YSK-BLOG

つぶやきまとめと通常日記を行うブログ

『_summer』編:7 幼馴染の立場って大変だなと毎回思う。

2007-06-18 | 『_summer編』
小奈美編。
他のルートでは主人公に気があるのは目に見えてるのに、
他の子と付き合うことを打ち明けられて、
よかったねと笑顔をみせるが、どこか寂しそうな顔をしてましたね。。。

その後、信乃につれられて主人公の前から
一時消えるんですが、
おそらく泣いていたんじゃないかと思うと
毎回心苦しいですね・・・。


いや、もしかしたら裏で
ウサギのぬいぐるみとか
ドスドスやっていたかもしれませんが。


・・・。



ないな。





そんなわけで、今回は
ようやく苦労が報われる話になりそうです。






匠達の家には母親がいないので(父親はどっかに飛びまくってる)
朝食はいつも小奈美が作りに来ることに。
実際には夕飯も担当するのだが。
要領がよく、家事が板についている感じ。
良妻賢母ってやつですかな。


小奈美はかもめのグッズを集めているらしい。
どこに売ってるのか非常に気になるのだが。
近くの観光名所のお土産屋とか?



昔から日記をつけているという小奈美。
新しい日記帳を探している。

しかし、いったい何が書かれているのだろうか。
基本的に日記って基本は一人でつづるもんだけど、
最近ではオンラインで書くのとかもありますよね。

3日坊主がすぐばれる。(ぉぃ)




匠の服を選んできた小奈美
独特のセンスで選ばれた奇抜なデザインのTシャツ。
そして名前まで書き出した。
しかも"たっくん"と・・・。
いや、ほんと
流行に鈍感なお母さんみたいですね。
てか、「たっくん」って名前じゃないし。



小奈美はタコが苦手だそうで。
ま、そうなった原因は匠なんですが。

でもたこさんウインナーは好きだそうで。

なんだそりゃ;

そして・・・

夕飯にタコさんウインナーが山盛り。


・・・。


小奈美によるタコの逆襲?







小説を読むのが好きな小奈美。
しかし、それを知らなかった匠は
なんでも知ってると思っていたのに、
すれ違いがあり、なんか一人物思いにふける。




とある日に見た夢・・・。
なんだかこういう話って
何気なく見た夢から膨らんでいくってのが
多いような気がする。

千輪に夢の意味について聞いてみる。
と、役に立つ情報をなんとか入手したが、
その後、同好会への勧誘の話に。
今なら昔、母親も売っていた藁人形もつけると。

・・・。

お前の同好会は地獄通信か?





七夕はみんなで集まることに。
天気ははれているようだ。
リアルだとほとんどが曇ってるんだよなこの時期。
梅雨空けてないし・・・。(関東の話)



そして、大人になるにつれ、今までの関係が
維持できなくなる不安・・。

そして、できれば
ずっと続けばいいなと思う気持ちが
よく現れるようになる。



この学校では体育教師兼生活指導の先生が厳しいらしい。
結構女子の髪の毛とかもうるさいんだとか。
でも、私的に見れば髪型は十分自由だと思うんですが。
リボンは大きいし、髪留めがおっきな十字架だったり。
極めつけは髪の毛が青いとかそういうこと?(ぉぃ)





試験突入。
幼馴染メンバー4人の内
75%が一夜漬け。





幼馴染ルートでよくある昔の出来事を思い出す。
主人公は忘れてるが、相手は覚えていたというパターン。






いつものメンバー+沙奈千輪と海辺で肝試し。
早速はじめましょう!と張り切ってる様子の沙奈だが、
おまえ、怖いの駄目だったのでは?
おまけに情けないなーお兄ちゃんはといわれます。

・・・別ルートで怖い話の夜に一緒に寝ようとか言ってた
自分のこと棚に上げてよく言うぜ。





そんな感じで、小奈美とは過去にちょっとした出来事があったことを思い出した匠。
そして二人は長年の想いからようやく結ばれることに。

真実を聞いて思ったことは、
こりゃ他のルート行ったら小奈美からみると
すごく切ないなと思ったそんな結末で。。。。

この記事をはてなブックマークに追加

『_summer』編:6 義妹は○学生?

2007-06-17 | 『_summer編』
沙奈編

はい、妹キャラ入りました。(何

匠の義理の妹という沙奈。
年の割りにめちゃくちゃ子供っぽいです。
純粋無垢って感じですね。

個人的に妹キャラは
なんかすごい久しぶりな気がします。


そして、この子はちょっと困ったことに、寝起きが悪いようです。
久しぶりに鼻ちょうちんつけるキャラを見たような気がします。





そんなある日の学校の帰り。
偶然沙奈と出会い、一緒に帰ることに。
なんか沙奈は兄と一緒に帰るのがうれしいらしいですよ?
とても良い子のようです。


「へへ、プリン買ってくれる気になっちゃう?」

・・・。

そしておねだり上手。

そんな沙奈に
匠は調子に乗るなみたいなこと言ってましたが・・・


自分だったら
即決で買ってあげちゃいます。(ぉぃ)





学校で肝試し(というか怪談話)をした後の夜中。
部屋の前までやってきた沙奈。
怖くて寝られないらしく一緒に寝てほしいとな。

匠は今日だけだぞとか言ってましたが・・・



自分だったら
二つ返事でOKしちゃいそうです。(ダメだコイツ






ところで、沙奈が寝巻きにしているYシャツ。
あれ、大きめだから上のほうボタン閉まらないのかなと思ってたら、
ただ止めてないだけみたいですね。

そんなの、実際だったら胸元がちらちらして
お兄ちゃん、興奮しそうです(ぉぃ)




沙奈はピーマンが嫌いのようで。

わー、子供が嫌いな野菜ランキング上位
しっかり抑えてるじゃないですか。

・・・なんか、だんだん沙奈が○学5年生ぐらいに見えてくるんですが
私の気のせいでしょうか。

と、小奈美にあ~んって食べさせられて、食べられるようになったようで。
こうしてもらったら食べられるかもと。

なんて現金なやつ。


そして、その矛先は

「おにーいちゃんっ♪」

・・・



その後、食べさせたり、食べさせられたり・・・
あー、でもこれぞ理想の幸せな食卓だなww(やめんか)








珍しくまっすぐ帰宅する。

早めに帰ってきたためか、
誰もいない沙奈の部屋を覗く。

散らかし放題らしい。


で、暑いからシャワーあびっかと風呂に行くと






入浴中の沙奈とご対面。




・・・。




・・・。



同居名物
お風呂場での遭遇ですね(何)


しかし、大変です。
これじゃ、お風呂覗く感じになったことがきっかけで、
この先二人の関係が気まずくなってしまうとか・・・

沙奈ルートはそんな寂しい話なんですか・・・。

そんなのやだ!
匠、早くその場を離れるんだ!!


そんなことを考えていると



「おかえりなさい」


・・・沙奈は動じてないようです。

そのままそんなお互い気まずそうなしどろもどろな会話を続ける二人。
こ、このままじゃマズイ。
早く出て行かないと完全に嫌われてしまうぞ。


そして、次の瞬間!





「お兄ちゃんも・・・いっしょに入る?」
うん、はいr(殴)


・・・思わず神の声が返事しかけました(ぉぃ)




風呂から出た後、
まぁ見られてもお兄ちゃんだから平気とか
そんな破壊兵器みたいこと言ってましたけど。

でも、わざとは駄目だからねと念をおす沙奈。


沙奈、
そんな妹相手にわざと覗きなんかしませんよ。



そんなことするくらいなら


堂々と一緒に入ろうと言i(殴)









ある日の夕食の時間。
沙奈が見たいテレビがあるらしく、
食事をさっさと終わらせる。
なにを見るか知らないが、一緒に見ることに。
はやくはやくとせかす沙奈に歌とかCMとかあるだろうがというと、
CMないとか。

・・・

NHKですか?
ニュースは見ないとして、教育テレビ・・・


沙奈の持ってるぬいぐるみ「たぐぞーくん」の番組でした。




昼に焼きそばを作り、青海苔の代わりにしそを入れる。
沙奈はしそもだめなようです(汗)
・・・・あれ、嫌いになるものか?



帰りがけ。
沙奈千輪が買い食いしているところを見かけ、
食べてるものを一口もらうことに。
沙奈のは金時豆のカキ氷と思ったが、
氷プリンだった。

・・・なんだその
得体の知れない商品は。

・・・本当にあるの?





沙奈との七夕。
母親のこと、そして知り合ったときの
あの頃を思い出す
二人っきりの七夕・・・。






沙奈が風邪を引きました。
これは大変。
お兄ちゃんが力にならなくては。

なので、帰ってきたら沙奈の大好物である
プリンの中でも奮発した生クリームプリンを渡したり、
タオルを冷やしてあげたりといろいろ世話をする。
昔、母さんがやってたときみたいに・・・
沙奈も回復してきたようでなにより。
すると、沙奈からもういっこお願いがあるとか。

なんでしょ?
プリンを「あ~ん」して食べさせてほしいとかですかね?
でも、それは前の夕食でやったし・・・





「・・・・身体、拭いてほしいな」





・・・。





あのーすみません。


いままでそんなお願いしてきた妹には
出会ったことないんですが。




ま、
まぁ背中は届かないしね。(動揺?)



ということでやってあげる。
ちょっと理性との戦いですけど。





で、なんとか終わった。
ふぅ、やれやれ。


すると・・・



「ま、前も・・・」






沙奈・・。







お兄ちゃんを
倒卒させる気ですか!?







いや、もうやってあげちゃうけど

もうなにがなんだか(壊)



なんだかんだで拭き終わり、着替えさせることに。
ようやくここで、沙奈が寝巻きに使用していたのが
お兄ちゃんの着古したYシャツだということが分かる。
しかも無断で拝借していたようだ。


そのうち裏モードとか
発動しないか心配です。(何)






そんなこんなで、沙奈を意識しだす匠。



そして、俺はもうダメです。










テストが近いので、
4人が集まって勉強しているところに沙奈も加わる。
と、昔の夏休みの課題とかドリルの話に。
そんな昔の持ってないだろと思ったら、小奈美は持っているようだ。
さらに沙奈も持ってるとか。

それってただ単に
片付けてないだけではないだろうか。




小奈美が用事でご飯を作りに来られないという。
うーん、困った。
すると、沙奈が作ると言い出す。

・・・更に困った。

それはありがたいのだが、
妹が料理するって聞くと
なんか不安なんですが。




沙奈に好きな人が?
マスターの話もあって、
兄離れしていくんだと実感する。。。
そして、沙奈のほうも
いつもでもお兄ちゃんに甘えてばかりいちゃいけないと思ったそうな。

妹もついにひとり立ちか・・・


と、そんな寂しい心境のとき、
沙奈がやってきた。


「耳そーじしてっ」


・・・。

あれ?



そして膝枕され、
気持ちよさそーに包まる沙奈・・・。
ぱんつが見えても気にしません。







沙奈が調理実習でお弁当を作ったとか。

さぁ、どうなることやら。

でも一応味見はしたようで、沙奈的の出来を聞く。
すると沙奈は満面の笑みで

「うん、次はがんばる!」



・・・。




正直でよろしい!(ヤケ?

でも食べられない程ではなかったので
よかった。


・・・

どうでもいいが、
なんかシスプリでも
同じことやってたような気がする。






沙奈がちいさい胸で悩んでるそうな。
今更そんな(殴)
千輪にフォローを言わせれば、そういうのも好きな人がいると。

「・・・ま、変態ですけど」



・・・



じゃ俺、変態!?(ぉ






夏休みに。
沙奈が小奈美の変わりに
ご飯を作ると躍起になっている。
好きな人がいるのに、そんなそぶりも見せないし、
どんな心境の変化があったのか
分からない・・。


沙奈に恋をしていると気がついた匠。
そして、お互いの気持ちを伝え合って、
二人は兄妹の関係から
恋人同士になりました。

よかったよかった。

さて、問題は
こっから廻りにどうやって言うかなんですが。。。




停電になってクーラーが効かないため、
風呂場で水遊びする沙奈。
そこで着てたのはスクール水着
そして、これは嫌い?とか聞いてくるが、
好きも嫌いもあるかと・・・


でも私は大好きです。
妹が着ているならなおさらおk(殴



泳げない沙奈のために特訓をすることに。
妹は泳げないのもステータスなんですかね。



さぁ、お祭りで
沙奈と付き合うことにしたことをみんなに公表
みんなの反応は・・・。

細かくは割愛しますが、
信乃の色々言いたいってのが
すごく気になるんですが。





ていうか
義妹でも
いいじゃないかっ!!
(ぉぃ)





って感じでおしまい。

理性がなんどか飛びかけました。

そして・・・




これは本当に
プレイ日記なんですか?

この記事をはてなブックマークに追加

『_summer編』5:巫女さんって以外に暴力的なんですね。。。

2007-05-20 | 『_summer編』
実はもう1人の幼馴染がこの匠にはいました。
正確には小さい頃からつるんでる感じなんですが、
そんなちょっと男勝りで強気な性格の信乃いってみましょう。

しかし、怒ったときに言う
ぺっぺっぺーだ
ってのはすごい表現だと思う。

100年の恋もさめそうだ。




そんな感じの信乃編。
信乃は匠も含めた幼馴染4人組の内に入る。

さて、いままでも他のキャラをクリアするときの小奈美の表情が
なんか痛々しいんですが、それが今回はさらに拍車が掛かりそうです。
信乃もどんな気持ちになるんでしょうか・・。





信乃が茶道部に入りだす。
面白そうなのでその様子をしょっちゅう覗くことに。

そのことがいつものメンバーに知られ、
匠はお菓子目当てできている事にした。
もっとも、邪魔しに言ってるだけなのだが。
「お菓子といっても食べたうちに入らないだろう?」
と、ちょっと疑うフナムシ。
なので、正直上手かったというと、
ポテチより?と聞き返される。

フナムシのなかでうまいお菓子は
ポテチなんでしょうか。

まぁ、化学反応を示す紙を
リトマスさんという人名と勘違いしている時点で
ダメだコイツと。





進んでいくにつれ、
だんだん匠と信乃の関係がぎこちないものになってきましたよ。

しかし、長年一緒にいるのに
あるときを境に変化しだすって、不思議だよね。


朝、寝坊したフナムシを待つ。
ちょっとした一言でおかしな雰囲気になったので、
スイカ食べてくればよかったと話題を変える。
なんか田舎から送られてきたと小奈美は言っているが
ここも田舎では。


というか、信乃がちょっと壊れ気味。


フナムシ、よくいらんこと言って殴られてるけど、
いい加減気づかないのかね・・・






はっ! 








もしやM!?







信乃が千輪に占ってもらっていた。
どうやら恋愛がらみの占いのようだ。
内容を廊下でそんなつもりはなくとも立ち聞きしていた匠は、
信乃が出た後に、千輪にさっきの結果って当たるのかを聞いてみた。
しかし、千輪は久々のお客さんだったので
「サービス、サービスぅ」
と。

何年前のネタだ。

ていうか、千輪はどっちかというと
「バカばっか」のほうが
近い感じがするんですが。(だれも知らんわ)






七夕の話


好きな人のためなのか、
だんだん変わっていくような気がする信乃。
その好きな人とは誰なのか、匠は分かっていない。


プールの授業がある際に、水着を下に着てくるやつがいるよね。
信乃がそう。

でも、そういうのに限って、
下着を持ってくるのを忘れるてのも
よくある話で。


しかし、信乃ルート
フナムシのエロモードが3割り増しのような気がする。




小奈美に憧れ、少しでも近づけたらと思う信乃。
好きな人のために無理しているんじゃないかと思ってる匠。
そして、好きな人の相手は誰なのか、
まったく気がついていない匠。

最終的にはフナムシと
落ち武者マスターに分かりやすく諭される匠。
んで、ようやく分かったようだ。


なんだろ、この展開。






夏祭りの準備
神社を継ぐ担がないかという話。
というかむしろ匠の進路についての悩みかな。
んで、なんだか神社の後を継ぐとかそんな感じに。
でも、信乃の小奈美に近づくため無理をしていたこともあってか
お互い無理せず、やっていこうといったところか。

まぁ、丸く収まって、

とにかく





よく殴られたルートでした。






まる。(ムリヤリなまとめ;)

この記事をはてなブックマークに追加

『_summer』編:4 妹の友達は神出鬼没

2007-04-22 | 『_summer編』
次は千輪です。

沙奈の友人ですが、
物静かかと思いきや、
突拍子もない行動をとったりと
性格がつかみづらいです。

そして、悪気はないんだろうが
はっきりいって口が悪い。


まぁ、美少女の毒舌は
時に快感を与えますからな。

そう思う輩もいるかもしれない。




いや、俺じゃないよ?



さて、
いったいどんな話になるんでしょうか。








占い同好会に連れて行かれる。
「占い同好会」というプレートが手書き。
なんか倉庫みたいなとこに作られてますが、
無理に借りたんじゃないだろうな。。。

しかも一人でやってるんですか。
おまけに生徒会から立ち退き要求も出ているとか。



・・・。



んじゃいまから

署名アンケートでも
配りにいきますか
(やめんかい)









別の日、
今度は自ら、千輪の占い同好会部室に行ってみる。

でも留守だった。



部活勧誘にでも行ったのかな・・・




はっ!?



本当に署名アンケートで
貶めに行ったとか
(もういいから)






なんとなく、千輪のことが気になりだした。
ちょっと情報が欲しいな。
そして夜、
沙奈の部屋に行って千輪ちゃんのことを聞くことに。


気になる女の子の情報は妹から入手するのが
恋愛ゲームの基本です。(何)


それによると、千輪はクラスでは人気者。
そして両親共働きで、普段家には誰もいないんだそうな。
同好会は最近楽しくて、行く回数が増えたということを聞き出した。

なるほど・・





で、好感度は?


表とかないの?(知らんわ)









千輪が通りすがり占い結果を報告しに来た。
しかし、その結果は千輪が奇行に走り招いたものだった。
注意しようにも部活を意図的に休みにしたりとうまくいかず。


なので朝、沙奈を迎えに来たところを捕まえるため構えていた。
しかし、声はすれども姿は見えず・・。
・・・お前は忍者だったのか。

なかなか千輪を捕まえることができない。
千輪をまっとうな人間に戻すため二人の戦争がはじまった。
いったい何を考えているのか。
そして、まっとうな人間だっかたはさておき。



とりあえず、
今回のトゥルーラブシステム(何)適用の
沙奈に聞いてみよう。


帰り、校門で沙奈を待つ。
兄を発見してうれしそうに近寄ってきた沙奈に待ってたというと
とてもうれしそう。
あーもー、
これだったらもう
毎日でも帰り迎えにいっちゃいますよ!!(ぉぃ


と、話がそれてますな。
今回はその話じゃありません。



なんだかんだで千輪と出会うことができた。
千輪の提案で勝ったほうが言うことを聞くという勝負をして、
千輪の奇行をやめさせようとする。

駄菓子屋で子供達になつかれてる千輪を見つつ
イン○ーダーで勝負をする。
こっちが勝ったら奇行をやめること、
そして、千輪が勝ったら付き合ってくださいと・・・。


そして、千輪が勝ったが
付き合うとかってそんな賭けの対象としてはいけないと思い
拒んだら、千輪から恨みを買うことに。
家の前とか学校の机の上にわら人形が。

そのうち赤い糸とかついていないかよく見ないと
地獄に流されそうです。(何)



でまぁ、なんとか
いきなり返答はできないから考えるってことで。
千輪本気だったみたいだ。

いつフラグ立ったのか知らないけど。



自分に興味を引いてもらうため、いろいろ試す千輪。
とりあえず、呼び方を考えているようだ。

千輪の「お兄ちゃん」呼び





うん、
まだ沙奈には及ばないな。(ぇ







マスターの店に行く
ところでこの店の名前なんだっけ?(ぉぃ)

すると、そこにはフリフリエプロンを装着した千輪が。
なんでも、雇ったそうで・・・。


でもやっぱりちょっと無愛想な接客態度・・・。



なにこのツンデレ喫茶。




また違う日にマスターの店に何気なく行ってみる。
バイトで千輪が入ってきたら、マスターは用事ででかけるので後よろしくと。

ぉぃぉぃ。

でもマスターの話では、かわいいウェイトレスとの夢時間を
すごせるぞとか説得される。
しょうがない、がんばるよ。
「Piaキャロット」のために(違)

ちなみに店の名前は「落ち武者」ですw



後々、ストーリーにも衝撃の事実で語られますな。



店が繁盛しているようで、成り行きでバイトすることに。

それにしてもいろんな客がいるもんだ。
注文に千輪ちゃんお持ち帰りでとか
俺が思ってることを素でいう客とか。
そんなこと言った日にゃ
確実に連行されそうですが。

とりあえず
「・・・マスター、お客様お帰りです」
の切り返しにはうけた
俺も言われた(ry


まぁそんなこんなで、
千輪との関係は幸せだけど、
ちょっと先が思いやられそうな
そんな感じで締めくくられました・・・。



千輪から好きになった理由を聞くんですが、
なるほど、そういうことだから
今までそういう行動とってたわけなんだと
わかります。





しかし、それを聞いた後で思うことは・・・





沙奈はダシに使われたんですかね?(ぇ

この記事をはてなブックマークに追加

『_summer』編:3 噂の先輩との出会い

2007-04-15 | 『_summer編』
さて次は先輩でもいってみましょうかね。
しかし、一回やった限りでは全然出てこなかったんですが。





校舎裏で何かを燃やしている若菜。


・・・。

火事だー!!

てなことになりかねないんで、
校舎内で火遊びはやめましょうね。

いや本当に。



とりあえず、なんとなくお嬢様・・・いや、噂ではそうなっていたか。
なんか言葉遣いが古臭いというか、古風な男子が使っているような
丁寧ななかに男らしさというかそういうものがある感じ。
第一印象ではそんな感想。





先輩にラブレターを燃やすことを注意する匠。
想いの篭ったものをそんな風に捨てないほうがいい・・・って


あのー、


校舎敷地内で
火を使っているほうを
注意すべきでは?







なんか先輩同様、というか先輩よりすごい時代錯誤な喋り方をする女子と出会う。
ヤツは何者じゃ?(真似するな)

と、ヤツは由乃といって、
先輩の付き人をしてるんだそうな。
しかも後輩。えらそーなやつだ。
しかし、こいつらは時代を1世代ぐらい間違えて生まれてきたのではないだろうか。


とまぁ、なんだかんだで、
一緒にいることが多くなってきた。

約束の時間に遅れていくと
若菜先輩からお説教をされてしまう。
なんでも大旦那から時間には厳しくしつけられていたという。
それだけあって時は金なりとか説教が続く。

なるほど。だから
遅刻したら罰金が
確定されるわけですね。
(何)



沙奈が作ったというお弁当で昼食。
2重の弁当箱だったが、
両方日の丸弁当という失敗をやらかす。
それを帰宅後、沙奈にいうとごめんねと謝ると同時に
梅干入ってたからよかったねと。


その発想はすげー。
ここは戦時中か?









若菜の家。

外は和風なのに
部屋は洋風なのなんでだろう?(古)



いろいろあって、自ら謹慎に入ったという由乃。
匠と若菜との待ち合わせを、若菜のことを思い、二人を引き離そうと
嘘をついた件があり、結局はなんともなくなったが、
本人はそうとう反省しているようで・・・。


でもそれってある意味
ずる休みじゃないですか。(ぉぃ)





匠と若菜が文通形式でお互い手紙を書くことに。
口でいえないことでも文にすれば言い合えると思ったからだ。
早速書いてみるが、どことなく恥ずかしい文章になってしまう。
とりあえず書きあがったので、渡すまで隠すことに。
そうそう、家族
特に妹なんかに見られたらやっかいだからな。

沙奈=ラスボス



若菜に勉強を教わるために部屋を片付ける。
特に男のファンタジーゾーンは念入りに。(ぉぃ)



そしてなんだかんだと
複雑な出来事もあって・・・。
その中で
詩乃「どうして男ってこう鈍感なのかしらっ!」
とか言ってたような気もしますが、
それは主人公だけだと思います。
こういう主人公は多いよね。

まぁ、よき幼馴染がそんな匠の背中を押した感じで、
丸く収まりました。


うーん、なんだか
いろいろ曲がりくねった道を進んだような
物語でしたな。









あと気になったのが







最後の場面が夏服なのは
仕様ですか?


この記事をはてなブックマークに追加

『_summer』編:2 生徒と教師

2007-04-15 | 『_summer編』
さって、日向子先生でも行きますか。





既にあまりやる気がないんだが。





そんな先生は世界史教師。





だからなんだって訳でもないんだが(んじゃ言うなよ)







何でも占いの結果を信じてしまう日向子先生。
クラスの可愛い子と制服を交換しないと不幸になるという結果でも出たのだろう、
小奈美と信乃と教室で制服交換を求める。
いい大人なんだから場所を考えろと思うのだが、聞かないようだ。
だれだ、こんなのに教員免許交付したやつは。

むしろ先生は制服じゃないことにつっ(ry






ところで、日向子先生の愛車。
愛車といっても自転車なんですが、名前が
「りんりん日向子号」

どこぞでは「まるぴん」って名前付けられてる車があったな。
今は女性教師のあいだで
愛車に名前つけるのが流行っているようです。(違)




先生の実家は比較的裕福だったようで、
いろいろいわれて育ってきたため、
たくさんの人に迷惑をかけてきたと。
で、教師をめざすことで自立を決意したんだそうな。


そんな教師は
役に立たないものを買いあさる
通販オタク。





教室が暑いからって
授業中に溶けている日向子先生。
この人は教師としてやる気があるのだろうか。




既にこっちはやる気なしだが。(ぉ





そして、



だんだん沙奈を起こすイベントが
簡略化されてきました。
(関係ないっての)






七夕。
教室に日向子先生が笹をもって登場した。

「お願い事を記入~」

・・・。


ここは小学校か。



しかし、短冊に願いを書いても
かなうのは16年後だよ。
どっかの誰かが言ってたような気がする(何)

と、日向子先生。
お願い事をすることは、自分と向き合う作業で、
がんばろうって思っていることを書くことで
スイッチが入り、やる気がでませんかとか
そんないい話をしてました。


なんか教師みたいなセリフですね。



あ、教師か。






で、先生はなんて書いたかというと・・・

「錬金術が上達しますように」



・・・。


もう、アニメでも見て
勉強してください。









と、家に帰ってきても七夕の飾りつけ(笑)

沙奈が熱心に願い事を考えてます。
ようやく思いついたようで、
小奈美お姉ちゃんみたいに胸が大きくなりたいとか。

・・・。

ああ、沙奈も子供っぽい妹だと思ったら、
いつの間にか年頃の女の子な願いを
持つようになったんですね・・・。








でもお兄ちゃんは
ちょっと控えめが大好きです。(いいから)









遅刻しそうになって走っていると、
りんりん日向子号に乗った日向子先生が現れる。
と、昼休みは学食に行かず、教室に待機しててとの事。
そして、待ってなかったらその時点でマジで赤点にするとか。
結構効く脅し文句だが、

それって職権乱用ではないだろうか。



で、昼休みに先生がやってきた。
なんでも荷物運びのお礼でお弁当を作ってきたとか。

ちょっと恐縮。

しかし、ここで信乃からとんでもない一言が。

「先生って、料理苦手じゃないんでしたっけ?」

・・・。

まじっすか。


赤点と
先生の弁当を
天秤にかけなきゃなんないんですか!?

まぁ、予想はしてたけどね。

予想に反しうまく出来ているようだったので
早速玉子焼きを食べてみるが・・・
砂糖と重曹を間違えてるというお約束をやってくれる。
まぁ、よくやるパターンだわな。



・・・ところで重曹って何?
(ふくらし粉。)






休日、日向子とかすみ(日向子先生の友人)に出会い、
これから二人でお酒を飲むところだと聞かされる。
と、ちょっと話しただけで帰ろうかとおもったら、
姉御肌的なかすみ(とちょっと日向子先生も)の手によって強制連行されてしまう。
ちなみにかすみも教師だそうで。
こっちはしっかりしてる感じ。

いや普通だな。


だんだん基準があいまいになってきたぞ。



別の日。
成り行きでテスト問題を作るお手伝いをすることに。
しかし、意外に日向子先生は教師として、
授業を受ける生徒側のみになって、いろいろ考えてくれている人だということがわかった。
そう、情けない姿ばかりだからって、教師不適合と決めてはいけない。
こういうことを考えられる人こそ、必要なんじゃないだろうか。

通販で無駄遣いしたり、
生徒にたかったり、
給料落としたり

おもいっきり頼りないけど。









夏休み前の修業式。
信乃、「せんせの天然も、しばらくみれないんだよね」

先生の天然ボケもすっかり名物となってしまったようである。




ま、そんな感じで、先生といい仲になったわけですが、
先生と生徒との恋愛ってのは、周りの目から見て難しいもんなんでしょうねぇ・・・
と感じさせる話でした。


ま、うちは年上属性無いのでどうでもいいですが(ぉ)

この記事をはてなブックマークに追加

『_summer』編:1 共通パート

2007-04-08 | 『_summer編』
最初は修学旅行からスタート。
ヒマな宿での夜。
クラスの男子たちとくだらない話をしています。

と、内容は可愛いと学校中で評判の女の子がまわりにいつつも
何もしない主人公に友人が不満そうです。



そりゃギャルゲーですもん。

まわりに女の子がたくさんいて当然です。



ゲーム開始時に男しか出てこなかったゲームなんて
私はグリーングリーンしか知りません。(何)


そして、好きなやついないの?の問いかけ。
ここから_summerの物語が始まるわけですな。
結構唐突な始まりですが、なかなかテンポいいですね。


そして、早速のぞき。
最初から飛ばしてますねww
さすが
_(アンダーバー)が付いてる
だけのことはありますね。
(関係ない)





と、朝

起きてこない妹を起こしにいく。
どうやら寝起きが悪い妹さんのようです。
まぁ、妹はこのくらい手がかかったほうが可愛いもんですよ。(ぉ)
と、その妹・沙奈は座ったまま寝てました。
途中で力尽きたようです。

・・・それより妹の格好が気になります。

なぜにぶかぶかのYシャツなんでしょうか。
それにちょっと平な胸元が・・・


もう、この娘ったら、


天然系でお兄ちゃんを悩殺する気
満々ですねww
(殴







幼馴染が家に来て、家事を手伝ってくれているという設定。
親は海洋工学技術者のため、家になかなか戻ってこないという設定。
なかなか王道。
てか、ギャルゲー主人公の親っさん、
いつもながら大変ですね。

と、いきなり沙奈の友人である千輪が現れた!

開いてましたからって勝手に入ってくんなよ千輪;
さすが、田舎だからできる光景ですね。(そうか?)




ウワサの先輩の話。
一般人にとっては高嶺の花らしいが
果たして主人公とはどうやって交流が始まるんでしょうかね。
まぁ、もう既にふとしたきっかけが始まることは
決定事項なんですが。(笑)





別の日。
また朝の風景。
ようやく起きてきた沙奈にもう食後のお茶に突入してると言ったら
「早食いは体に悪いんだよ、お兄ちゃん」
といわれる。


リアルにもグサッとくる言葉。
誰に言われても直さなかったので、
この一言で気をつけようと思った自分。




翌日も千輪がやってくる。
昨日の反省を生かした結果でも
口でピンポンはないだろ。





今日も沙奈を起こす。
夢見ながら寝てますよ。
ところで、沙奈の寝間着は男物のYシャツ。
そして、下は下着しか穿いてないので
ぱんつ丸見えだそうで・・・









ええっ!?






そんなんだったら俺、
毎朝起こしに
行っちゃいますよ?
(ぉぃ)



しかし、そんな無防備な姿をいくら兄とはいえ、
男に見られても気にしないのかな?


「お兄ちゃんだし、いいよ」


・・・


とりあえず


可愛い妹の
あられもない姿が見られるのは
お兄ちゃんだけの特権ということで(正当化すんな)










朝、余裕があるのでトイレにいこうとしたら、
日向子先生が荷物と共に階段から落ちてましたよ。
だめだめな先生ですね。
とりあえず初回はこの先生狙いなので
すぐに助ける。


と、お給料袋を落としたらしいですよ。
公務員とかって現金手渡しなんですかね?

で、一限目を使ってさがしてくださいーと・・・

なんだこの先生。


教育実習生でも
もっとまともですよ。











学校の敷地を歩いていると、
なんか校舎裏で何かを燃やしてる生徒を発見。

火遊びですか?(違)
なにはともあれ、危ないですよ。

と、この人は噂の先輩だったみたいですよ。
でもその場を立ち去ることに。
この続きはまた別日記で。







朝、いつものように沙奈を起こそうとしたが
もう部屋にはいなかった。
感心して下に降りたが、小奈美からはまだ降りてきてないと。

なんか今度はトイレの中で寝てるみたいですよ(汗
なんというか、手間がかかりすぎる
妹ではなかろうか。

まぁ、よくやることだ(そうか?)
トイレから連れ出した沙奈は小奈美が着替えさせた。

早い。
早いがそのまま寝てるぞ、ぉぃ。







先生がお金を忘れてきたのか、
お昼が食べられないと嘆いていた。
瀕死の状態で。
とりあえず、午後の長期戦用に確保しておいたパンを上げることに。
すると、クラスのほかの連中もパンを分けたりし始めた。
クラス団結、先生感動。



・・・



なんだこのクラス。


というか、昼は先生職員室行けよ。



と、そんな感じで季節は七夕に。
夏はさらに暑さを増してやってくる。

小さい頃から
いつも一緒にいる幼馴染4人。

・・・今回の日記の中で
信乃のことがまったく書かれてません
気にしないように。

しかし、そんな関係にも
ちょっとづつ変化が現れていくように感じていた。
そして自分自信も何かが変わろうとしていた。


好きなやついないの?と言う
この夏に彼女を作ると意気込んでいる男幼馴染からの問いかけから。


そして、




風呂覗いたあの日から

この記事をはてなブックマークに追加

『_summer』編:1 ~プロローグ~

2007-04-01 | 『_summer編』
「好きなやつ、いないの?」


修学旅行。
その男子宿泊部屋の一室では、
すっかり名物である暴露大会が行われていた。


小さな田舎町に住む主人公・匠は、
今まで恋とかそんなのは考えもしなかった様子。
でも、周りには学園でも人気の高い幼馴染の小奈美や
義妹である沙奈たちに囲まれても何にも思っていない匠は、
幼馴染である治にそんな言葉をなげかけられる。

自分たちも2年生。
今年の夏ぐらいしか自由に遊べる時間はないぞ言われ、
匠はちょっと恋について考えるのであった・・・。




・・・。



と治、
突然、女湯を覗きに行こうとか言い出す。


・・・。


え?

まだ物語始まって
3分しか経ってませんが?





そして露天風呂の覗きポイントへ。
渋ってた匠も強制的に連れ込まれました。

と、今作のメインヒロインにあたる小奈美と信乃が入ってきましたよ。
さっきまでしぶしぶだった匠もちゃっかり覗いています。

さらに、じっくり堪能していたが、
ちょっとしたことから即バレ、お縄を頂戴されます。





まだ始まって10分も経ってませんが、
冒頭で覗きで正座させられてる話が
いままであったでしょうか。

展開激しいですね。

さすが、純愛ラブコメ(関係ない)



穏やかな性格の女担任教師の審判のもと、
比較的短気な性格であるこれまた幼馴染の信乃による提案で、
スマキにされて旅館の玄関先に放置されました・・・。




さぁ、そんなプレイから始まる_summer(プレイじゃないっての)

匠の恋をすることを決心した夏はどうなるのでしょうか。




次回よりプレイ日記更新スタートです。


人気blogランキング
人気blogランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加