新甲州人が探訪する山梨の魅力再発見!

東京から移住して”新甲州人”になった元観光のプロが探訪する”山梨の魅力再発見!”
旅人目線の特選記事を抜粋して発信!

甲斐・一宮浅間神社の初詣は初日の出とともに!2017-01-01

2017-01-03 | 甲斐国山梨の初詣

甲斐・笛吹市の一宮浅間神社の賑あう初詣と楽しみ処~2017元旦!

一宮(いちみや)と言う人もいるが、歴史的由緒では甲斐国の一宮(いちのみや)と呼ぶ!

今号は甲州・重川サイクリングコースで初詣に行った一宮浅間神社と楽しみ処を紹介します。

甲斐国一宮浅間神社への往路、塩山重川サイクリングロードで元旦初日の出を仰ぐ!

富士山の”ご来光”は別格だが、甲府盆地の東端に安堵する新甲州人お気に入りの居住地

好きな風景の一つ・・・、甲府盆地では往古より京の都に学んで・・・”東山”と呼ぶ、

東の山峰から’日の出”が昇る!注)素人写真ですが、自然体で迎えた元旦の日の出です!

”東山”は恩若峰(982.6m)から牛奥を経て鬢櫛川(びんぐしがわ)を結ぶ筋と甲斐

大和の源治郎山(1476.6m)、大滝山(1368m)、棚横手山(1306m)、

、通称甲州高尾山(ピークは1160m)と呼ばれる宮宕山(剣ケ峰)1091.9m、

柏尾山(739m)と柏尾山大善寺を結ぶ山筋が甲斐国東端の二重の要衝として、

古代より甲斐国東端の要衝」して数々の歴史を言い伝えている荘厳な山筋である。

注)この東山に、密かに古代山岳信仰の歴史を伝えるまさに荘厳な”大滝不動尊”もある。


浅間神社一の鳥居~参道から望む冠雪の南アルプス、甲斐国象徴の大パノラマ!

 

鎮守の森の中に遷座された一宮浅間神社は、壮大なパノラマ風景が広がる処・・・! 

右端に映る尾根は石和の大蔵経寺山々麓、その向こうに薄雪の甲斐駒ケ岳、その左に

南アルプス鳳凰三山(地蔵ケ岳、薬師岳、観音岳)、その奥に冠雪の白根三山

(北岳、間ノ岳、農鳥岳)が連なる。左端奥に冠雪の荒川三山や赤石が広がり奥深い。


一宮浅間神社 一ノ鳥居(第一宮の扁額がかかる) 二ノ鳥居と随身門


平成29年 丁酉(ひのととり) 浅間神社の初詣のしおりにより・・・

浅間神社の由緒と神さま  

浅間神社は富士山の噴火を鎮めるため、山宮神社(やまみやじんじゃ)より、木花開耶姫命

(このはなさくやひめのみこと)をお迎えし、建てられた神社です。

木花開耶姫命は桜の花が咲いているようにたいへん美しく、別命を桜大刀自命

(さくらおおとじのみこと)と言われ、その心にも美徳を持った神様です。

古来より、山火鎮護、農業、酒造の守護神、婚姻、子授け、安産に御神徳があり、

近年では、会社事業の繁栄、縁結び、恋愛の成就にも御利益のある神様と崇敬され

ています。・・・とある通り、筆者もお気に入りの神社の一つです。


筆者の初詣はどの神様にも「健康第一家内安全」と「笑門来福」の誓願をしています。

お陰様で、日頃より健康管理に注意して、つつがなく過ごせているものと思いますが、

お礼参りも兼ねています。健康管理の一貫で、夫婦ともにまだ元気だけはあることで

、東京から移住する時、馴染みの自転車屋さんに進められ、山梨は、上り下りの多い

(平坦な道が少ない)ところなので軽快な自転車に買い換えて来たのが正解でした!

日常交通手段として、軽スポーツ車(タウンスポーツ車)で快適に往来をしています。

もっぱら散輪(さんりん)と称して、散歩方々、健康サイクリングを楽しんでいます。

最近は、甲府盆地の範囲内は(塩山~富士川町、甲府、石和辺りは地図なしで走れる

ようになり)、殆ど自転車サイクリングで往来しています。

運動になるし、いつまで乗れるか?・・・チャレンジです!早や高齢00才ですから。

初詣も、もちろん運動を兼ねて自転車サイクリングで行って来ました。

注)甲州市塩山から重川に沿ってサイクリングロードが通じている。

山梨鴨居寺橋を渡り~田草川橋~山梨市中村~上栗原交差点~矢作橋~相興交差点~

浅間神社~国道20号線沿い(歩道が広く歩行者がいないので走りやすい)を下り、

鷺堂の里の駅いちのみや~一宮町竹原田は満願寺橫を通る下り道があって走りやすい。

坪井橋~坪井工業団地に「目的の桔梗屋本社工場」がある。

そこから帰路は、様々なアレンジで、車も人もいないのどかな里道を走るのが楽しい!

※ぶらぶら散輪の場合は、時間を気にせず走ります。

敬老タイムでは、下り1時間の場合、上り1時間20分を見て走ると楽々です。

石和へ買い物に行く場合も、笛吹市石和の市役所前迄のサイクリングロードは快適です。

注)首都圏と違って殆ど自転車に出会うことはありません。たまに自転車と会うことが

ありますが、マナー(交通ルール)が徹底されていないので、かえって要注意・・・!


 初詣参拝の行列は、午前10時頃から昼頃には二ノ鳥居を越える!

 

浅間神社 拝殿(市文化財)      行列の参詣者

現拝殿は、江戸時代、寛文12年(1672年)造営。

桁行7間、梁間3間の一重入母屋造、破風向拝付で銅版葺・・・と解説がある。


一宮浅間神社は、「延喜式神名帳」で名神大社に列格する「甲斐国八代郡浅間神社」

の論社の一社であるとされる。

社伝では、垂仁天皇8年(BC22年)正月に神山の麓(現摂社山宮神社)創建され、

貞観7年(865年)旧暦12月9日に現在地に遷座したと云う。

平安時代末期より甲斐国一宮とされたとしている。

神道では、神に日本酒を「御神酒」として奉納するが、一宮浅間神社では、戦後、

昭和40年(1965年)から山梨県で産出されたワインを御神酒として奉納されている。

浅間神社は近隣のワイナリー等の隆盛によって支えられて、社が良く整備されている。


塩山~重川サイクリングロード~鴨居寺橋~浅間神社初詣の後は・・・、

里の駅いちのみや」笛吹市一宮町東原 鷺堂交差点側へ

「里の駅いちみや」

注)殆どの山梨県特産品のお土産が調達できる道の駅ならぬ「里の駅いちのみや」

お正月イベントでは来店客へ信玄餅の「おしるこ」無料サービスを馳走になった。

シーズン通常は、この広い駐車場もほぼ満車状態になる人気店です。

詳しくは・・・、http://www.satonoeki.com/


桔梗信玄餅の桔梗屋本社工場

桔梗屋本社工場の正月イベントは大人気!

筆者もお気に入りの一つのお店です。

桔梗屋の本社工場は、いつも観光バスやマイカー観光客で賑わっています!

特に、桔梗屋信玄餅製造ラインの見学など工場行程とは云え、信玄餅は包装も

手際よく「人の手」によってなされている様子は感動ものです。

筆者は桔梗屋黒密ときな粉を買って、つきたて餅を調達、信玄餅風の美味しい

甘味茶菓子を楽しんでいます。2/1ショップのアウトレット商品も楽しい!

詳しくは、http://www.kikyouya.co.jp/enjoy/more4/


 

『山梨県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山梨・牧丘に何故「足利尊氏... | トップ | 山梨市牧丘・城古寺に建つ二... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。