YSK-BLOG

つぶやきまとめと通常日記を行うブログ

『We/Are*』編:最終回 総合感想

2006-10-01 | 『We/Are*』編
さぁ、そんなわけでWe/Are*の感想です。
ちなみに"*"は発音しませんからね。(いいから


2026年
火星が地球の衛星
現れたマニト共和国との戦争

と、これだけでなんか
壮大なストーリーが展開されそうでしたが、
結局中身は恋愛でしたね。
まぁ、そういう話は嫌いではなく、むしろ大好きなんですが、
謎解きとかを期待するものでは無かったですね。

なんとなくゲームの冒頭シーンが
『Ever17』を思わせたんでちょっと期待しましたが・・・。

ただの作戦だったようですね(何?)


と、まぁそんな感じですが、
ストーリーが短いですけど、中だるみ無くサクサク進むのは
やっぱり好感がもてますね。
というのも、無駄な説明が無いです。
この物語だと夏休みから始まるんですが、
大抵だと夏休みがはじまる前からゲームスタートし、
クラスや主人公の置かれている状況なんかを逐一説明するパートがあります。
しかし、今作はそれが一切省かれ、もう事件の発端から始まります。
なかなかテンポはいいです。
でも、先にWeb紹介小説やストーリー概要等を読んだりしないと
イマイチ状況が掴み辛いという欠点もありますがね。。。


そんな感じですが、
設定からは思えない萌えな部分もしっかりある、
そんな感じで軽く楽しめる
あっさりかんたんサンドイッチみたいなゲームでした。



・・・



この感想は
読んでる人に伝わってるのか?



『We/Are*』編 おわり

この記事をはてなブックマークに追加

【ネタバレ注意】『We/Are*』編:番外編 ネタバレ感想記

2006-10-01 | 『We/Are*』編
!注意!
この記事はネタバレ要素がある程度強く出ていますので注意が必要です。
これからプレイする方で、紹介するゲーム本来の感動を得たいと思う方は
閲覧をお控えください。




























さて、このblogの本領発揮。
ここからはネタバレ一切キニシナイ記事を
書いていこうと思います。


舞台設定がかなり豪華で、あちこちに謎もちりばめられている感じの『We/Are*』。
ではキャラクターごとに結末を追っていきましょう。

まずは藤岡夏蓮
海上自衛隊に所属し、機密情報を暴露する
さかりのついたお姉ちゃん(ぉぃ)

あ、違うか。

厳密には姉弟関係じゃないんですが(分ってる)



そんなわけで、公安に目をつけられて何者かに命を狙われているんだと思ったら、
自分が公安だったんだよね。
まぁ、マニト工作員との対決は緊迫感がありましたね。
優弥のESP能力が発揮されてましたし。
一番かっこよかった話ではありましたな。
後は夏蓮の性格だな。問題は。


笛吹詩忍
大阪からやってきた家出少女ということで、あっちで何かあったのかと思ったが、
実際は東京の核攻撃で亡くなった父親のことを調べるのが目的だったようで。
優弥の協力もあり、関係者(楓の父親)から話を聞くと、
なんと、詩忍の父親はマニトの工作員で例の核攻撃に関係が深かったことが発覚。
それを聞きショックを受ける詩忍・・。
そりゃそうだわな。
しかし、そんな工作員が結婚して、
子供育てて日本に居座り続けることができるって言うのが
なんとも皮肉な話だね。。。


ちなみに優弥のESP能力が発揮されたのは、
以上二つのシナリオだけだったような気がします。




熊野柚香
えっと、これは最後をぶっちゃけ言うと

・・・メイドでした。(違

説明すると、
これは軍で作られたアンドロイドだったようで。
しかし、このシナリオが一番優弥の住んでる町が
ミサイル攻撃からの危機に直面していたような気がします。
柚香いなかったら駅前崩壊、学校壊滅?



神明菊菜
この話でわかったことは
ESP能力の発症原因であるアンゲロスってのは寄生することが分った。
病原菌じゃないんだから。
しかし、寄生されたら徴兵とはねぇ・・・
こりゃ検査前に
醤油一気飲みしてもダメそうです。
まぁそれはいいとして、
この話はあまり戦争とかには関係しませんでしたね。
工作員(てか絵の使いまわし?)は出てきたけど、
結局菊菜に寄生していたアンゲロスはなんだったのか謎のまま。



稲敷楓
詩忍編で父親が軍の施設にいることが分ったわけですが、
このシナリオでは明かされませんでしたね。
途中で出てきて、楓を引き取りたいとか言ってましたが、
母親である雪枝さんから断固拒否されてましたね。
そして当の楓は父、母と共に仲良く暮らしたいって話がありました。
これも戦争とかESP能力とか関係しない話でしたね。父親は軍施設に勤めていることは
詩忍編でしか明かされませんでしたし。
小さい頃から過ごしていたので、妹としてしか見ていなかったとか
妹系ヒロイン王道シナリオでした。

ちなみに、楓は設定で「母親ゆずりで胸が大きい」とあります。
これ、遺伝なんですかね?
まぁ、それはいいんですが、気になるのがスリーサイズ。
残念ながら公式設定は無いみたいですが、
同梱されたドラマCDのおまけシナリオで、ちょっと言う場面があるんですよね。
「上からきゅ・・・」と。

・・・


・・・



きゅって・・・


9もあるんですか。

中学3年生でそれは
育ちすぎではないだろうか。






とりあえず


( ゜∀゜)o彡°

とやっておきます(やめんかい



朝霞天
優弥の平凡な夏休みが潰された発端である天シナリオ。
さすがにヒロインルートなので、いろんな謎が解けると思われたんですが、
そうでも無かったですね。
夏蓮以上のものを期待したんですが。

うーん、印象的なところといえば、
PCゲームとかだったら
えらい表現になってたんじゃないか
ってところがあったぐらいでしょうか。


・・・やったんですかね?(もういいから)

しかし、ラストがちょっとすごく感じました。
天は結局徴兵されたんですが、
なんか火星に脅威の生命体が侵略したとかで、こりゃ地球の中で揉めてる場合じゃないぞと戦争中止。
で、ESP能力者はそのまま宇宙へと飛び立ったとか言ってるし。
なんか最後にスペースアドベンチャーですか。

そして、舞台は数十年後になったのに、
なぜ天は年をとってないのか。
天が予知能力で見た未来はどういうことだったのか。


・・・

なんか


すげー疑問を残しつつ、
終わってしまった感じなんですけど。





あと、

途中で出てきたあの電波な少年は、一体何を伝えたかったんでしょうね。
一切出てこなかったし。

これがホントの
電波少年ってやつなんでしょうか

この記事をはてなブックマークに追加

『We/Are*』編:7 ~天編~

2006-10-01 | 『We/Are*』編
平凡な夏休みを
特殊なものにしてくれた張本人である天編です。


彼女はESP能力の持ち主で、
夏休みが終わったら徴兵されることが決定していた。
さらに両親を亡くしていることから、身寄りであった祖母にも先立たれ、
自分の能力である予知能力で徴兵されたら二度と帰ってこないというものを見てしまったため、
投身自殺を謀ろうとしていた。

そこを偶然通りかかった優弥は、あまり喋ったことないが、
同級生である天を助ける。
そのときに優弥にもESP能力が目覚めたため、
黙っててもらうことを条件に同居させることになる。
今年も平凡に過ぎ去ってほしいと思っていた夏休みは、
そういうことから、特殊なものへとかわっていったのだ。



第一印象は近寄りがたい感じと思っていたのだが、
そんなことはないようで。
制服のスカーフもつけないで、なんか不良っぽいですけどね。
成績のほうは悪く、
夏休みも補習授業で学校に行っているようだ。


何々?ツンバカ?
なんか新しい単語が出てきましたよ。


と、補修に行くのに寝ぼすけな天を起こすため、
「起きろ」と言いながら肩をゆすってみる。
・・・
起き抜けはなんだかかわいい声出しますね。

はっ!
これが


ツンバカ効果?(何


次のブームはこれだ!(無い)





部屋の中でごろごろしていて邪魔だったりするので、
たまにおまえは猫か?見たいな事をいうと
「ニャーッ!」とか言って怒り出しますよ。

・・・

ツンバカ猫娘現る。


と、そんなバカと馬鹿げたやり取りをしつつ、
天を自然と名前で呼ぶほどになった。
そしてちょっと意識し・・・

てるわけないだろと自分に言い聞かせていたり。
おもしろい主人公。



天の誕生日。
柚香から誕生日を聞いており、それで
楓、菊菜、雪枝さんの協力もあって、誕生日パーティを開くことに。
天、感昂って泣き出します。
妙に涙もろいんですね。

そんな夜。
これで思い残すことは無いよと言い出した天に、
そんなこと二度と言うなと天を抱きしめる。
それは、お互いの存在を確かめるかのように・・・・


と、お互い照れ隠しからか、
夜中にじゃれあいだす二人。
「ニャ~ッ!」
「痛っ!噛みやがったな、こいつ!」
「あッ!ちょっと、それ痛い!ダメダメダメっ!」

・・・・。


二人が何をやってるのか、
画面がブラックなので
さっぱり分かりませんが。


と、ここで優弥のモノローグ。

こうして天の18歳の誕生日は無事終了したのだった。
・・・いや、そういうことにしておいてくれ・・・。




・・・



・・・





えっ!それって、


コンシューマーじゃだめなことを!?(やめなさい





天の予知した未来を覆すと言うことで、
躍起になってる優弥。
今日はアイスの銘柄を当ててみろということで予知すると、
アイスがないという結果に。
買って帰る途中で融けてしまったんだろうという予想した優弥は
念には念を入れクーラーボックスを持って買いに出かける。
そして、念入りにクーラーボックスごと冷蔵庫の中にアイスをしまった。

安心して寝つき目覚めると、そこには菊菜と楓が。

・・・

人が寝てる部屋に勝手に入ってくるなんて・・・

寝込みを襲う気ですか?(ぉぃ)

でも
お兄さんは大歓迎ですよ(もういいから

結局、アイスは二人に食べられ、
天との勝負には負けたのでした。

・・・なんとなく予想はできてたけど。



と、そんな感じで、(毎度どんな感じだ?)
最後はPS2が固まって、ちょっと大変だった
そんな話でした。(個人私情・・・

この記事をはてなブックマークに追加

『We/Are*』編:6 ~楓編~

2006-09-17 | 『We/Are*』編
大家の娘で、優弥とはいとこの関係にある中学3年生の女の子です。


・・・・



さ、


いよいよお得意の妹キャラ出てきましたよw
この子は従妹ですが、「お兄ちゃん」呼んで慕ってます。
年齢は中学3年生で、優弥とは3つ違いです。
性格はまだまだ子供っぽく、
よくプールとかに行ってぽり、日焼けをまだまだ気にしないようです。
肩が露出している私服を着てるんですが、
くっきりと水着のあとが浮かんでますよ。
しかもスク水の形ではないですか。
うん、萌要素満点!


では早速いってみましょう。



・・・


作者、
ちょっと息遣い荒いです(おちつけ)







さて初登場。
わけあって天と同居すると言ったら駄々こねて大反対する。

結局雪枝さんに宥められて、しぶしぶ同意することに。
ここら辺から、彼女が優弥のことをどう思っているか。
そして、自分の気持ちにも気づいてくるわけですね。

そんな変な解説はさておき・・・。



と、楓と一緒に町の中を歩くことに。
天が一緒に住むときに、大反対していたのをちょっと気にしているようだ。
なんでそんなのを気にするのか聞いてみる。

てか聞かなくてもわかるじゃん。
ホントに優弥ってのは・・・。

私は妹系の味方です(やめんかい





と、なんか見かけない男性が雪枝さんと話してますよ。
その男性はまぁ楓の父親で、優弥にとっては叔父さんに当たるのだが。
でも、なんだかちょっと険悪気味。
ふむぅ、話はここらへんも絡んでくるんでしょうかね。




別の日。
あまりにも暑いので公園へ非難する。
ベンチに腰掛けて休んでいると楓がやってきた。
話していると、楓の友達であるゆかりと真美子がやってきた。
ボーイッシュなタイプと、眼鏡をかけた大人しそうな子だ。
うーん、どちらの属性も無いな(何の話?


で、話はゆかりがこの前、クラスの男子に告白されたとかとう話題に。
ゆかりが楓と真美子に問い詰められると
「べ、別にアタシはアイツのことなんか気にも留めてなかったし、
最初からこ、断るつもりだったんだからね!?」
と。

・・・。

そのツンデレ活用語
どこで学んだんでしょうかね。


と、3人で話が盛り上がってるようなので、
この場を退散することに。

すると、すぐに楓が後を追いかけてきた。
友達とは、今日はお別れしてきたという。

すると、さっきは怒ってたんじゃないかと気にしているようだ。
優弥は別に怒っていたわけじゃなく、
ただ盛り上がってる3人をみて呆れていただけだったのだが。

楓はなんか友達にお兄ちゃんと一緒にいるところを見てもらいたかったんだって。

どうも最近、天や菊菜といるときが多く、
今はあまり遊んでくれなくなって、寂しかった様子。
そのことを、ちょっと泣きながら言います。

こりゃ、これからはちょっとは気を使ってあげないと。



夕方、買い物袋を下げている楓を見かけたので、
重そうな荷物を持ってあげることに。
どうやら雪枝さんの具合が悪くなっているようだ。
楓が、そんなときでも家事全般は自分ひとりでも大丈夫だよというので、将来はいいお嫁さんになれるよと言うと、
すごい照れ困ってますよ。




・・・





可愛いねぇw(ぇ





あるとき、出かけるとアパートの前に小銭入れが落ちていた。
交番に届けようと公園に差し掛かると、楓の友人である二人に出会う。
どうやら『金魚ちゃん』を探しているようだった。
・・・・。
なんでそんなもんを落とすのか。

まぁ、話を聞くに『金魚ちゃん』とはその拾った小銭入れのことだったようで。

と、真由美は優弥のことを『お兄様』と呼んでいる。

ゆかりがその呼び方はどうかと思うぞと言うと
「それでは『兄上様』でどうでしょうか」




・・・。





鞠絵!?(何



すると、ゆかりは
「じゃあアタシは『にいやん』にしようかな」




・・・





これはもしや







シスプリルート!?(だから何






昼に楓がやってきた。
天は寝ていて、自分は机、楓はテレビを見ていたのだが、
退屈になったのか、楓はヒマヒマアピールを繰り返す。


そんなわけで、海を見に行くことになった。
近場だからあまり期待するなよと言うと
「お兄ちゃんと一緒なら、どこでもいいよ~」と。


うれしいこと言ってくれますねw




道中、
「お兄ちゃんと一緒、お兄ちゃんとお出かけ~♪」
と歌っています。

なんか昔、

同じようなキャラを見たような気がする。
いきなりしょんぼりモードになったりとか。


歩いていると楓に腕をしがみつかれ、ムネの感触も味わったり。



いいな~(ぉぃ)




で、着いたところは学校。

ちょっと不満そうな楓。
水着も持ってきたのに~と。



・・・・

個人的にもプールとか行きたかった。(ぉ



と、海が一望できる学校の屋上に行き、
楓も満足したようでよかったよかった。









夜中に空襲警報発令。
いつものようにやり過ごそうかと思ったら、
楓が合い鍵使って入ってきた。


楓、
パジャマ姿も可愛いね(ぉぃ




そんな感じでまごまごしていると、
何事も無く警報は解除されるのだった。







楓と一緒に夏祭りへ。
楓は浴衣を着てきた。

・・・なんか
楓だけ衣装のバリエーション多くないか?



会場が近づいてくると、盆踊りの音が。
アニメ番組で使われているなんとか音頭を耳にする。

KIDだけに「ニンネコ音頭」とか?

どんな踊りか
得体が知れないけど。





と、そんな感じで
楓編は萌まくりのストーリーでした。




心残りがあるとすれば


水着姿が見れなかったってことでしょうか。

(なんだその纏め)

この記事をはてなブックマークに追加

『We/Are*』編:5 ~菊菜編~

2006-09-17 | 『We/Are*』編
昔からの幼馴染、菊菜編です。


彼女はもともと優弥の妹の親友でしたが、事故で優弥が家族を失ったことを期に、
それまでおとなしかった性格も一変し、優弥のことをなにかと気遣っている
親しい後輩の間柄になっています。



ではそんな菊菜編。


初登場は彼女に押し倒されるところから始まります。


え。



朝っぱらから!?(ぉぃ)

いや、ただ単にドアを開けたら飛びついてきた
だけのことなんですけどね。

・・・そういえば、"ニンニン"ってこの時代から
はやり始めたんでしょうか(また違うゲームの話を・・;



と、菊菜は夏休みのあいだ、軍病院でリハビリを受けることになったんだそうで、
そのついでに優弥のアパートに寄ったそうな。

ちなみになぜ彼女がリハビリを受けるのかと言うと・・・


優弥の両親が亡くなった事故に菊菜も巻き込まれ、
一命は取り留めたものの、左足が不自由になってしまったのだ。
今では義足などで補修できるのだが、
いつか自分の足が動くと信じて、それを拒んでいたのである。


まぁ、そんなこんなで、その日のキク台風は過ぎ去っていたのだが。

・・・台風一過とかそんなもんは来ない。


優弥の部屋に運ばれた天の荷物を片付けていると、またキクがやってきた。
これはいい、
猫の手も借りたいので貴重な人手だ。

そんなことをキクに言ったら、"猫の手"で
よく分からんギャグと、
意味不明ななぞなぞをやりだした。

それは過去の某ヒロイン達
意識しての行動なのだろうか。



そんなことしたら

ソオチンニャン人形に
怒られるよ。






いつもの日、天とやり取りしていると、
突然遊びに来ていて黙り込んでいたキクからこんな一言。
「天ちゃんのムネって全然無いよね」

・・・。

これは一種の精神攻撃なんでしょうか。

で、優弥はキクから大きいのと小さいの、どっちが好きと聞かれる。
俺はどっちも好み
どうでもいいが、小さくてもいいと言っておく。
すると、沈んでいた天がちょっと復活。
と、キクがその返答で気をよくしたのか、
サービス精神旺盛になって、なにかできることない?と。
妹ごっことか、娘ごっことか、優弥好みのキクを生かしたサービスをしたいと。


・・・。




私は迷わず
妹ごっこにしますが。


でも優弥断っちゃった。


ちょっともったいない(そういう問題か?






ていうか、
どんな遊びなのか気になります。(いいから



そして、たまに菊菜を見ていて、
亡くなった妹・唯と重なるときがあったり。
そして、菊菜は、昔とは性格が違うようにも感じられたのだ。



別の日。

部屋で暑さによりぐったりしている男女二人、
もとい優弥と天の元に、菊菜がアイスクリームを持ってやってきた。
サラミ味メンタイ味納豆味なんだそうで。
・・・。
うま○棒もアイスになる時代です。
いやすごいな。


んでもって、そんな危険なものを食べることに。



・・・。





・・・・・。






どーん





なんか、すごい効果音がしましたが。
そんな感じのアイスだったと言うことで。

・・・てか商品企画段階で
却下にしろよこんなの。
責任者でてこい。






天の誕生日ということをキクから聞く。
おまけにわーぷあたーっくとかいう新技を食らわされた。



と、菊菜の母親であるめぐさんが出てきました。
うわ。なんか感じ悪そうですね。
菊菜はリハビリをサボっていたようで、
そのことをはじめて聞く。


そんなこんなで、台風が近づいてきた。
こんな時期に?
雨がひどくなり、増水警報まででてくる始末。
と、菊菜がそっちにきていないかと、
一方的な態度でめぐさんから電話が。
来てないと答えると、特に気にしないでくれと言わんばかりに用件を終わらせた。
ちょっとむかつく口ぶりだったが、菊菜がこの雨の中を彷徨ってると聞いてほっておけない優弥は運河へ探しに行くと、そこで見たのは菊菜の杖が水溜りに浮かんでいる光景だった。
これは一大事と思ったが、菊菜は自分の家にいるという連絡を受ける。
どうやって帰ったか疑問をもちつつも、家に帰ってるんだからいいかということで
菊菜捜索終了。




次の日、菊菜から電話が。
これからは病院に行ってるかどうかを携帯電話の位置情報をずっとめぐさんが監視するんだそうな。
厳しくなってしまいましたね。
てかめぐさん、
基本的にヒマなんですかね。

と、キクがいきなりわーぷしてきましたよ。
このわーぷは本物のESP能力だったことが判明。
アンゲロスにいつの間にか寄生されていたようだ。
んでもって、それに名前までつけてる菊菜。
自転車でも名前付けるでしょ?と言うが、普通つけないだろう。
菊菜の友人にはいるらしい。

なに?


台風号とか?



で、流されるまま、優弥のアンゲロスにも名前をつけることになった。

優弥が考えた末、出た名前が



「コスモ菊丸」




・・・




なんかガソリンスタンドみたいな名前ですが、
天からは5点と言う点数がつき、あえなく却下に。

名前の件はお流れとなった。





別の日、菊菜から電話が。
「もしもし、ケンちゃん?」




・・・・。






ほたる!?(何?




それに対し、間違い電話ですと答える優弥も冷静である。
と、これは菊菜のイタズラで、
用件はこれから行くからと言う予約の電話だった。


しかし、すぐにでも現れると思ったが、なかなか現れないので、
外まで迎えにいくことに。
どうやら建物の中に直接のワープは難しいと。
やれやれ、
中途半端なエスパー能力ですね。



と、外に現れた菊菜。
すると謎の男が現れた。
まずい、見られたか!
そう思った優弥は、菊菜を抱きかかえ逃げる。
果たして、男は何者なのか!?


・・・


と、まぁそんな感じで(えらいところで切るな;

○号より強いキク台風でした。

この記事をはてなブックマークに追加

『We/Are*』編:4 ~柚香編~

2006-09-11 | 『We/Are*』編
クラスメイトの柚香です。
ゲーム開始が夏休みなので、
あまり実感が沸きませんが
まぁそういうことにしておきましょう。

夏休み前にキャラクター説明用の日常書き出されても
長くてたるいだけですし(ぉぃ)





夏休みなのだが、部屋のエアコンが壊れ、
学校に自習しに来るハメに。
これも、天との我慢勝負みたいなもんだが。

ん?なにやら学校一の劣等生である天と、
学校一の優等生である柚香は仲がいいようです。
あの人付き合いが苦手そうな天に友達とは
意外な一面です。

・・・でも、なんで柚香は学校に来てるんだろう。



花壇で花に水をまいている柚香を見かける。
声をかけられたので話すことに。
ふと、こっちはこれでもかってくらい暑いのに、
柚香は全然暑くない様子。
あまり汗をかかないんだとか。
ふむ・・・。


と、一日2回決まった時間に水を上げるので、
園芸部は大変だなというと、
園芸部の子から当番を代わってくれと言われたかららしい。
なんでそんなことを・・?
「きっとヒマなんですね、私」
・・・。
うーん。



なかなか面白い子ですね(そんな纏め?







と、この子は天が優弥の家で世話になっていることを
知っているとな。
なので、黙っていてほしいと頼むと、快く了解してくれた。
しかし・・・。

「頭の中を覗かれて情報が漏れてしまったら、許してくださいね」
と。



・・・・。




あなたの頭は
パソコンで出来てるんですか?







と、部屋で天のエピソード。
天が冷たいものがほしいと言うので、冷蔵庫を開けたが
飲み物がなかったので、
めんつゆを渡す。

「めんつゆだけ飲むバカがどこの世界にいるのよ!」

と怒られる。



知らないな。



世の中には



コーラと間違えて飲む人も
いるんですよ。









軍病院前で柚香と出会う。
初の私服姿。
なんか思いっきり涼しそうな格好ですね。(ぇ
と、他愛の無い話をして別れました。
その後、柚香を見ると病院に入っていったようで。
お見舞いだったのかなと思う優弥であった。


しかし、病院の中に入っていった柚香のことが気に掛かる。






というわけで、
学校で自習をし、時間を見計らって柚香と接触を図る。
そして、水撒きとかを手伝うことに。
そのとき、昨日病院に行ってた事を聞くが、検査のために行っているとか。
でも、ちょっと歯切れの悪さに、優弥もますます気になってしまった。




と、帰り際に起こった空襲警報。
今回は長引いてるらしく、上空に戦闘機の姿も。
と、マニト戦闘機からミサイルが発射された。
このままでは駅前に落ちてあわや大惨事になるかと思われた。
しかし、柚香は大丈夫と、上空を見上げ続ける。
すると、ミサイルは軌道を急に変え、東京湾の方へ。

・・・。

あれ、重力は?な感じで軌道修正したことをよく予想できたなと言うと、
柚香は勘だとか言って、その話題を終わらせようとする。
なんか謎めいた感じですね。





今日も学校の花壇の水撒きを手伝う。
空は快晴で雨雲も発生しなさそうである。
と、夜もまた学校に来ませんかと柚香。
なんでも「UFO研究会」(部員一人)の活動なんだとか。





おまえ、
そういうキャラだったのか!?


てか一人で怪しげな研究会作ってるヤツに
いままでロクなのがいなかったんですけど。


ミステリ研究会とか。(何




んで夜がやってきた。
天も一緒に夜の校門前に集合。
しかし、セキュリティが掛かってる学校にどうやって侵入するんだろうと
思っていると、
『ごく普通に』忍び込もうというものだった。

・・・・。

何事も無くドアを空ける柚香。
彼女が言うには、セキュリティが故障しているようで。

この学校は大丈夫なんだろうか。



そしてなんだかんだで屋上へ。
・・・だんだん柚香が何者なのか
気になってきましたよ。


さて、UFO研究会だっけ。
天が手をつないであれをやるのか聞いています。

あれですね。


べんとら~ べんとら~


とか。
じゃなかったら


るーるる、るーるる・・


とか。(だから何


・・・・。

私は
だんだん何かに汚染されてる気がします。


と柚香、

「そんな非科学的なことはしませんよ」



・・・。



あれらの行動を
完全否定!?
(ゲーム違うから




別の日。
UFO探しにこんどは埠頭へ。
しかし、今宵も現れない様子。
と突然、彼女から思いがけないことを聞くのであった。
ちょっと人間離れしてるところはあったけど。


とまぁそんな感じで。

今回の話は長かったけど
落ち着いてました。


いやー、いろいろびっくりな結末でしたな。
クラスメイトで・・・・
いいね、萌える感じだね。


・・・


終わり。

この記事をはてなブックマークに追加

『We/Are*』編:3 ~詩忍編~

2006-08-23 | 『We/Are*』編
さて、大阪からやってきたプチ家出少女?詩忍編です。
お金があまり無いのか、
道行く人に声をかけて泊めてほしいと言って廻ってるようです。
なんか男性ばかりに言ってるようですが、
女性に声かければと思うんですが。
彼女なりのなにかがあるんでしょうか。わかりません。


さて、出会いは飲み屋街で酔っ払いに絡まれているところ、
彼女と目が合ってしまい、逆ナンされるところから始まります。

彼女に押し切られ、今晩泊めることになってしまった。
シャワーを借りた詩忍が、女の子の髪の毛を見つけてくる。
多分天の。
結構目ざとい。
将来は小姑になりそうだ。
彼女がいるのに、行きづりの女を・・・とか
強引に押しかけてきた割によく言いますね。
・・・。
なんか、
この子の将来像が安易に想像できてしまうのが
恐ろしいです。




東京湾で魚釣りをしている詩忍。
東京湾は浄化プロジェクトが進んでいて、一応泳げるまでには
綺麗になっていると言うのだが・・・。

でも東京湾って聞くだけで
なんか変なものしか釣れないような
気がするんですが・・・。



買い物に行こうとしたらアパートの前に詩忍が。
寝かせてくれ~と。
理由を聞くに、昨日性懲りも無く同じ手段で大学生のお兄さんのところに止めてもらおうとしたが、
襲い掛かられそうだったので、一晩中逃げてたんだってさ。

やれやれ・・・;


と、数時間熟睡し、トイレを借りる詩忍。
目ざとく2本の歯ブラシやら洗濯物の中身を見られます。
・・・。
やっぱこの子の将来は確定されたようなもんだ。



と、詩忍が優弥の学校を見たいというので連れて行くことに。
校門の前で手を繋ぐと、詩忍は照れだすが、
繋いでないとIDカードを持っていない人間が、校門のセンサーに
引っかかってしまうとのこと。
学校もハイテクになりましたね。
まぁ、これも過去に起こった事例対策の結果なんでしょうが。


と、入ったらクラスメイトの熊野柚香と出会ってしまいましたよ。
何気に苗字がごついですが、綺麗な女の子ですよ。
詩忍が恋人だとかでたらめを言ったら信じてくれたようで、
とりあえず、先生には黙っておいてくれるとのことでした。

・・・でも、詩忍のことをちょっと知ってるようで?



優弥のクラスに行き、となりの席に座る詩忍。
クラスメイトだといろんなことできるよね~と妄想を膨らませる詩忍。
というわけで、転入して来いと言うが、
詩忍の学校は女子校では?

「優弥なら女装すれば絶対バレないよ」



・・・。



リアルに「おとボク」やれってことですか?(何




またしても電話で呼び出され、
水着着て入れる温泉に連れられた。
水着姿をほめなさい!と言うので、
とりあえずスタイルいいなーと棒読みで褒めておく。

優弥・・・・。
天のおかげで最近基準が変わったのかもしれない。
あと、優弥の突っ込みのレベルがあがった。

帰り、元気が放電され尽くしたと言う優弥に、
抱きついて充電とか言う詩忍。
元気でた?と。
そんで曖昧な返事をしていると・・・

「あたしのムネで元気になりなさいって意味じゃないよ?」



・・・。


それは別のところが?(ぉぃ)



でもせめて


柚香サイズになってから
言ってください
(いいから)




軍病院へ詩忍の付き添いで軍病棟に行くことに。
しかし、門前払いを食らっているようで。
いったんは引き下がるが、詩忍はなにかやるつもりのようだ。
・・・・。
巻き込まれたくないので、
聞かなかったことにしたいが(汗


と言うわけで、軍病棟に忍び込むという
強制的な彼女の作戦に付き合うことになった。
勘弁してくれ。
そして、そこで分かったのは
衝撃的な真実だった。



・・・。




感想。


夏蓮に続き、
連続、振り回されたお話でした(汗

この記事をはてなブックマークに追加

『We/Are*』編:2 ~夏蓮編~

2006-08-18 | 『We/Are*』編
はい、ではまずは年上キャラクターから言ってみましょうか。
いつものように。


海上自衛隊で働いてるって言うのに、
トップシークレット事項などを屈託も無く話してくれる。
要は情報漏えい者。


そして、何者かに命を狙われているとか。



そりゃ消えてくれたほうが相手どころか
日本の平和が守られそうだ。
でも、消すのはなんなので、
捕獲して口チャックぐらいにしておきましょう。

ね、問題解決(してない



この人とは、路上でバイクが止まって立ち往生していたところに
声をかけて見たところから出会います。
なんとかバイクを彼女の家まで押して歩くことに。
で、その後に晩酌(?)に付き合わされることになり、
マニト共和国の戦闘機は無人で動いているとか
そんな機密情報を軽々しく口にしたりして、
彼女は酔っ払って寝てしまいました。


しかし、無人戦闘機ですか。

なんかギャラクシーエンジェルの無人戦艦みたいですね。
落としまくっても後腐れなしって感じで。



ある日、道端で出会い、バイクの後ろに乗せられ
旧首都高速の爆走に付き合わされる。
で、夜になり一段楽したところ、
この前のお礼とそのときに寝てしまったことを謝られる。
で、次はいっぱいサービスするからと言われるが、
社交辞令で気にしないでくれと言う。
すると年上は嫌い?と聞かれたので、
「そんなことはない」と言っておく。




本当は若い方が好きと答えたかったが。(ぉぃ)




仕事場へようこそ
と言うことで、夏蓮につれられ、仕事場につれてこられる。
見るのは大きな船。
これでマニト共和国からの無人戦闘機をサルベージしてるんだそうな。
要は廃品回収。
と、そんなまたしても機密情報を聞いていると・・・。


なんか別の人から銃を向けられてます。
主人公大ピンチ。

と、そんなことはお構いなしに
彼女は同僚の朱美だとか、この子は年下の彼氏とか
のんびり紹介しています。
勘弁してくださいよ;


とまぁ、民間人がいるところじゃないので、
早々に立ち去るように言われたので、とっとと退散した。
・・・・夏蓮がまだなんか言ってたけど気にしないことにする。
てか、この人と一緒にいると
命がいくつあっても
足りなそうだ。



別の日、
夏蓮が自衛隊に入った理由を聞くことに。
代々自衛隊をやってきていて、
祖父が陸自、父親が空自、そして自分が海自と分けているとか。

なんかどっかの小学生の防衛隊みたいですね(何?


と、なんか夏蓮にからかわれっぱなしなので
仕返しをたくらむ優弥。
そのときも冗談だったのだが、
約束したキスはいつしてもらえるのかと言ってみる。
すると彼女は赤くなって、そこの茂みに行こうかと言い出す。
なんでキスだけで?というと
キスだけじゃ我慢できなくなるからと。



・・・・。



すみません。



これPS2なので、
節度は守ってくださいね。






と、夏蓮から電話。
・・・なんで携帯電話の番号知っているのか気になるが
出てみる。

と用件は家にいるかのことで、
もうアパートの前に来ているらしい。

・・・・。

な、なんで家の場所まで!?
今部屋にきたら、大変なことになりそうだ。
なんかいるし。


・・・。


あ、天まだいたんだ。



と出てこれないかと言うことで付いていくと・・・。
なんかホテルのプールにつれてこられた。
まぁ、特に何も無かったんですが、
夏蓮と朱実の関係を聞くことができました。




夏蓮の家へ。
夏蓮の手料理を御相伴にあずかる。
メニューはカレー。なんかイチゴ入り。

・・・。


うまいのか

だれか作ってください(頼?



歩いていると
朱実さんが夏蓮と連絡が付かないと声をかけられる。
そういえば、最近なにかにつけられてるようなこと
言ってたし、まさか・・・。
と、夏蓮から携帯に電話が。
助けて~と言う内容だったが、
場所は護衛船の中だったようで。

夏蓮は船が苦手だったということが初めて判明した。

・・・。

大丈夫か海自隊員。


と・・・


変なのが後をつけてたり。


・・・。



なんか
スローモーションで
拳銃の弾を避けそうです。
(どんなやつじゃ




夜、夏蓮に呼び出され、いつものごとくバイクの後ろに乗せられ、
一休みと言うことでいつもの埠頭にやってきていた。
そして、なんか夏蓮のことが気になっていることに気づき始める優弥。

そんなとき夏蓮からの伏せて!!という言葉の直後、
発砲が。

マニトの工作員だって?なんでそんなもんが!?
 




と、なんとか倒すことに成功。
おかげでESP能力は夏蓮にばれたけど。
でも内緒にしてくれると言うことでよかったよかった。


・・・・。


・・・って信用ができないんですけど(汗
漏洩がすごい心配です。




ま、そんな感じで、
夏蓮の正体に驚きつつも、
終始振り回されっぱなしのお話でした。


うん、
オチも夏蓮らしかったとか

そんな感想。

この記事をはてなブックマークに追加

『We/Are*』編:1

2006-08-07 | 『We/Are*』編
西暦2026年

季節は一学期の終業式が終わった直後夏休み。

今年も平凡な夏休みを過ごす計画でいた主人公・綾瀬優弥



しかし、その日の夜。
クラスメイトの朝霞天が自殺しようとしていたところを助けたところから
物語は始まります。
話を聞くに、彼女はESP能力の持ち主で、
夏休みが終わったら強制徴兵されることが確定されていた。
さらに自分のESP能力である予知能力で、
徴兵に行った後、生きて帰ってこないという未来を見てしまったと言う。
だから自殺しようとしていたのか・・・。

さらに、優弥自信にもESP能力が覚醒されてしまったようで、
発覚すれば、自分も徴兵を命じられるため、黙っていてもらうことに。
死なせてくれなかった責任と共に、なんだかんだあって、
一日だけのはずが、夏休み中部屋に居座られることになりました。

・・・ってな話。




舞台は2026年ということで。


LeMUは再建中ですね(ゲーム違うし


この時代では米国とマニト共和国との戦争の真っ只中だそうで。

日本は直接的に参戦はしていないものの、お互いの国の通り道ということで
巻き添えを食らう形に。

・・・損な役回りだね。

戦争なんて、日本には無縁の存在と化してしまってるのにね。
未来になったらかわるんでしょうか。

まぁ、そんなこと言ったら
今の時代もリアルにミサイルが飛んでいる
時代ですが。(ぉぃ)


さて、ここは首都の機能をなくした東京府。
ここに主人公が住んでいて、この話の舞台となるわけですね。
ちなみにこの時代の首都は群馬県に移ってます。


そして、この地球には一つ変化も起こってます。

火星が地球の衛星になってます。



・・・・




んな無茶な。


だって、あの星の大きさ地球ぐらいじゃなかったっけ?
日食が起こったらどれだけ暗い時間が続くんでしょうか。
気になります。





まぁそんなわけで、火星が衛星になってから不思議なことが起こり、
そのマニト共和国っちゅうわけのわからない国がある島ができたようで。
そして、ごく一部の人間にESPという超能力まで備わるようになっていた。
なんか、火星人の侵略というオチに持っていく気でしょうか。


ま、それはすすめながら確認します。
でも、


そんなオチには絶対にならないとすでに思う。






さて、この夏休み、一体どんなことになるのやら。


とりあえず、


女の子に押しかけられまくる
優弥の夏休みの始まりです。(どんな夏休みだ






あと、気になるとすれば、
この時代では天気予報の他に空襲警報とかもやるようです。


・・・



天気はともかく、
空襲は人為的なものではないだろうか。




戦闘機でもサーチしてるんでしょうか。





富士山レーダーで?



気になるところはありますが、
プレイ日記スタートです。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加