YSK-BLOG

つぶやきまとめと通常日記を行うブログ

OVA『Memories Off 2nd』Vol.1レビュー

2006-10-29 | blog
今回は恋愛アドベンチャーゲーム『Memories Off 2nd』のオリジナルビデオアニメーションを紹介です。


さて、『Memories Off 2nd』とは・・・


主人公の健は同級生のほたるって女の子と交際しています。
しかし、目標をもって生活している彼女に、
自分は好きだったサッカー部を大会に敗北して引退してしまって以来目標を見失っており、
そんな自分は彼女にふさわしいのだろうか。
本当に彼女に恋をしているのだろうだろうか。
告白されてなんとなく付き合ってるだけじゃないのか。

そんな疑問が浮かび始めつつ、夏が始まった・・・・。




そんなわけで、
その恋人を振ってしまうお話です(違います。

え、関係が冷めきってるんじゃ、
別れたって問題ないじゃんって?

・・・


「ほたるは、健ちゃんのことが好き、大好きなの・・・」


とか彼女から言われてるんですが、
これでも別れられますか?






まぁ・・・






「いーじゃん、えふじゃん、じーじゃん」
とかステキなギャグにうんざりするなら
話は別ですが(ぉぃ)




というわけで、本編へ行ってみましょう。

まずは橋の上でのほたるの告白シーンからスタート。
健が落とした携帯電話をほたるが拾ったので、受け渡しをする場面ですね。
しかし、携帯電話は落としたらこんな風に戻ってくることはほとんど無いので
真似しないように。(しない



物語はここから始まる。


そして、季節は夏。
健のむさくるしいアパートの部屋。

「健ちゃんは、ほたるのこと好き?」

朝なのか、まだ寝てる健の傍らで、
健の顔を切なげに見つめる
男物Yシャツ姿のほたる。

・・・・。

え?ほたるその格好・・・・


昨日の夜は熱帯夜だったってことですかね。





局地的に(やめんか







と、所変わって夏休み中の学校。

一応受験生ということもあって、夏休み中でも自主的な授業が行われているようで。
そんでもって今は臨時講師であるつばめ先生の授業。
なんか眠くなりそうな授業ですね。

私なら確実に寝ます。



と、なんか水泳やってた二人が出てきて、
ちょっと百合な感じも出てましたがスルーの方向で。






別の日。

健の部屋からほたるのいやんな声が。

・・・

なんと、昼真っから?(もういいから




と、なんか扇風機に当たってたみたいですよ。
気持ちいいですからね。

そして、ほたるに抱きつかれたり、じゃれられてる健。



・・・



おのれ、イナケン。









信にプールに誘われて行くことに。
しかし健、ほたるというものがありながら
信と一緒に鼻の下伸ばしすぎです。

そしてほたる、
ジュース二人前は飲みすぎです。


そんなことを思ったぐらい。





雨の日に商店街で買い物をしている健。
すると、八百屋の前で悩んでいる様子のつばめ先生を見かける。
どうやら、夕食のおかずで悩んでいるようで。
んじゃレモンでいいじゃん
とか言わないんでしょうか。



と、ようやく決まったようで、一緒に歩いていると、
つばめ先生からほたるとの交際のあり方について注意される。
よくほたるを泊めてると変な噂が立ったりして
学校側も黙ってないだろうからと自粛するようにとかそんな話。
一応理解する健だが、
でも、あんた臨時講師だろ。


と、そんなことを話しながら歩いていると前方から
傘をささずに雨宿りしながら急いでいる、なんか困った様子の女の子を見かける。
ほっておくことができない健は、
その子に傘を貸し、お互いに名前を聞きあうことに。
彼女は飛世巴という子だった。



んで健のバイト先であるルサック。
出てきましたよ、相摩希。

・・・

あれ?望だっけ。




・・・・。





まぁ希望の1/2が出てきましたよ。(ぉぃ)

その子は調子に乗って、下げたお皿を天井に近いくらい積み上げてしまいましたよ。
一生懸命バランスをとる姿は、
なんか大昔の液晶ゲームみたいです。

無事にテーブルに着地させたと思いきや、
結局崩して大惨事。

その片づけをしていると、窓の外からほたるが呼んでいた。
行ってみると、なんとあの時傘を貸した巴が一緒にいた。
どうも、ほたるとマブダチだたようで。

いやー、世間は狭いデスネ。(棒読み)


とまぁ、そんなこともありつつ、
あのレモン臨時講師に言われたからか、
ほたるが泊まりたいと言っても家に帰す健。
こうして、二人はだんだんすれ違うような感じに。



と、その帰り道に公園で巴を見かける健。
1人で何をしているのか気になり、近づいてみるとなんか
友人の彼を好きになってしまったとかいう言葉が聞こえてきた。


これから一体何が始まろうとしているのか。
次の巻につづきます。


・・・・。

ま、どうせ今のセリフは
劇の練習とかいうオチなんでしょうけど(ぉ




・・・・



で、レビューはつづく?

この記事をはてなブックマークに追加

『We/Are*』編:最終回 総合感想

2006-10-01 | 『We/Are*』編
さぁ、そんなわけでWe/Are*の感想です。
ちなみに"*"は発音しませんからね。(いいから


2026年
火星が地球の衛星
現れたマニト共和国との戦争

と、これだけでなんか
壮大なストーリーが展開されそうでしたが、
結局中身は恋愛でしたね。
まぁ、そういう話は嫌いではなく、むしろ大好きなんですが、
謎解きとかを期待するものでは無かったですね。

なんとなくゲームの冒頭シーンが
『Ever17』を思わせたんでちょっと期待しましたが・・・。

ただの作戦だったようですね(何?)


と、まぁそんな感じですが、
ストーリーが短いですけど、中だるみ無くサクサク進むのは
やっぱり好感がもてますね。
というのも、無駄な説明が無いです。
この物語だと夏休みから始まるんですが、
大抵だと夏休みがはじまる前からゲームスタートし、
クラスや主人公の置かれている状況なんかを逐一説明するパートがあります。
しかし、今作はそれが一切省かれ、もう事件の発端から始まります。
なかなかテンポはいいです。
でも、先にWeb紹介小説やストーリー概要等を読んだりしないと
イマイチ状況が掴み辛いという欠点もありますがね。。。


そんな感じですが、
設定からは思えない萌えな部分もしっかりある、
そんな感じで軽く楽しめる
あっさりかんたんサンドイッチみたいなゲームでした。



・・・



この感想は
読んでる人に伝わってるのか?



『We/Are*』編 おわり

この記事をはてなブックマークに追加

【ネタバレ注意】『We/Are*』編:番外編 ネタバレ感想記

2006-10-01 | 『We/Are*』編
!注意!
この記事はネタバレ要素がある程度強く出ていますので注意が必要です。
これからプレイする方で、紹介するゲーム本来の感動を得たいと思う方は
閲覧をお控えください。




























さて、このblogの本領発揮。
ここからはネタバレ一切キニシナイ記事を
書いていこうと思います。


舞台設定がかなり豪華で、あちこちに謎もちりばめられている感じの『We/Are*』。
ではキャラクターごとに結末を追っていきましょう。

まずは藤岡夏蓮
海上自衛隊に所属し、機密情報を暴露する
さかりのついたお姉ちゃん(ぉぃ)

あ、違うか。

厳密には姉弟関係じゃないんですが(分ってる)



そんなわけで、公安に目をつけられて何者かに命を狙われているんだと思ったら、
自分が公安だったんだよね。
まぁ、マニト工作員との対決は緊迫感がありましたね。
優弥のESP能力が発揮されてましたし。
一番かっこよかった話ではありましたな。
後は夏蓮の性格だな。問題は。


笛吹詩忍
大阪からやってきた家出少女ということで、あっちで何かあったのかと思ったが、
実際は東京の核攻撃で亡くなった父親のことを調べるのが目的だったようで。
優弥の協力もあり、関係者(楓の父親)から話を聞くと、
なんと、詩忍の父親はマニトの工作員で例の核攻撃に関係が深かったことが発覚。
それを聞きショックを受ける詩忍・・。
そりゃそうだわな。
しかし、そんな工作員が結婚して、
子供育てて日本に居座り続けることができるって言うのが
なんとも皮肉な話だね。。。


ちなみに優弥のESP能力が発揮されたのは、
以上二つのシナリオだけだったような気がします。




熊野柚香
えっと、これは最後をぶっちゃけ言うと

・・・メイドでした。(違

説明すると、
これは軍で作られたアンドロイドだったようで。
しかし、このシナリオが一番優弥の住んでる町が
ミサイル攻撃からの危機に直面していたような気がします。
柚香いなかったら駅前崩壊、学校壊滅?



神明菊菜
この話でわかったことは
ESP能力の発症原因であるアンゲロスってのは寄生することが分った。
病原菌じゃないんだから。
しかし、寄生されたら徴兵とはねぇ・・・
こりゃ検査前に
醤油一気飲みしてもダメそうです。
まぁそれはいいとして、
この話はあまり戦争とかには関係しませんでしたね。
工作員(てか絵の使いまわし?)は出てきたけど、
結局菊菜に寄生していたアンゲロスはなんだったのか謎のまま。



稲敷楓
詩忍編で父親が軍の施設にいることが分ったわけですが、
このシナリオでは明かされませんでしたね。
途中で出てきて、楓を引き取りたいとか言ってましたが、
母親である雪枝さんから断固拒否されてましたね。
そして当の楓は父、母と共に仲良く暮らしたいって話がありました。
これも戦争とかESP能力とか関係しない話でしたね。父親は軍施設に勤めていることは
詩忍編でしか明かされませんでしたし。
小さい頃から過ごしていたので、妹としてしか見ていなかったとか
妹系ヒロイン王道シナリオでした。

ちなみに、楓は設定で「母親ゆずりで胸が大きい」とあります。
これ、遺伝なんですかね?
まぁ、それはいいんですが、気になるのがスリーサイズ。
残念ながら公式設定は無いみたいですが、
同梱されたドラマCDのおまけシナリオで、ちょっと言う場面があるんですよね。
「上からきゅ・・・」と。

・・・


・・・



きゅって・・・


9もあるんですか。

中学3年生でそれは
育ちすぎではないだろうか。






とりあえず


( ゜∀゜)o彡°

とやっておきます(やめんかい



朝霞天
優弥の平凡な夏休みが潰された発端である天シナリオ。
さすがにヒロインルートなので、いろんな謎が解けると思われたんですが、
そうでも無かったですね。
夏蓮以上のものを期待したんですが。

うーん、印象的なところといえば、
PCゲームとかだったら
えらい表現になってたんじゃないか
ってところがあったぐらいでしょうか。


・・・やったんですかね?(もういいから)

しかし、ラストがちょっとすごく感じました。
天は結局徴兵されたんですが、
なんか火星に脅威の生命体が侵略したとかで、こりゃ地球の中で揉めてる場合じゃないぞと戦争中止。
で、ESP能力者はそのまま宇宙へと飛び立ったとか言ってるし。
なんか最後にスペースアドベンチャーですか。

そして、舞台は数十年後になったのに、
なぜ天は年をとってないのか。
天が予知能力で見た未来はどういうことだったのか。


・・・

なんか


すげー疑問を残しつつ、
終わってしまった感じなんですけど。





あと、

途中で出てきたあの電波な少年は、一体何を伝えたかったんでしょうね。
一切出てこなかったし。

これがホントの
電波少年ってやつなんでしょうか

この記事をはてなブックマークに追加

『We/Are*』編:7 ~天編~

2006-10-01 | 『We/Are*』編
平凡な夏休みを
特殊なものにしてくれた張本人である天編です。


彼女はESP能力の持ち主で、
夏休みが終わったら徴兵されることが決定していた。
さらに両親を亡くしていることから、身寄りであった祖母にも先立たれ、
自分の能力である予知能力で徴兵されたら二度と帰ってこないというものを見てしまったため、
投身自殺を謀ろうとしていた。

そこを偶然通りかかった優弥は、あまり喋ったことないが、
同級生である天を助ける。
そのときに優弥にもESP能力が目覚めたため、
黙っててもらうことを条件に同居させることになる。
今年も平凡に過ぎ去ってほしいと思っていた夏休みは、
そういうことから、特殊なものへとかわっていったのだ。



第一印象は近寄りがたい感じと思っていたのだが、
そんなことはないようで。
制服のスカーフもつけないで、なんか不良っぽいですけどね。
成績のほうは悪く、
夏休みも補習授業で学校に行っているようだ。


何々?ツンバカ?
なんか新しい単語が出てきましたよ。


と、補修に行くのに寝ぼすけな天を起こすため、
「起きろ」と言いながら肩をゆすってみる。
・・・
起き抜けはなんだかかわいい声出しますね。

はっ!
これが


ツンバカ効果?(何


次のブームはこれだ!(無い)





部屋の中でごろごろしていて邪魔だったりするので、
たまにおまえは猫か?見たいな事をいうと
「ニャーッ!」とか言って怒り出しますよ。

・・・

ツンバカ猫娘現る。


と、そんなバカと馬鹿げたやり取りをしつつ、
天を自然と名前で呼ぶほどになった。
そしてちょっと意識し・・・

てるわけないだろと自分に言い聞かせていたり。
おもしろい主人公。



天の誕生日。
柚香から誕生日を聞いており、それで
楓、菊菜、雪枝さんの協力もあって、誕生日パーティを開くことに。
天、感昂って泣き出します。
妙に涙もろいんですね。

そんな夜。
これで思い残すことは無いよと言い出した天に、
そんなこと二度と言うなと天を抱きしめる。
それは、お互いの存在を確かめるかのように・・・・


と、お互い照れ隠しからか、
夜中にじゃれあいだす二人。
「ニャ~ッ!」
「痛っ!噛みやがったな、こいつ!」
「あッ!ちょっと、それ痛い!ダメダメダメっ!」

・・・・。


二人が何をやってるのか、
画面がブラックなので
さっぱり分かりませんが。


と、ここで優弥のモノローグ。

こうして天の18歳の誕生日は無事終了したのだった。
・・・いや、そういうことにしておいてくれ・・・。




・・・



・・・





えっ!それって、


コンシューマーじゃだめなことを!?(やめなさい





天の予知した未来を覆すと言うことで、
躍起になってる優弥。
今日はアイスの銘柄を当ててみろということで予知すると、
アイスがないという結果に。
買って帰る途中で融けてしまったんだろうという予想した優弥は
念には念を入れクーラーボックスを持って買いに出かける。
そして、念入りにクーラーボックスごと冷蔵庫の中にアイスをしまった。

安心して寝つき目覚めると、そこには菊菜と楓が。

・・・

人が寝てる部屋に勝手に入ってくるなんて・・・

寝込みを襲う気ですか?(ぉぃ)

でも
お兄さんは大歓迎ですよ(もういいから

結局、アイスは二人に食べられ、
天との勝負には負けたのでした。

・・・なんとなく予想はできてたけど。



と、そんな感じで、(毎度どんな感じだ?)
最後はPS2が固まって、ちょっと大変だった
そんな話でした。(個人私情・・・

この記事をはてなブックマークに追加