YSK-BLOG

つぶやきまとめと通常日記を行うブログ

まぼ月(クリスティーナ・ゴラム):海外からの大スター

2006-03-21 | 『まぼろし月夜』編
海外からの舞台大スター・クリスティーナです。


・・・・最初はこのゲーム、
和風なゲームだと思ったのに。
何気にグローバルです。


んで、何で知り合いになったかというと、
理央ルートで進めるとアパートの隣の部屋に住むことで知り合う。

ファンタジーがなせる業。

最初は怪人が住み着いたって話になり、
ひょんなことから正体が明らかに。


正体がばれないよう、大男の格好をしているクリス。
てか、街の中もそれで?

人のことどうこう言いませんが、その格好では
職務質問はされそうです。


夜中、隣の部屋から不気味な声が。
何事かとクリスの部屋を訪ねると、トレーニング中だったんだそうな。
んで、誘われて部屋に上がっていくことに

いやはや大スターとはいえ
まだ13歳のお嬢さん。

こんな夜中に男を自室に招き入れるなんて
まだ世間を知らないみたいですね
(ぉぃ

と、ここでクリスは誰かを探すためこのアパートを借りたということを
打ち明ける。
それを聞いた主人公はなんとなくショックを受けるものの、
その人を探すことを手伝うことに。

・・・ってのがクリスの物語。



とりあえず「たかの」さんってこの町に住んでいる35歳くらいの女性を探しているという。
しかし、手がかりがつかめず彷徨っていると、
苗の前を通りかかり、早苗さんと話すことに。

・・・・・・

ああ、35歳に見えたけど、
実はこの人だったとか
そんなオチだったら面白かったのに。
("たかの"じゃないし、22歳だし



ラストはちょっとしんみりしてしまった結果に。
しかし、理央のオバサンが関係するとは
世間は狭すぎるのでは?と思った
そんなラスト。

この記事をはてなブックマークに追加

まぼ月(鳴海理央):幼馴染は多種オプション満載

2006-03-21 | 『まぼろし月夜』編
毎朝起こしてくれる幼馴染、理央です。
ちなみに中学生で、主人公にとっては年下なのだが
起こされるのは情け無い気がする。

しかしこの子、よくみるとそばかすっ娘ではないですか。
今の作品ではあまり見かけなくなりましたね。。。

ところで、この子の父親、
電話に出て最初の一言。
「ん、私だ」

・・・・・

あんた、ボスか。



まぁ、なんだかんだで
理央の憧れの役者であるクリスティーナの公演会場へ。
公演が始まるまでジュースを買ってくるかと売店へ。
こういうところってちょっと値が張るけど。

・・・・え?

ジュース二つで1050円!?


それはボッタクリではないだろうか。


さて、
なかなかチケットが手に入らないぐらいの人気を誇るこのクリスティーナとは
一体何者なのか・・・・。

てか攻略対象なんですけど。

一体どういう経緯で出会うのか、
結構気になりますね。



まぁ、そうこう進めているうちに、中学生ぐらいの美男子に会います。
どうやら理央が所属する演劇部の部長さんの様子。
声は保志総一郎さん。

・・・・・。

大丈夫?

記憶残ってる?

なんて心配してしまいそうです(何?



理央が精一杯練習に励んでいた演劇部の公演が無事に終わり、
プールに連れて行くことに。
あの海での水着と思いきや、
学校指定のものでした。

用意して無いのかと思ったのに

やるな、シムス(?


ひょんなことから、理央の憧れであった大スター・クリスティーナと知り合うことに。

経緯についてはカット。
まぁ、察しはつくと思うが。


ちょっとした事でケンカしてしまう主人公と理央。
悩むに悩んで、あやめに相談すると、
自分の思っていることを素直に出すように後押しするかのような返事が。

・・・しかし、毎回ラストはあやめに相談しているような気がするが。
あやめさん、意外に重要なポジションにいるようです。



ラストはとりあえず、
ごく一般に"メイド"というのを
"お手伝いさん"と呼ぶのに
新鮮さを感じました。

この記事をはてなブックマークに追加

DCFS(朝倉 音夢):帰ってきた妹

2006-03-21 | 『D.C.Four Seasons』編
さぁ、この辺から巻きでいきますよ~!




夏です。
この暑さは純一じゃなくても
かったるさ全開ですな。

公園で杉並、美春と一緒にいる。
フローズンバナナの味を褒める杉並に
「そりゃ夏といったらバナナですからね」と美春。

お前は年中バナナ音頭だろ!

・・・なんて突っ込みもかったるくなりそうな陽気です。


さて、夏編でのキャラクターは
純一の義理の妹・音夢
実はプロ漫画家・ななこ
近くに住むお嬢様・アリス
の3人。

今回は音夢にスポットを当てていきます。


暑いってのにね。




音夢は看護学校に行っているようで、
夏休みを利用して帰省してきました。

・・ところで
純一たちの親は帰ってこないのだろうか。

てか
どこ行ってるんだっけ?

・・・・・

存在してるの?(ぉぃ

さて、昼まで寝てたら音夢に起こされたり、
バナナ・・・じゃない美春が元気よくやってきたりと
騒がしい日が今日も始まる。
美春からアリスとクルージングに行くから
お二人もどうですか?ということで、
一緒に行くことに。

夏の季節の話の舞台はこれです。


そんなわけでクルージングへ。
準備のため商店街へ買い物に出かけ、
偶然ななこに出会い、成り行きで一緒に行くことに。

究極のインドア派のため、
なんだかどの季節の話にも入れなかった
おまけっぽい存在ですが。



月城家所有のクルーザーで月城家所有の島へ向かう。

このブルジョアめ!

・・・ってななこが言ってた(言ってない



島に到着すると、
おまちかね女性陣の水着お披露目会。

まぁ、個人的に
音夢だけが比較的ボリューム不足だなと感じたが、
黙っておこう。(?
まぁ、私好みです。



みんなで海に入って楽しいひと時を送る一行。
みんなの水着姿がまぶしいぜ。


一通り楽しんで、さて帰ろうとしたら
瀬場さんからクルーザーのエンジンの調子が悪くなり、
原因を調査して明日までかかる見込みと告げられる。


・・・・・


どうでもいいんですけど
瀬場さんのその姿、


某ファミレス経営者と
ご関係あるんですかね?




ともかく日帰りの予定がちょっとした滞在になってしまった。
夏のバカンス(?)はもうちょと長くなりそうです。


無人島初夜をささやかなキャンプファイヤーで締めくくる。
しかし、次の日もクルーザーが直らない様子。
しばらく過ごすことになりそうなので、島の探索に出かけることに。
目指すは水場。
躓いて転びそうになるアリスを支えたり、
疲れきっている究極のインドア派・ななこに肩をかしたりと世話を焼く純一。

まるで小学生の遠足です。

そんなみんなをかまってる純一を見て、何を思ったのか
どことなく上の空で、おまけに純一を避けている態度をとりはじめる。

うーん、兄さんまたやっちゃったか?(ぉぃ


女の子グループが音夢の元気のなさを直接聞いてくれることに。
「(朝倉君が)音夢さんのこと、あいあい愛してるって言ってましたよ」
とななこが音夢に言っていた。
・・・・・・
アニメ「シスプリ」のOPですか?

必要ならことり呼ぶぞ。(やめんか



まだまだ音夢と純一の関係は平行線。
ついにはふとしたことから純一がプッツンきて
今までのわだかまりを音夢にぶつけます。
すると音夢、目に涙をためて走り去ってしましました。
それを見ていた他3人。追うべきだと純一を促す。
そしてアリスからタオルを持たされる。

・・・・・

なんかあったら
投げろってことですね
(違っ



話は出来たものの、まだまだ関係は平行線で先が見えず。

見えるのは水平線だけです。


ところが美春がおぼれてしまうという大変なハプニングが。
音夢の助けを借りてなんとか事なきをえる。

純一、
意外にサバイバルの知識があっても
こういうことは知らないんですね・・・。

ま、それがきっかけで二人っきりで幸せそうに語り合い、
わだかまりがとけました。

展開の説明早すぎです。(ぇ



めでたくまとまった所で、
クルーザーの修理も終わり、
ラストパーティをして無事初音島に帰還しました。

まぁ、今回の件をまとめると、
誤解とかそんな話じゃなくてよかったなと。



そしてお盆前のある日。
音夢は看護学校へ一足早く戻ってしまうことに。
次は冬かなと。
こうして、一足早く今年の夏は終わりを迎えました。

とりあえず、いい思い出は出来たかなと。



・・・・
ななこは今たぶん
本物の修羅場モード中です。

この記事をはてなブックマークに追加

DCFS(白河ことり):学園アイドルはお節介 後編

2006-03-12 | 『D.C.Four Seasons』編
・・・・というわけで、
さくらパークに来たいつものメンバー
純一、ことり、ともちゃん、そしてみっくん。

・・・・
最後二人の本名忘れちゃったけど、
まぁよしとしよう。(コラ

純一とともちゃんとで行動し、
ことりとみっくんはちょっと離れたところで見ているということで。
純一が絶叫マシーンに振り回されながらも、
なんとかうまく事が進んでいる様子。

途中暦先生に会ったり、工藤に会ったり。
事の経緯を説明したりと、ちょっと大変気味。

まぁ、そんなこんなやってたら、
ともちゃんも段々慣れてきて、手を繋ぐことにも躊躇しなくなってきた。
ん?ことりの表情が険しく・・・

やべ、このままだと
今までの繰り返しですよ;

パークのグッズ屋に寄る4人。
カップル用ペアのお茶碗やカップを眺めるともちゃん。
すると純一。
「ともちゃんのデートの練習だし、これともちゃんにプレゼントしようか」
・・・・おい;
その様子を見ていたことり、
機嫌を悪くして外に出てしまう。

純一、一言。
「俺、何か機嫌悪くするようなことしたかな?」

・・・・・・

だれか

この男、何とかしてください。




その後温水プールへ。
ことりはちょっとどっかへ行ってしまう。
ともちゃん、みっくんと話しているとバイト中の和泉子に出会う。
和泉子からことりが1人で寂しそうだったことを聞いて彼女のそばへ向かう純一。
話してみると、ことりがヤキモチを焼いていたりとか、
本気なのはことりだけだとか
いい雰囲気に。

・・・・

ああ、
もうこのへん
どうでもいいや。
(ぉぃ



そしてこの後、デート練習は終わりになり、
ことりと二人きりで観覧車に乗ったり、
残りの時間を本来のデートで過ごす。

と、そんなことをしていると
以前ともちゃんと公園で仲良く話していた男の人を見かけましたよ。
なんと女の人と一緒にいました。

・・・・

あ、今回ともちゃんの
恋がどうのこうのから
始まったんだっけ
(ぉぃ


そんな様子を見ていたことり、
その男の前に飛び出した!

・・・・意外に血が昇ると
周りが見えなくなるタイプなんですね。

ことり、その男に問い詰めます。
しかし、相手の男は何のことかさっぱり解らない様子。
真面目そうなので、二股とかかけてるとは思えないんだけど・・・。
純一が止めに入ったところでともちゃんの声が。
「どうしたの?お兄ちゃん」

・・・・・・


ここへきて
そういうオチですか!?



でも、ともちゃんにお兄さんはいないはず・・・。


よく聞くと、
小さい頃からご近所付き合いしているところの
お兄さんなんだってさ。


・・・・・・・


その設定は
都合よすぎではなかろうか。


だってギャルゲーだったら
攻略対象内じゃん。(何の話だ?



んじゃ、冒頭で桜公園で話していた内容で
約束がどうのこうって言うのは?


・・・・・


どうも
ともちゃんに彼氏が出来たら、
ダブルデートしようねって話だったらしい。


・・・・・・


なんだその
このオチのために
用意したような約束は!?



というか

そんなややこしい約束をするな!!



そんな感じで(?)ことり編終わり。

まぁ、
友人ってのはいいですね、って
お話でした(途中から脱力?

まぁ、終始考えていたことといえば、
その・・・
みっくんのお兄さんである"みっくん"とやらになりたいんですが
ダメですかね。




エンタメ@BlogRanking


↑ランキング参加中。
がんばりますんでよろしければクリックひとつ・・・(ぉ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

DCFS(白河ことり):学園アイドルはお節介?前編

2006-03-11 | 『D.C.Four Seasons』編
親友だと思ってや男の正体が女の子だったり
クラスメイトが実はクマだったりと
前作のネタバレオンパレードだったわけですが。(後者違うし
ようやく最初から普通のヒロインになりました。

学園のアイドルである白河ことり編です。

しかし、この春編を二回ほどやってきたわけですが、
付き合ってた二人の小さなすれ違いが招いたトラブル話、
てか純一の鈍感というか気にしなさすぎというのが大方の原因なんですけど。

今回もそんな話なんだろうか。。。。



二人で下校中。
早速ことりに膝枕を要求する純一

・・・おのれ(ぉぃ


と、そこへ工藤が・・・


って男の姿だ!


工藤 バージョン1.0(何?

まぁ、あまり話しに絡まず行っちゃった。



さて、前と同じくさくらパークペアチケットが商店街の福引で
当たりましたよ~。

早速ことりを誘います。
話をしているとことりから奇妙な音が。
とりあえず腹ごしらえをすることに。

いやー、
学園のアイドルも腹の虫がなるんですね。
トリビア、トリビア(違っ


ま、とにかくここまでは順調順調・・・。


と、桜公園でクレープを食べてると、
男の人と歩いているともちゃんを見かける。

あ、ともちゃんっていうのは、ことりの友人で
3人で仲良く軽音楽をやってるうちの1人ね。

声をかけようとしたがことりに止められ、隠れて様子を見る二人。
聞こえてきた話し声を聞く限り、
どうやら彼氏ではないようだが、
あのころの約束がどうのこうのとか、
なんだかお互いいい雰囲気。

それを見たことり、ある決心を。

「この春休み、ともちゃんの応援をしない?」

・・・・・・。

なんですと!?

ここへ来て意外な展開。


んで、なんかことりの訳のわからん作戦が始まる・・・
大丈夫なんだろうか・・・。
ことりの考えることだし
結構心配。

んで、デートの練習をしてみない?とともちゃん提案することり。
もちろん、実験台は純一。


・・・・・・・あああ、

またなんか嫌な予感が(汗

つづく


エンタメ@BlogRanking

この記事をはてなブックマークに追加

DCFS(工藤 叶):彼の秘密は女の子 後編

2006-03-07 | 『D.C.Four Seasons』編
前回までのあらすじ
商店街の福引で当たったさくらパークペアチケット。
叶を誘ったが都合が悪いようだったので眞子に上げたが、
めぐりめぐって(?)眞子とやってきた純一。
しかし当日、入り口で杉並と叶に遭遇してしまう。


さて、何でこうなったのか・・・・。


以前、
杉並が純一をさくらパークに誘っていたが、
実は杉並もペアチケットを当てていたようで。
純一に断られた杉並は、その後叶に声をかけて
今ココにいると。


・・・・あー、ややこしい。



んで、叶は杉並と行っちゃった。
意地になった純一は眞子と楽しむことに。
しかし眞子、
この状況で手を繋いでもいいかな?なんて・・・・。

確信犯か!?


んでもって
「二人の仲を何とかしなきゃ」
なぜか白河ことりも出動です。



とりあえず眞子とアトラクションを楽しむ純一。

一方ことりは、
バイト中のピンクのクマ(和泉子だけど)を仲間に加え戦力アップ。

そして叶は、杉並の絶叫マシーンオンパレードに振り回されてます。


以降、3つの視点で話が進行します。
これで事件でも起こればミステリー系AVGですな。



思わぬ噴水アトラクションのおかげで
びしょ濡れになってしまった純一チーム。
せっかくなので温水プールで遊ぶことに。

純一が1人でいるところに叶に会ったり。
まだこじれている様子。

その様子を心配そうに見つめるピンクのクマさんチーム。
もちろん水着を着用して。

・・・・・・

和泉子
着ぐるみのままですか。

ご丁寧に水着もつけてます。


ていうか、
それでプール入ったら
確実におぼれそうですが。


・・・・いや、しっかり泳いで(浮かんで流されてた)いました。
なんか高級品で防水加工なんだってさ。
ふーん。(興味なし?


とにかく、ピンクのクマさんチームから叶たちは
お化け屋敷へ向かったと言われて向かう純一。

お化け屋敷での、ちょっとした(人為的な)ハプニングから、
仲直りできそうな兆しが見えてきたり。

叶と二人で話をしようとしたら、
最後の最後で杉並のいつもの訳わからん行動に振り回されたりもしたけど、
どうにか誤解と理由が分かり合え、二人の仲は元通りになりました。
これにて一件落着。



やれやれ・・・

ことり、眞子、クマ、ついでに杉並。

ご苦労様でした。






それと
最後まで付き合っていたクマ・・・。



明日からシフトに
名前入ってるんでしょうか。





エンタメ@BlogRanking

この記事をはてなブックマークに追加

DCFS(工藤 叶):彼の秘密は女の子 前編

2006-03-06 | 『D.C.Four Seasons』編
お久しぶりです。

いつの間にかタイトル画面が咲いてしまいました。
この調子だと、四季の変化を見ることになりそうです。。。


さて今回は男だけど親友の工藤でも狙うか(ぉぃ
工藤―――

女の子が出てきましたよ。

っておまえ誰やねん! パート2

えっと、男親友だと思っていた工藤は
実は女の子だったんですね。
理由は祖母が男女交際に厳しくて男装させたとか・・・

そんな話だったっけ?(覚えてないのかよ;


とまぁ女の子だったわけですが。

・・・・男のときと女の時で
まったくの別人に見えるんですけど。
声色も口調もまったく違うし。


品質に問題はないんですかね?


ちょっとは癖残ってもよかったかな
と思います。




公園にて、これからの春休みのことについて話す二人。
しかし思い出すのは、期末試験の追試の話。
叶が純一の家にいって一緒に勉強しに行ったのに、
まったく勉強しなかったようです。
まぁ、そりゃあ
誰もいない家に男女二人っきりでやることと言ったら・・・。



・・・・


・・・・・


ね!(いいから




さて、今回もさくらパークのペアチケットが当たったところから物語が始まる。
この商店街の自治会、意外に懐具合がいいようだ。

早速叶を電話で誘うが、
日にち限定のチケットのため、その日は無理とのこと。
誰か他の人を誘って行って来てと言われるが、
あてもなく、仕方が無いのでチケットを眞子にあげることに。
しかし、そのあと眞子から一緒に行かないかと誘われ、
そのままOKしてしまう純一。
翌日、叶に会うとなんか様子が変・・・。
なんか爆弾マークがついているような

そんな感じ。


一体叶は何を怒っているのか。
眞子を誘ったことに原因があるのか。
まったく解っていない鈍感純一君。


和菓子出すのに
カロリー使ってるから
(関係ない


そして、チケット指定日当日
さくらパークの入り口には
純一と眞子、杉並と叶の4人の姿が。


・・・・・・・。


さぁ、
一体どうなるのか!?




純一、
死滅してないといいですねw


エンタメ@BlogRanking

この記事をはてなブックマークに追加