YSK-BLOG

つぶやきまとめと通常日記を行うブログ

2006年のギャルゲー大作戦を振り返る 後編

2006-12-30 | blog
さてさて、後編です。
え、もういらない?



でも気にしません。(最悪)






『We Are*』
近未来で火星が地球の衛星になってたり、
どっかの国との戦争に巻き込まれたり、
首都が群馬に移ったりといろいろワクワクするような設定だったんですけどね。

気になるところがあるとすれば、
なんかヒロインの胸の大小の差が激しすぎるような気がします。

てか天なんかかわいそうじゃない?
だってCGみたところ・・・
ないでしょ?(ぉ
ひどい扱いだよね・・・。


というか、楓が中学3年で大きいっておかしい。


ねぇ。





体育の授業とか
大変ですよね。
(ぉぃ)



そんなこんなで、
子供っぽい仕草でお兄ちゃんに甘えてきて、
腕を絡めてきたり、背中に乗ってきたり・・・

ねぇ。
そんな武器持ってそんなことされたら
お兄ちゃんは確実にぶっ壊れます。

でも幸せなひとときだよねぇ~。(妄想モード突入)





『Gift』
ああ、これは長ったらしかった・・・。
妹キャラがいるんですが、
同年代なんですよね。
あまり妹って感じがしません。
てか霧乃が妹だったらよかったのに。

あ、千紗ぽんでもいいよ。

でもそうすると
某キャラとかぶっちゃいますか。




ね、うたまる?(言うな)






『ぶらばん!』
昔、リアルで吹奏楽部をやっていたので、
それが舞台ということで気になってやってみた。
当初のお目当ては須美。
相手側の部員だったんですが、いろいろあってこっちに入ってきたんですよね。
パートもパーカッションだったので、昔担当していた自分にとっても親近感が。
しかし、この子が来なかったら、
だれがティンパニーを担当したんだろう?
そして、相手はティンパニーなし。

なんか
公平じゃないような気がします。


ま、それはともかく、
やってみたら意外にもみなせ(通称・エビ)にコロッといってしまいました。
とあることで頭撫でたら、怒るかと思いきや大人しくなってます。
頭を撫でられるのは好きといいうことで、
なんだか普段は落ち着かないのに、頭撫でてやると静かにする犬みたいですね。
もう!可愛いです!
しかし、「当ててるんですよ」ってセリフには吹いた。

あ、あと実は討議したいことがあるんですが、
いや、大したことじゃないんですよ。
ただ最後は中か外かって語りを小一時間ほd(殴





『Close to~祈りの丘~』
ヒロイン子供っぽすぎですね・・・。
メリーゴーランドを
お馬さんがぐるぐる廻るのとか言ってる時点で
まずいと思います。
でも1人暮らししているんですよね。

いつかだまされるんじゃないかと
心配です。



そんなおばあちゃん的な心配がある遊那ですが、
まぁこのキャラでなかったらルームパートとかできなかったんでしょうね。
そういえば、ルームパートは元樹が遊那の部屋に入る込んでいるという設定で起こるんですが、
遭遇しなかったんですかね。


着替えの最中とか。





・・・はい、とまぁそんな感じで、
プレイ完了したゲーム作品をプレイバックしてみました。


ね、もう


明日にでも消されないか
ビクビクしてるんですが
(ぇ


まぁいいや。
リミッター解除した感想いかがだったでしょうか(ぉ


プレイ日記は『ぶらばん!』あたりからまったくなくて申し訳ないです。
一応メモは取ったんですが、アップするのがとても大変なので
機会があればということで。
まぁ、そんなこというと、
8割がた忘れるんですけどね。


うん、来年がんばるよ。


だから・・・。






見捨てないでね、お兄ちゃま(はぁと)



と言っておきます。(やめんかい)







さぁ、2007年

『ギャルゲー大作戦』が
削除されないことを
祈っていてください。



来年もよろしく。(汗)

この記事をはてなブックマークに追加

2006年のギャルゲー大作戦を振り返る 前編

2006-12-30 | blog
さて、いよいよ新年を迎えますね。
この『ギャルゲー大作戦』は今年まるまる設置して
初めての年越しを迎えます。


えー、9月あたりから更新が思いっきり滞ってますが、
大人の事情ってことにしておきます。
どの辺が大人なのか意味がわかりませんが、
恐らく言い訳するところが大人なんじゃないかと。(ぉ




さて、今年プレイしたギャルゲーから1年を振り返る今回の記事。
計13本をクリアしたうちのほとんどが昨年以前に発売されたものばかりですが、
個人的に思いにふけっていきたいと思います

ええ、
世界発信というWebの特徴
完全無視です。



では、さっそくいってみましょー!



先ずは去年から開始していたけど、今年初めにクリアした

『シスタープリンセス2』

・・・まだやっていたの?
と自分に自分で突っ込みを入れたい気分になりますが、
ようやく終わりました。

しかし今回はビックリしましたね。
いやシスプリって年齢不詳とはいえ、
外見的に年頃の女の子ばかりじゃないですか。

まさかそんな妹と
一緒にお風呂に入っちゃうイベントがあるとは。
前作ではお泊りのイベントあったのに、
お風呂のシーンはうっかり覗いちゃったってハプニング扱いでしたからね。

成長しました・・・。


いや、ゲームがだからね?

別の意味は無いよ?(何)


しかし、これで終了かと思いきや、
プレミアムファンディスクとDC版が手付かずなんですが(ぇ




さて、お次はこれまたドリームキャストです。

『Piaキャロットへようこそ!3』

DC本体の修理受付が2007年3月で終了し、
PSE法の影響で中古品も替えなくなるというダブルショックを食らって始めました。。。

とりあえず、この作品はシリーズ通して設定についてツッコミどころ満載なんですが、
ストーリーはこれまでより普通というか、しんみりした感じが多かったような気がします。

いや、ほんと。
お盆休みがあるファミレスって
どんなんですか!?





『まぼろし月夜』
こちらもDCです。
ヒロインが幽霊という設定で、絵柄も古臭くてスルーしていたんですが、
意外に声優が豪華だというとこがわかってビックリした。
プレイしてみても割とよかったって感じ。

しかし、気になるのがキャラクターの年齢。

絶対年ごまかしてる感じしますけど、
その辺どうなの?


特に早苗さん。

24歳には見えませんよ!?


あと、陰陽師のあれ。

絶対年ごまかして学校にいるだろ。

年下ヒロインは11歳の小学生でしたが、個人的にはイマイチ。
某・名前公表してない妹だったら即決めだったんだけどな。(何)




『PrincessHoliday』
これもDC。
ファンタジーモノかと思って進めていたんですが、
ラストに予想もつかない展開が隠されていて度肝を抜かれた。
オーガスト作品の凄さをみた。

なるほどね。。。

酷評を受けているキャベツ?『夜明け前より瑠璃色な』も
その辺の意外性を表現させたかったんでしょうね。




え、違う?




それにしても、妹のフィーがよかったなぁ・・・。
いや、ラピスもいい感じだったんだけど、
血が繋がってると思い込んでても、兄を想う気持ちが見え隠れ・・・。
で、義理だとわかった後に恋人同士になったら、
夜な夜な積極的でしたね。

くそ、この辺
PC版やりたかったぜ(ぉぃ)



『Memories Off~それからagein~』
メモからのファンディスクですね。
一番よかったのはいのり編かな。
本編で見られなかったバカップルぶりが思う存分味わえましたね。
そして、嫉妬感も存分に味わえましたね。(ぇ

くそう、一蹴のヤツ・・・俺に代われと


でも一番よかったとしたらあれでしょう。
時期的には夏なので、やっぱりプールとかのイベントがあります。
まぁ、いのりの冒険したビキニもよかったですが、
その直後に、
まさか縁が水着姿で登場するとは
思いませんでしたよ。

ええ、もう
涙が出るほどうれしかったよ!!(ぇ

いのりファンには申し訳ないが、
ビキニ姿が一瞬で飛んじゃった

・・・・ダメだ俺。orz;




え、いちこはどうしたって?



・・・。



あと5年後がたのしみです(ぇ







『ToHeart2 XRATED』
お待ちかねのPC18禁版です。
いや、私が待ってたわけじゃありませんよ?
世間一般の意見です。

PS2でプレイしていたんですが、
ゲーム日記のこともあってじっくりやってました。
まぁ、ささら編のと各キャラのHシーンが入った程度ですな。

とりあえず、
姫百合姉妹のルートはヤりすぎだと思います。(ぉぃ)


しかし、私は幼馴染のこのみがお気に入りだったんですが・・・。
一体誰ですか。

純粋なこのみに
あんなこと吹き込んだの!?


もうお兄ちゃんはびっくりですよ(だれがお兄ちゃんだ)

まったくもう。
子供心が残ってる姿がかわいいのに。


・・・。


まぁ、でも

じっくり賞味させていただきました(ぉぃ)



『ラムネ~ガラスびんに映る海~』
昨年アニメがやっていたのでやってみる。
ねこねこソフトもなくなっちゃったしね。

どうしても美空がミルフィーユにしか見えない件について。

そしてお気に入りは珍しく年上のひかり。

一応、妹キャラはいるんですが、
専用ルートに入っちゃうと性格が変わっちゃうんですよね。
おまけにメガネっ娘・・・。
別ルートだと活発なんですよ。
ね、もう専用ルートで

朝、柔道技掛けられて
妹・鈴夏の胸の中で昇天させられたら
どんなに幸せだったか。



今思うと、
無念で涙がとまらない。






その後は『ギャラクシーエンジェルII 絶対領域の扉』

キャラクターはアプリコットがお気に入り。
ツインはロリの基本ですよね。
あとミルフィーの妹ということもあって、
妹キャラな雰囲気が存分に出ています。(何)

そして特記するのはアプリコットの水着姿。
いや、他の作品で女の子が水着姿とかで出てきても
かわいいかな・・・だけで終わってたんですよ。

ところがこの子の場合は違いました。


本気で
水着姿にときめきました。(爆)


いやー、こんな子がビーチにいたら
確実に声をかけてしまいますね。


ただ・・・


アプリコット=桜葉  年齢:14歳



・・・




だれかこれでも合法な惑星を
紹介してください。






移住します。






そんな感じで、後半に続きます。


後半あるのか?これ(汗)

この記事をはてなブックマークに追加

更新停滞のお詫び

2006-12-14 | blog
ども、
『ギャルゲー大作戦』管理人です。

さて、本blogですが、
最近月に2,3回の更新だったりと
3日坊主かってぐらい停滞気味です。
いつも来てもらってる方には申し訳ありません。
来てる人がいればですが。(ぇ


まぁそんな感じですが、
記事の準備が出来次第、更新を再開しますので、
今しばらくお待ちください(^^;


以上、
管理がままなってない管理人。
管理を取ったらただの人からのお詫びでした。。。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加