鮮やかな記憶

日々前向きに頑張っていく

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2009/07/03

2009-07-10 22:37:20 | 日記
この頃の私は漫画ばかり読んでいます。何年間ぶりです。懐かしいです。

中学時期の夏休み、クラスメートの劉さんに五十冊の漫画を借りてもらいました。せっかくの夏休みなのに「暑期輔導」に参加しなければなりませんでした。どんなに嫌でも学校へ行きました。それから、かばんに五十冊の漫画を入れるために教科書は教室に置いたままでした。早く漫画を手に入れて、早退しました。先生にも家族にも嘘をつきました。遅すぎても申し訳ございませんでした。

とりあえず漫画は魅力があります。一番大切な要因は創造されて書かれた人物です。次は内容です。漫画でどのような不思議で度外れのことも可能にします。今読んでいるのはブリーチという漫画です。漫画家は久保帯人です。テレビにも放送されているが、遅いです。また、夜の十一時から一時間です。翌朝は早番の私にとって、大変です。ですから、本を読むことにしました。時間も自由に手配されます。

別に夢中になったとは言えませんが、漫画は部分の人に対して、生活の一部だろうと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2009/04/20-04/23日本沖縄(一)

2009-05-01 16:41:42 | 日記
ただ今!!沖縄から無事に帰ってきました。三泊四日の沖縄旅行はすごく楽しかったですよ。いっぱい歩いても平気です。

メンバー:私と従姉
フライト:CI120(4/20 TPE TO OKA)/CI123(4/23 OKA TO TPE)
宿泊:ホテルラッソ国際通り
総額:24000元
スケジュール:
4/20≫台湾桃園国際空港→那覇空港→ホテル(荷物を預ける)→おきなわワールド文化王国・玉泉洞→国際通り散策→ホテル(チェックイン)
4/21≫首里城→北谷町美浜アメリカンビレッジ→ホテル
4/22≫那覇観光バスCコース(美ら海水族館西海岸コース:那覇バスターミナル→琉球村→万座毛→御菓子御殿<恩納店>→美ら海水族館→OKINAWAフルーツらんど→那覇バスターミナル)
4/23≫ホテル(チェックアウトして、荷物を預ける)→波の上宮→国際通り、平和通り、壺屋やちむん通り散策してショッピングする→那覇空港→台湾桃園国際空港

乗ったCI120の飛行機は予想より小さくて狭かったです。搭乗したお客さんも少ないので、空いてるお席がまだいっぱいです。二十日の桃園は雨の日でした。風が少し強かったです。台湾から沖縄への飛行時間は約一時間三十分で、長距離フライトではありませんが、簡単な機内食を提供することがあります。本当に簡単な機内食(サンドイッチ)でした。着陸時間は予定より少し遅くなりました。那覇空港国際ターミナルは隣の国内ターミナルと比べ、ミニサイズになりました。国際ターミナルを出て、首里方面へ行くゆいレールに乗り換えました。(一日券を買った)車内には人が大勢で、手荷物を持ってる人も多かったです。ほとんど飛行場から出たお客さんでした。

やったぁ~やっと来ましたよ!!沖縄!!雨の日ではなく、ラッキー!!運転中に車内から見た景色はほとんど住宅でしたが、車窓の景色を眺めて楽しんでいます。美橋駅を出て、五分ぐらいを歩いて、すぐホテルが見えます。やっぱり入れませんでした。まだチェックインの時間ではありませんでしたから。それは予想以内のことでした。荷物を預けてから、バスに乗って目的地の玉泉洞へ移動しました。バス賃が大変高いです。びっくりしました。バスの中で私と従姉以外、もう一人のお客さんがいます。横浜から一人旅行をするおばあさんです。バスを降りてから、「どこからきましたか。」といいました。「台湾からです。」と答えました。少し話してから、入場券を買いました。

鍾乳洞が広いです。それから、こんなに巨大な鍾乳石を見たことも初めてです。素晴らしいです!!自然の芸術です。鍾乳洞には写真をとった人がほとんどいないので、写真を撮ることができるかどうかはわかりません。でも、わざわざここに来ました。写真を撮りたいです。ただ一枚もかまいませんよ。結局、撮りました。昼食は園内にあるレストランで沖縄そばを食べました。豚肉はすごくやわらかくて、スープは鰹節の味です。全体的に言えば、食感がよくて、さっぱり料理です。口に合いますよ!!沖縄しかない味わいです。またいつかそんなに美味しい料理を食べられますでしょうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

決めた

2009-03-26 20:13:26 | 日記
決めました。突然ですが、韓国のソウルへ行きます。ソウルまでの航空券は安いし、それに桜の季節です。お花見はちょうどいいです。満開の桜と降る桜の雨が見えるかな?桜って、私は知りたいことがあります。どうして日本人は桜に対して特別な感情を持っていますか。桜をテーマにする曲も多いようです。コブクロの桜、ケツメイシのさくら、いきものがかりのSAKURA、河口恭吾の桜などです。なぜでしょうかね。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

予約した

2009-03-12 17:54:27 | 日記
宿泊の予約をしました!!三泊四日です。帰国するまでに、同じホテルを泊ります。国際通り、ゆいレール駅にも近いし便利です。ゆいレールに乗って、空港まで約十五分ぐらいです。大変近いです。もし安い航空券が買えたら完璧です。早くきれいな海を見に行きたいです。おいしい沖縄料理を食べに行きたいです。楽しみで~す!!

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2009/02/12

2009-02-13 16:44:46 | 日記

嬉しいことがありましたよ。

竹南支店の社員は見学しに来ました。短い三日だが、忘れない印象に残っています。フロントを見学した人は二人がいます。夜勤する男性社員と早番、遅番をするショウさんです。ショウさんはその仕事をする前に、スチュワーデスをしていました。結婚してから、子供のためにスチュワーデスの仕事を辞めました。偉いママです。スチュワーデスの給料が高いのに、家族のほうが何よりも大切です。暇のうちに、少し話しました。話から彼女は素敵で優しい人を分かりました。

もともと知らない人に出会いました。そして、知人になりました。それはご縁ですね。私はずっと縁というものを信じています。昔も今もこれからもです。ご縁だからこそ、友達になれますよ。ご縁だからこそ、家族になれますよ。縁は異なものですね。 それから、アーノルドさんに褒められました。ハッピーハッピー!!

明日も嬉しくて良いことがありますように。

―     ―     ―     ―     ―

添削後

嬉しいことがありましたよ。

竹南支店の同僚が見学しに来ました。三日間でしたが、印象に残ったことがあります私のいるフロントに二人の方が見学に来ました。夜勤する男性社員と早番、遅番をするショウさんです。ショウさんはその仕事をする前に、スチュワーデスをしていました。結婚してから、子供のためにスチュワーデスの仕事を辞めました。スチュワーデスの給料のほうがよいのに、家族のことを優先して退職された方です。すごく感銘を受けました。手の空いた時間に話をしました。会話から彼女は素敵で優しい人なのだと感じました。

知らない人出会いそして友達になる。それはご縁ですね。私はずっと縁というものを信じています。昔も今もこれからもです。縁があるから友達になれます。縁があるから家族になれます。縁は異なものですね。それから、アーノルドさんに褒められました。ハッピーハッピー!!

明日も嬉しくて良いことがありますように。

~誠さんに添削してもらいました。ありがとうございました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2009/01/11

2009-01-17 20:47:00 | 日記

お客さんの宿泊料をチェックしようと思うとき、吉田さんと小名さんと一緒にフロントに来ました。

「膝まだ痛いですか。」

 「昨日よりそんなに痛くないです。」と答えました。

「薬もちゃんと飲みましたね。」

 「はい。」

 リリリ~ン 電話が鳴いています。受話器を取って「フロントでございます。」と。

「~号室のお客さんは部屋代と結婚披露宴の費用を一緒に払いたいって、領収書を今持って来てもらえませんか。」と、二十二階のヤムチャレストランのフロントからお電話です。

 「分かりました。すぐ持って行きます。」と答えました。

 二十二階ではありません。二十三階の洋式レストランにも結婚披露宴を行われています。

「すみません。小名さん、少々待ちください。」と、二十二階へ行きました。領収書を出して、また二十三階へ戻って来ました。

 「明日、専門の医者さんがいますよね。」

 「はい、そうです。」

「もう一度病院へ行きたいです。」

吉田さんは「骨折ではありませんか。移動性骨折とか。」といいました。

 「骨折と関係ないです。」と答えました。

やはり不安ですね。彼たちの考えは全然理解できます。痛さを引き起こした主な原因がありませんから。誰も心配しています。

「帰国は明後日ですね。じゃ、明日英語の診断書も申請しましょうか。」

 「では、お願いします。」と、部屋へ帰ります。

 これからの時間、暇があればインタネットをして、使える資料を探します。整形外科の各医者さんの専門の分野を紹介する略歴を読みました。それから、小名さんに電話をかけました。

「もしもし。」

 「小名さん、こちらはフロントでございます。受付の時間は七時三十分からです。診察の時間は八時三十分からです。八時半ホテルから出発は大丈夫ですね。」月曜日なので、診察する患者はきっと大勢だと思います。早く行って、長く待っている時間が要らないんです。でも、小名さんは早すぎると思うかどうかまだ分かりません。

 「はい、大丈夫です。その時、フロント忙しくないですか。」

「心配しないでください。明日、私は休みですから。」明日の早番は二人しかいません。もし一人に連れて、残りの一人はきっと忙しいです。それは駄目です。また、明日は満室です。

「えっ、休みですか。ごめんね。」

 「大丈夫ですよ。予定することがありませんから。」恥辱を雪ぎたいんです。昨日下手に通訳したことです。

 アシスタントマネージャに話しました。アシスタントマネージャは「電話で受付しておいたほうがいいと思います。」と、アドバイスをくれました。

 ですから、すぐ病院に電話をかけて、受付しました。診察番号は七十二番です。昔の経験によると、そんなに早く行くことが必要ありません。電話を切ると、もう一度小名さんに電話をします。

 「もしもし。」

「フロントでございます。受付しました。診察番号は七十二番なので、もともと約束した時間は八時半ですね。時間を変更したいです。」

 「はい、何時ですか。」

 「じゃ、十時半です。」

「分かりました。」

 明日の九時までに、まだ膝が痛さを引き起こした原因の資料を読む時間があるので、明日早く起きなければなりません。関係があるキーワードも暗記します。

 ―     ―     ―     ―     ―

添削後

お客さんの宿泊料をチェックしようと思うとき、吉田さんと小名さんと一緒にフロントに来ました。

「膝まだ痛いですか。」

 「昨日よりそんなに痛くないです。」と答えました。

「薬もちゃんと飲みましたね。」

 「はい。」

 リリリ~ン 電話が鳴いています。受話器を取って「フロントでございます。」と。

「~号室のお客さんは部屋代と結婚披露宴の費用を一緒に払いたいって、領収書を今持って来てもらえませんか。」と、二十二階のヤムチャレストランのフロントからお電話です。

 「分かりました。すぐ持って行きます。」と答えました。

 二十二階ではありません。二十三階の洋式レストランにも結婚披露宴を行われています。

「すみません。小名さん、少々待ちください。」と、二十二階へ行きました。領収書を出して、また二十三階へ戻って来ました。

 「明日、専門の医者さんがいますよね。」

 「はい、そうです。」

「もう一度病院へ行きたいです。」

吉田さんは「骨折ではありませんか。移動性骨折とか。」といいました。

 「骨折と関係ないです。」と答えました。

やはり不安ですね。彼たちの考えは全然理解できます。痛さを引き起こした主な原因がありませんから。誰も心配しています。

「帰国は明後日ですね。じゃ、明日英語の診断書も申請しましょうか。」

 「では、お願いします。」と、部屋へ帰ります。

 これからの時間、暇があればインタネットをして、使える資料を探します。整形外科の各医者さんの専門の分野を紹介する略歴を読みました。それから、小名さんに電話をかけました。

「もしもし。」

 「小名さん、こちらはフロントでございます。受付の時間は七時三十分からです。診察の時間は八時三十分からです。八時半ホテルから出発は大丈夫ですね。」月曜日なので、診察する患者はきっと大勢だと思います。早く行って、長く待っている時間が要らないんです。でも、小名さんは早すぎると思うかどうかまだ分かりません。

 「はい、大丈夫です。その時、フロント忙しくないですか。」

「心配しないでください。明日、私は休みですから。」明日の早番は二人しかいません。もし一人に連れて、残りの一人はきっと忙しいです。それは駄目です。また、明日は満室です。

「えっ、休みですか。ごめんね。」

 「大丈夫ですよ。予定することがありませんから。」恥辱を雪ぎたいんです。昨日下手に通訳したことです。

 アシスタントマネージャに話しました。アシスタントマネージャは「電話で受付しておいたほうがいいと思います。」と、アドバイスをくれました。

 ですから、すぐ病院に電話をかけて、受付しました。診察番号は七十二番です。昔の経験によると、そんなに早く行くことが必要ありません。電話を切ると、もう一度小名さんに電話をします。

 「もしもし。」

「フロントでございます。受付しました。診察番号は七十二番なので、もともと約束した時間は八時半ですね。時間を変更したいです。」

 「はい、何時ですか。」

 「じゃ、十時半です。」

「分かりました。」

 明日の朝九時までに、膝が痛む原因について書いてある資料を読まなければならないので、早く起きなければなりません。

~誠さんに添削してもらいました。ありがとうございました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2009/01/10

2009-01-16 18:05:42 | 日記
エレベーターのドアが開いて、四人はエレベーターを出て、フロントに来ます。皆は同じ色の作業服を着て、その中には、ある人が歩く様子は少し変です。怪我みたいです。

吉田さんは小名さんの足に指差して、膝が痛いと言いました。小名さんは苦しそうです。「病院へ行きませんか。」と、私は言いました。そのまま何もしないと駄目です。土曜日は救急救命室しかないが、行ったほうがいいと思います。

「では、お願いします。三十分ほど待っていもいいですか。」と、小名さんは言いました。

「はい、もちろんいいです。」と答えました。

その時、吉田さんは「誰か連れて行けませんか。」といいました。

邱さんと黄さんは私より英語が得意だが、お客さんは英語ができません。手をゆっくり上げて、「私」と。当時の私、実はちゃんときれいに通訳する自信を持ってありません。緊張しました。待ってるうちに、晩御飯を食べに行きました。美味しいかどうか全然分かりませんでした。

六時ごろ、電話もお客さんもどんどん来ました。大変忙しくなりました。同じ時点にしなければならないことが多いですから。いつか小名さん、吉田さんと何さん三人で私の前に立ちました。

「少々待ちください。」と、もう六時になりました。残りの部分、同僚に頼みました。それから、ホテルの車に乗って、ホテルから近い病院へ行きました。

小名さん、吉田さんと日本語で話すので、皆は私たちのほうへずっと見ます。また、私は仕事中なので、事務服を着て、上に名前があります。注目されたのがあまり好きではありません。

まず、一般的に検査をしました。よく聞いた質問は昔、大きい手術をしたことがありますか。とか、どんな薬にアレルギーですか。二番目の質問は難しいです。一番大切なキーワードができませんから。過敏??小名さんは私、一体何を説明したいことを全然理解できませんでした。それは予想以内のことでした。結果、吉田さんのおかげで、説明したいことをちゃんと伝いました。吉田さんも来た本当によかったです。

吉田さんは中国語が少し話せます。聞き取りは六十パーセントぐらいで、読みは八十パーセントの意味が分かります。

膝まだ痛いので、痛み止めを注射しました。また大切なキーワードの痛み止めができません。ポケットからボールペンとメモを出して、メモに『止痛』を書きました。

吉田さんを見るとすぐ分かりました。痛み止めといいました。

看護婦は注射を用意するうちに「どこに注射されますか。」と、私は言いました。

「屁股。」と答えました。

吉田さんと異口同音にお尻だといいました。

「へぇ~、本当ですか。恥ずかしいですよ。」

そうですね。誰もそう思います。大人ですから。それから、看護婦は女性です。結果、左の腕に注射されました。五分後、レントゲンを取りに行きます。しかし、勉強したレントゲンの日本語はその一瞬全然覚えませんでした。英語のX rayしかできませんでした。

私はずっとX...X...X...と。

「レントゲンですか。」吉田さんが当たりました。

ほっとしました。私は日本語がまだまだをよく分かりました。勉強した単語、文法など半分以上忘れました。違う文法をよく使っています。それは卒業した日本語学科の学生を持っているレベルではありません。大変恥ずかしいです。

レントゲンを三回取りました。すぐ見ることができませんから、最初に待っているところへ戻ってきました。三十分ほど待っていました。

「日本語は何級を持ちますか。」

「二級だが、実際は三級に残ると思います。」

「英語は?」

「少しです。」

「俺も少しですけど......」吉田さんは地面から十センチごろのところに指差しました。皆笑いました。

救急救命室ではあるおばさんも私たちと同じ注目されました。でも、理由は全然異なります。おばさんは病床に横たわって、大声で叫んだり泣いたりしました。また、看護婦に失礼なことをしました。

私たちびっくりしました。「二年前、盲腸炎のせいで手術しなければなりませんでした。痛かったが、叫んだことがありません。そのおばさんは凄いです。」と、吉田さんを言いました。

「とにかく、おばさんは痛すぎますからね。」と答えました。

レントゲンの結果を出ました。膝は小さい骨の破片があります。

「膝が痛くて腫れがあるのはその骨のせいですか。抜けば腫れがなくなりますか。」

「こちらはもともと白いです。でも、小名さんのレントゲンから黒いが見えます。それは血です。」医者さんは黒い部分を指差してくれて、説明しました。

「では、今どうしたらいいでしょうか。」

「手術しますか。」と、小名さんは言いました。

「注射器を使って、骨の破片を抜きます。」

注射針だけですか。想像できません。取られないと思います。注射針は左の膝に少し横にあるところを刺しました。血が流れて続いて、途中に医者さんは刺した位置も少し変更しました。

「痛いです。」と、小名さんの表情も苦しくなりました。

骨の破片はそのままで、取れなかったです。医者さんは「帰ってから、膝の両側に氷のうを当てください。それから、長時間立ってること、走ること、しゃがむことは禁止されます。サポーターをしなければなりません。まず、二日の薬を飲みます。二日後、改善しないとまた戻ってください。」といいました。

受付へ行って、お金を払いました。救急なので、費用は大変高いです。二千二百十五元になりました。吉田さんは領収書を見て、「これが一番高いです。」といいました。

薬をもらって、すぐホテルへ電話をかけました。そして、私たちはロビーで待っています。寒すぎで、私は柱の後ろに立って、震え上がります。

帰る途中、薬局の前に止まって、私はサポーターを買いに行きました。

「私も行きましょう。」と、吉田さんは言いました。

「大丈夫です。すぐ戻ってきますから。」

二十三階のロビーまでに、エレベーターに吉田さんは「甘いもの食べますか。」と、袋からチョコレートを三本取りました。

「食べます。」

「あげます。今日は本当にありがとうございます。」と、吉田さんは言いました。

小名さんは「ごめんね。」といいました。

「いいえ。それから、薬を飲むことを忘れないでね。三食後と寝る前に、一日四回です。お酒を飲むことは駄目です。」

ハウスキーピングから氷のう二個とタオル二枚を借りてもらいました。小名さんの部屋まで持って行きました。小名さんは同僚と話しています。

「すみません。氷のうとタオルを持ってきました。」

「ありがとうございます。」

「では、失礼いたします。」

今日、通訳した表現がよくないです。その程度の日本語は駄目です。勉強不足です。もし、吉田さん行かなかったら、もっと大変かもしれません。私、通訳する実力がありません。本当に恥ずかしいです。(泣~)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2008/11/27

2008-11-28 11:28:52 | 日記

わざわざ行ったのに休みです。残念です。

昼ご飯は墨西哥廚房MEXICAN KITCHENでメキシコ料理を食べるつもりですが、その店はインタネット、食べた人から良い評価がるそうです。料理人はメキシコ人だそうです。作る料理はたぶん本場だと思います。スクーターに乗って、レストランへ行きました。結局、休み日でした。しかし、休みの原因は不明です。公休ではありませんから。今度、絶対食べますよ!!

そして、朝から何も食べなかったので、お腹が空きました。メキシコ料理を食べたいですが、営業しませんでした。あっ、そうです。会社の近くに日本料理屋(豚勝皆川)があります。ホテルの日本人のお客様は食べたことがあります。美味しかったと言いました。カツカレー、揚げ出し豆腐、手巻きなどを注文しました。カレーの香りが濃いで、豆腐がフワフワで、手巻きが新鮮で、本当に美味しかったです。お薦めです。

メニューは中国語も日本語もあります。中国語ができない日本人のお客様にとって、便利です。店員さんも日本語が話せるそうです。また、料理人は日本人です。値段は一昨日食べに行った美味屋と言う店より少し高いですが、料理はもちろん美味屋より美味しいです。失礼かもしれませんが、美味屋って、美味しくないと思います。まあまあです。どうしてお客様が大勢ですか。よく分かりません。

豚勝皆川の揚げ出し豆腐が好きになりました。食べに行った本当に良かったです。幸せです。もう一度食べたいです。また行きますよ!!

 ―     ―     ―     ―     ―

(添削後)

 わざわざ行ったのに休みです。残念です。

昼ご飯は墨西哥廚房MEXICAN KITCHENでメキシコ料理を食べるつもりでした。その店はインターネット上で、食べた人から良い評価があります。料理人はメキシコ人だそうです。作る料理はたぶん本場だと思います。スクーターに乗って、レストランへ行きました。結局、休み日でした。しかし、休みの原因は不明です。公休ではありませんから。今度、絶対食べますよ!!

そして、朝から何も食べなかったので、お腹が空きました。メキシコ料理を食べたいですが、営業していませんでした。あっ、そうです。会社の近くに日本料理屋(豚勝皆川)があります。ホテルの日本人のお客様は食べたことがあります。美味しかったと言いました。カツカレー、揚げ出し豆腐、手巻きなどを注文しました。カレーの香りが濃く、豆腐がフワフワで、手巻きが新鮮で、本当に美味しかったです。お薦めです。

メニューは中国語も日本語もあります。中国語ができない日本人のお客様にとって、便利です。店員さんも日本語が話せるそうです。また、料理人は日本人です。値段は一昨日食べに行った美味屋と言う店より少し高いですが、料理はもちろん美味屋より美味しいです。失礼かもしれませんが、美味屋って、美味しくないと思います。まあまあです。どうしてお客様が大勢ですか。よく分かりません。

豚勝皆川の揚げ出し豆腐が好きになりました。食べに行ったら本当に良かったです。幸せです。もう一度食べたいです。また行きますよ!!

HIROさんに添削してもらいました。ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜勤

2008-10-26 22:00:27 | 日記

来月は初めての夜勤(夜の十時半から翌朝の六時半まで)が始まります。なんか少し不安になりました。しかし、今までできること以外、もっと学べるがいいと思います。それから、十二月の一週間にはオフィスで予約係をします。予約係のペニーさんは本当に忙しいです。一人なので、忙しくても仕様がないです。ほとんど毎日残業してしまいます。フロント係の私は簡単な予約することができるが、複雑なのはぜんぜんできません。とにかく、頑張ります。夜勤も予約係もです。

―     ―     ―     ―     ―

夜勤(添削後)

来月は初めての夜勤(夜の十時半から翌朝の六時半まで)が始まります。なんか少し不安になりました。しかし、今までできること以外、もっと学べるので良いと思います。それから、十二月の一週間にはオフィスで予約係をします。予約係のペニーさんは本当に忙しいです。一人なので忙しくても、仕方がないです。ほとんど毎日残業してしまいます。フロント係の私は、まだ簡単な予約しかできず、複雑なのはぜんぜんできません。とにかく、頑張ります。夜勤も予約係もです。

誠さんに添削してもらいました。ありがとうございました。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2008/09/30

2008-10-01 22:13:13 | 日記
知らない人のブログ(~跟著我們看世界~)を読みました。チェコ、スロバキアとハンガリーに行ったときの土産話について、写真も添付しました。素敵なところです。その三ヶ国へ行ったことがない私、土産話と写真のおかげで、実際に行ったことがある感じます。不思議ですね。作者は夫と二週間がかりで、三ヶ国を旅行してしまいました。目的地を決定し、スケジュールをするから何も自分で手配します。もちろん宿泊の予約もですよ。その過程はきっと面白いと思います。以上さまざまな理由で、来年ツアーを参加しない海外旅行をする予定です。ところは台湾の近所にある沖縄です。ですから、本屋へ行って沖縄の本を買いに来ました。ざっと読みました。海も料理も私にとって魅力があります。どうしようかな?チャイナエアラインが台北から沖縄までの往復券に宿泊のプランを提供することもあります。どうするかどうかまだわかりません。困りますね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加