エヌのブログ - 永田町激動記 & 東日本大震災記録

2011.8.30新首相誕生に伴い、≪エヌのブログ - 東日本大震災記録≫を、( ↑上記↑ )に改題

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【小沢被告第2回公判(8)】 「小沢さんは水谷嫌い」 隠し録音で石川議員が発言

2011-10-14 20:18:05 | 小沢一郎
【小沢被告第2回公判(8)】
「小沢さんは水谷嫌い」隠し録音で石川議員が発言 小沢被告は「?」

MSN産経ニュース 2011.10.14 17:23

  (1/4ページ)

(15:05~15:30)

《資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる虚偽記載事件で、政治資金規正法違反罪で強制起訴された民主党元代表、小沢一郎被告(69)の第2回公判。30分間の休廷をはさみ、再開された。いよいよ取り調べの録音データの再生が始まる》

《小沢被告はいつもと同じように、傍聴席から向かって左側の扉から入廷。大善文男裁判長に向かって一礼して、弁護側の席に腰を下ろした》

《法廷では、検察官役の指定弁護士側が証拠請求した元秘書の石川知裕衆院議員(1審有罪、控訴中)が東京地検の任意の取り調べを「隠し録音」した音声の再生が始まった》

《昨年5月17日の○○検事(法廷では実名)の取り調べを石川議員が録音した内容のうち、まずは2分30秒から14分10秒にあたる部分の音声が再生された》

《静まりかえる法廷内。何かに隠したまま録音したせいか、法廷内には「ガサガサ」という音が響き渡る》

○○検事「よいしょ。どうですか、その後…」

石川議員「ああ、あのいろんなことがありました」

《裁判所側が、操作を間違えて再生機のボリュームを下げてしまい、突然音声が聞き取りにくくなる》

  (2/4ページ)

○○検事「…」

《再びボリュームを上げ、石川議員の話が始まる。隠し撮りのせいか、音声は聞き取りづらい》

《音声のなかで、石川議員は「もし最高裁まで争うようなことになれば、衆議院選挙に間に合わない」などと主張する》

石川議員「判決が出て、あのー、失職の可能性が高いですよね。5年でやると2回出れない」

○○検事「あれ、執行猶予期間?」

石川議員「だからそれを3年になるような努力をしないとねって」

《任期4年の衆院選の話をしているのだろう》

○○検事「情状面だからね~。うん」

石川議員「言うべきところは言って、あとは裁判官の判断に任せますよ」

《石川議員の口調は明るいように聞こえる。また、取り調べとはいえ、重々しい雰囲気ではない。2人はときおり、笑いを交えながら、話を進めていく》

石川議員「ざっくばらんな話、無罪になる訳じゃないですよね」

○○検事「補足すべき点は補足して」

石川議員「でも、自分の名誉として、びっくりしましたよ。水谷建設の件は…」

《その後、2人は、石川議員に5千万円の裏金を渡したとされる水谷建設の関係者らについての会話を行っているようだが、音がこもり、やりとりがよく聞き取れない》

○○検事「目撃者がいるから」

  (3/4ページ)

石川議員「許せないのは、水谷の××(法廷では実名)」

《突然、机をたたくような音が聞こえる。石川議員の声がよりいっそう大きくなる》

○○検事「■■(同)は石川さんを接待したと言っていたが、××さんは石川さんはいなかったと言っている」

《その後、○○検事の声が流れるが、その内容までは聞き取れない》

石川議員「小沢さんが1億もらうかなあ」

《また検事の声。だが、聞き取れず…》

石川議員「小沢さんは水谷(建設)が嫌いですからね」

○○検事「当時からその危機感があったのかな」

《「水谷嫌い」発言に、音声を聞いていた小沢被告は、首をかしげるようなしぐさを見せた》

《音声では、石川議員と○○検事が、別の建設会社からの現金のやりとりについて話をしている。複数の建設会社の名前と金額が漏れ聞こえるが、音がこもって詳細は分からない》

石川議員「なんで5千万円もらってるって、執拗に言っているのか分からない。私からすると固められているのかなって。印象の薄い顔だったので。だいたい5千万円もの受け渡しを、『石川、おれがいけなくなったから、お前行け』なんて、言いますかね」

○○検事「検察の証拠としては、全体としては否認するから、(関係者の)証人尋問もすると思うんだよ」

  (4/4ページ)

《続いて、録音データのうち、3時間30分から3時間36分にあたる部分のやりとりが再生される》

《沈黙の後、○○検事が供述調書らしきものを読み上げる。平成16年の政治資金収支報告書についての石川議員の発言内容の確認をしているようだ》

○○検事「うんうん。でも、そこは具体的な話してないから、あのー、12月だろうが3月だろうが変わんねーからさ。また変わると、なんでじゃあ変わったのってなっちゃうからさー。めんどくせーからさ。うん」

石川議員「…分かりました。なんか忸怩(じくじ)たる思いが…まあまあ仕方ないです」

《供述調書の内容の変更を迫る石川議員に対し、○○検事が発言内容を変えないよう説得しているように思える》

《さらに、3時間57分37秒からの音声の再生された。虚偽記載の動機について話をしているのだろうか。聞き取れない部分が多いが、次のような内容だ》

○○検事「本人分からないから表に出せないのかなと思う?」

石川議員「…」

○○検事「自分で言うのもなんだけど、うまい表現だと思っているよ」

石川議員「私自身はどういう疑問も持ってないです」

○○検事「こんな漠然とした理由で金を隠すかって。簿外の金で隠す必要もない金かもしれないじゃない」

石川議員「これも水掛け論になっちゃんうんですよね」

《沈黙の後、検事が再び調書のようなものの読み上げを始める》


  【小沢被告第2回公判(1)】 「体調はどうですか」「大丈夫です…」 やつれた顔の小沢被告
  【小沢被告第2回公判(2)】 “原則論”を覆す異例の契約変更、不動産担当者「困ったな…」
  【小沢被告第2回公判(3)】 「が…、学歴ですか」 意表つく質問に証人たじたじ “無罪請負人”の狙いは?
  【小沢被告第2回公判(4)】 司法書士は「お人好しのおじいちゃん」 登記手続きめぐり「分からない」連発
  【小沢被告第2回公判(5)】 弁護側「異議あり!」連発 4億円融資めぐり法廷紛糾
  【小沢被告第2回公判(6)】 衆院内銀行の“スタンス”「立ち入った話は聞かない」 4億円融資で
  【小沢被告第2回公判(7)】 裁判所の召喚状に気づかず放置…「電話ぐらいできる」と弁護側が激怒 小沢被告はリラックス
  【小沢被告第2回公判(8)】 「小沢さんは水谷嫌い」隠し録音で石川議員が発言 小沢被告は「?」
  
【小沢被告第2回公判(9)完】 検事と2人で「はははっ」、机を突然「ドン」 石川議員に不利な録音も





『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【小沢被告第2回公判(7)... | トップ | 【小沢被告第2回公判(9)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小沢一郎」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。