日記~日々の記憶~

毎日の起きることをかいていこうかなと....
面白いことが毎日起きるといいな・・・.

何者(ネタバレ注意)

2016年10月16日 22時23分26秒 | Weblog
昨日何者を見てきた。
就活の話ということで、みたいみたいと思っていた話だ。
行く前に映画評判を見ると星2。
すごい期待していただけにちょっとショック。

でも、世界から猫が消えたならと同じ俳優が主人公の映画なので楽しみだった。

結果から言うと、面白かった。
自分も就活のときすごい苦労して、
あれこれ考えながらやったので、(みんなそうだと思うけど・・。)
みてて、
あーこれこれ。
きついよねーって思った。
そのきつい中での対策室。
俺なら絶対、他の人が受かり始めたら喜べない。
だから、主人公に自分が重なった。
多分、自分もこんな感じ。
みんなの話を聞いていながら、
覚めた目でみてる自分がかならずいる。

すごい大変なんだよねーって言われても、
まぁ頑張れとしか思えないし、
結局自分ごとにはならない。

フェイスブックとかにいちいち上げてる人もいるけど、
ほんと、そこまでアピる必要ある?みたいに思うときもある。
逆に、こまめに上げることで親近感を覚えるメリットもあるとおもうけど。

馬鹿だなって思っても、けして口には出さず、いいね。やろやろっていう。

きっとこの覚めた感じが自分が伸びない理由なんだろう。

ほんと別の自分にしたい気分もわかる。
結局自己満なのに。

これもそうだけど、自分に自信または自身があるのなら
こんなことしなくてもやっていける。
こうでもしないとやってられないもんって言ってた女の子のセリフが刺さった。

そんなこんなですごく自分に重ねることができたので、
楽しかった。
そんな主人公が最後やっと自分が何者であることを認め、受け入れ、
一歩進んだので、いつか自分にもそんな時が来るといいと思う。

嫌な自分を隠すんではなくて、
出していく。
または自然体でいる。
そんな日が来るといいなってこれを見て思った。


ただ、この映画はきっと同じ感じの人でないと入り込めなくて、
つまんないんだとおもう。
けっきょくほかのひとどうなったのっておもったりもしたし。
まあ自分は面白かったし、就活で苦労して、他の人が受かったときに妬んだことがあるひとなら
楽しいと思う。それ以外には多分おすすめしない。

本も読んでみたいなと思った。

何者:予告
https://www.youtube.com/watch?v=Ti0TMOtvUYI

おわり
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聲の形をみてきた!(ネタバ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL