yahooショッピング厳選30

yahooショッピングで見つけた厳選30商品を毎日紹介します。

政府の私利私欲

2016-09-18 17:30:02 | 日記
政府の私利私欲

下がり続ける収入…
上がり続ける医療費…

それと同時に実は深刻な問題が浮上しています。

それは収入が下がり続けているのに
医療費は増え続けている社会現象です。

2014年度の平均年収は420万円で平成10年を境に
下がり続けています。

日本のシンボル的なイメージでもあった
中流家庭は崩壊して貧困化が進んでいます。

その一方で不景気と言われながらも大企業の利益は
右肩上がりというデータも出ています。

そんな状況の中で逆に医療費は膨れ上がって
います。

2013年度の調べでは一人当たりの年間医療費は
30万円というデータが厚生省から発表されています。

それと比例して日本の年間医療費は39.3兆円となり
これは国家予算の3分の1に相当します。

アメリカでは医療費が国家予算の52%という
統計も算出されています。

金持ちだけが優遇される
残酷な格差社会に突入…

この状況を引き起こしているのは先ほどの
100年前からの医療システムの刷り込みが
最大の原因であると考えます。

そのために使用する医療費が高額になって
しまうのは単純に、

1. 病気になったら病院に行く
2. 病気になるまで待つ

という常識や習慣が定着しているからだと
思っています。

ではこの歯がゆい状況をどうやって
打破して行けば良いか?

ということになります。

お金が無いと病院にも行けない…

こんな時代が近づいていると思います。

お金がある人は現在のシステムのままでも
素晴らしい治療を受けることが出来ます。

なので裕福な人間が優先的に死を遠ざける
ことが可能になるのです。

実際に多額の現金を病院に支払うことで
一流ホテルのような待遇で治療を
受けることが可能です。

有名ハリウッド女優の小雪さんも韓国の
ホテル病院でセレブ待遇で出産したそうです。

私の知り合いの廣田さんという人物は
年間2000万円という法外な現金を病院に
納めて優先的に最新の治療を受けれる体制を
作っているそうです。

こういう話をすると、

早死にする貧乏人…

という絶望感が湧き出てきそうですが
安心してください。

高額な治療費を病院に支払わなくても
自宅で病気を治す方法は存在します。

逆に言えば「病気は病院で治すもの」という
概念自体にそもそも違和感があります。

私は幼少期から医学の勉強をしてきて
「ほとんどの病気は自力で治せる」
ということを知りました。

病院で手術を受けるという選択肢しか
ない状況はいわゆる手遅れ状態です。

長期間、身体からのメッセージを無視して
放置し続けたせいで発生する末期症状です。

その場合は病院に高額な治療費を
支払う必要もあるかもしれません。

お金をかけず、健康で居続けたいのであれば、

早めに治せばスムーズに完治

という事実を意識しておいて下さい。

ほんの少しだけ意識を変えるだけで
病気とは無縁な生活を手に入れる事が
意外と簡単に可能になります。

そして、これからの主流は予防医学です。

権威と利権にまみれた横暴な医療ビジネスは
間もなく終わりを告げます。

これからは予防医学そのものが発達してくるので
病院に行くこと自体が不要になってくるのです。

これまでのように症状が起こってから対処する、
のではなく、そうなる前に未然に病気を防ぐ、
という考え方です。

なので常に良好な健康状態を保てるのです。

健康が最大の資産…
お金はその次…

「まぁ、予防が大事なのは分かりますが
 今は健康なのであまり必要性を感じません…」

と考えていると、後のち悲惨な状況に
陥ってしまうかもしれません。

日本国内でも上流階級の人たちは既に、

病気になる前に予防する

という利口な選択をしています。

これまで長期に渡って病院や製薬会社や大企業や
政府の私利私欲に振り回されて来たのですから
一刻も早くこの恐怖の無限ループから脱出する事が
とても重要だと私は考えています。

金持ちの間で密かに流行しているこの予防医学は
寿命を延ばすだけでなく、真に健康な身体を
生涯に渡り維持することが可能です。

つまり、

『金と命のどちらを優先するか?』

という究極の選択において、賢い富豪たちは
「命」を選んでいるのです。

なぜなら、いくらお金を持っていたとしても、
病気でベッドに寝ていたら無意味だからです。

ただし、予防治療のサービスは高級な会員制で
一般人にはハードルが高く設定されています。

お金で命を買っているようなものです。

上流階級の人たちにはお金も人脈も知恵もあります。

なので医学の勉強をしなくても予防医学の
高級サービスを受けることが出来るのです。

では一般人である私たちはどうすれば
良いのでしょうか?

政府の私利私欲
↓↓↓
http://mof9.com/25.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 43カ国の言語をマスターする方法 | トップ | 成功をグイグイ引き寄せる »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。