TAKEUCHI's PHOTO BLOG

写真があるから今が楽しく、旅で出会った折々の風景を掲載しています。

実る野菜

2017年05月28日 | 瑞穂

梅雨入り前の好天に恵まれ、夏野菜などが順調に生育してきた。

今日は、玉ねぎを収穫した。
近くの畑では、ネギの種子、三つ葉の種などが収穫期を迎えていた。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一面に色づく麦秋

2017年05月27日 | 瑞穂

初夏の風物詩・小麦畑がすっかり色づき、収穫期を迎えている。

西美濃・海津地方には、約1000haの小麦畑が養老山脈を背景に広がり、

金波銀波の小麦色が青空に映え、初夏の訪れを告げていた。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名もなき池(通称:モネの池)

2017年05月24日 | 山岳・渓谷

関市・洞戸の板取川を訪れた。高賀山(1224m)の山麓には高賀渓谷など、板取川エリアは清水に恵まれ、

この「通称;モネの池」も透明度が高いことから一躍有名になり、多くの観光客が訪れていた。

板取地区は、紫陽花、岩躑躅、巨樹株杉の森や川浦(かおれ)渓谷、滝など撮影ポイントに恵まれている。

駐車場には、大阪や高知県観光バス、袖ヶ浦(千葉)NOの車があり驚いた。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

曼陀羅寺の藤

2017年05月09日 | 

GWに曼陀羅寺を久しぶりに訪れた。14世紀頃、後醍醐天皇が建立した名刹・曼陀羅寺は藤の名所で、

樹齢250年~400年の紫、紅、白と様ざまな色の藤が多く、九尺藤、六尺藤なども咲き誇っていた。

GWと重なり、境内の香りを楽しむ観光客で夜間も賑わっていた。













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

樹齢300年の息づかい

2017年04月27日 | 

西美濃・竹鼻別院の藤が見ごろを迎えている。

樹齢300年、枝振り30mの県指定天然記念物の巨樹で、薄紫色の花穂が天蓋からしなだれ、

境内は淡い香りに包まれていた。

夜間はライトアップされる(有料)。GWには竹鼻祭りが開催され山車を曳行し一大絵巻が繰り広がる。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

穀雨に咲く

2017年04月26日 | 

今年の桜シーズンも過ぎ去り、里山の樹々も芽吹き始め、街路沿いのハナミズキ、

庭先のツツジや藤、田んぼのレンゲなど穀雨に恵まれ、百花繚乱の時期となった。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉野山 可憐な山桜が一目千本

2017年04月17日 | さくら

今年も吉野山を散策してきた。

吉野山の桜は、1300年も前から「ご神木」として崇められ、手厚く保護されてきた。

儚げで可憐な山桜が、谷から尾根へと山全体を埋め尽くす景観が素晴らしい。

この日は、ややタイミングがずれたが、中千本付近を散策し、山桜を十分堪能できました。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

根尾谷の春

2017年04月15日 | さくら

国指定天然記念物・根尾谷の薄墨桜を久しぶりに訪れた。

満開4日目になるが、1500余年の老樹ながら、見事な晴れ姿に出会うことができました。

彼岸桜の一種であるが、幾多の根接術を経て、作家の宇野千代の命名と言われる。

現在は樹高17.5m、枝張り24m、幹回り9mの堂々たる巨樹である。

大判カメラとデジタルで、この雄姿を撮影し、堪能してきました。

■ 薄墨ざくら 風たてば 白涌き出ずる  (林火)










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八重紅枝垂れ桜が見ごろ

2017年04月11日 | さくら
border="0">
名古屋の東谷山フルーツパークを訪れた。

園内は八重枝垂れがメインで、目前まで垂れ下がって咲くさまは見事で、
多くの観光客で賑わっていた。

果樹園では、桃、梨の花なども咲き誇っていた。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花 嵐

2017年04月09日 | さくら


西美濃のソメイヨシノはほぼ満開になった。

今日は、ようやく雨が止んだら強風が吹き抜け、桜並木は花嵐となり、川面を白く染めていた。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加