出口から下関駅行きのバスはバンバン出ています。

トンネル前の次のバス停が「壇ノ浦」だった。
あとでもう1回来るかな。
などと思いながら、目印のタワー前あたりで下車。

本日の宿は東横イン。
隣の洋菓子屋のケーキが
あまりにも美味しそうだったので衝動買い。
買ってから気が付く、
まだ14時、荷物は置けるけど
部屋には入れない。

仕方がないので、荷物だけ置いて
ケーキはその辺の公園の片隅でバクバク食べる。

とてもとても美味しかった。
怪しいおばさんになっちゃったけど気にしない!!

体力がちょっと復活。
食事ができそうなところがないか見渡しだけど、
ない。
仕方がないので唐戸市場に向かう。

唐戸でバスを下車。
周辺地図を見たら旧英国領事館があるみたい。
じゃじゃん!!



2階にはティールームがあったけど
紅茶は600円みたいだったけど
お腹が空いていたのでパス。
歩く。

唐戸市場着。




観光客向けに販売している寿司を食べる。



わかりづらいけど、ふぐも鱧もあったよ。
ヒラソが美味しかった。

下関で魚を食べる、という目的達成。
じゃ、ということで。
とりあえず市場向かいの亀山神社へ。





ここにも砲台跡があったよ。
見晴らしがいいもんね。

ちょいと歩き、日清講和記念館へ。





講和会議が行われた「春帆楼」に隣接。
伊藤&陸奥の胸像もあります。


続いてほぼお隣の赤間神社へ。





安徳天皇をお祀りしています。

平家塚。

ちょっと怖かった。
すぐ横に「耳なし芳一堂」があるし。



神社前の駐車場のオブジェ。


さらに歩き、
気になっていた古戦場址を見る。

これ自体は最近できたんだけどね。
ここが平家滅亡の地か、
と、しばし感慨にふける。
我が家は源氏系らしいんですが。

バスに乗り、いちど駅に戻ります。
駅周辺のマンホールはふぐ。


四境戦争にあたり高杉晋作が戦勝祈願をした厳島神社。




小倉藩に勝った長州軍が持ち帰った太鼓が
奉納されています。


近くには高杉晋作療養の地の碑や


終焉の碑があります。


駅に戻る途中の白石正一郎邸跡。

奇兵隊結成の地です。

駅に戻り、
ホテル方面に歩く途中の大歳神社。



源義経が必勝祈願をし、
奇兵隊旗揚げの地でもあります。

高杉晋作巡り、ラストは日和山公園。
また階段だ!


その先にも階段だ!!!


辛かった・・・。
晋作を拝む。


下関を見下ろしているんだね。


ホテルに戻り、一休み。
できればシャワーを浴びたい。
なんなら、ライブに行かず
下関はこれで終了でもいい。
なんてことを思いましたが
頑張ってライブ会場へ。
ホテルの裏手ぐらいの雑居ビル3階。






ライブはほぼ定刻に始まったかな。
21時15分ぐらいに終了。
近場のラーメン屋で夕食。

健康のためと思いきくらげを追加トッピングしたら
大量に乗ってて驚いたよ。
あっさりめの豚骨で、麺も柔らかめ。

ゆめタワーがライトアップされていて綺麗。


頑張った1日でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 門司・下関(1) | トップ | 「長崎しぐれ坂/カルーセル... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。