奈良!奈良!奈良! ときどき京都

平成28年に奈良大学通信文化財歴史学科に入学。日記的にOLD大学生の生活を記録しようと思っています。

文化財学演習 Ⅱ スクーリング

2016-12-28 03:19:13 | スクーリング

 文化財学演習 Ⅱ のスクーリングは、演習 Ⅰ の続きということではなく、 Ⅱ から始めて Ⅰ を受けても支障ないものです。

 初日は、総論の講義でした。考古学の年代推定法の説明、縄文・弥生の歴年代や時代区分では2003年以降の年代区分が正しいとされていること、土器編年表が日本ではできあがっていることなど。また、縄文時代の生活を題材に、縄文人の主食、木の実の川でのあく抜き共同作業など、この1~2年の研究成果を含めての説明。稲作の開始時期の研究については、生物学をまきこんで疑いに疑ってアプローチをしている経過の紹介。そして、卒論の書き方の説明。

 その後、3日目のポスター発表(研究発表)に向け、班に分かれ自己紹介。総勢約60名、3班編成で、1班は20名くらい。多士済々。発表内容は卒論に直結していなくてもよいし、経過でもよいとのこと。

 どうやら発表に向け、1日目、2日目に図書館で遅くまで籠り、帰りにタクシーを呼べども来ず、高の原駅まで歩いた方も一人ならずおられたようで、街中とはいえ、暗く、寒い中、頭が下がります。

 2日目は、須恵器を用いた観察と記録作業実習。絵心皆無の私。縦横比率を書き落とすことも大の苦手ではありますが、須恵器を触り触り完成。そういえば、そもそも土器を手に持ちたい、仏像に触りたいというのが奈良大入学の最大の動機だったわけで、今その一部が実現したことになります。なんという至福。

 3日目は、ポスター作成と発表。各人、質問に対しやりとりすることになります。私は、地元の弥生集落についてまとめていたのですが、最初は、問いに来る方に対して、調べた資料にもとづいてわかる範囲で説明していたのですが、地元のことではあり、段々、地元の国分寺に清少納言の父君が赴任していただの、龍馬が泊まった旅籠の位置がここで、ここら辺を歩いたはずなんだけどとか、脱線お笑い路線に向いて行き、笑ってはいただいておりましたが、どうだったのでしょうか。参加者のポスターを見て回って、おのおののこだわりが、それぞれ面白く、感心もし、知らない分野の勉強になる時間でした。

演習時の写真は撮りませんでした。

奈良歩きの雰囲気など

 演習でご一緒したみなさん、ありがとうございました。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久々の奈良入り | トップ | 奈良文化論スクーリング »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スクーリング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。