YS Journal アメリカからの雑感

政治、経済、手当たり次第、そしてゴルフ

Willy さん、お久しぶりです

2013-04-28 20:42:07 | ブログ探索
Willy さんのブログエントリー『【大学新入生に告ぐ】大学は4年で卒業して就職しなさい。絶対にだ。』を読んで、思う事あり。

孫引きになるが下記の引用されている箇所は、私が娘達(12歳と8歳)に言っている事とまるっきり同じなのである。(但し(4)は無し)


大学新入生に「お金が要らないのはあと4年」と告げること(By 高校生の父)

長男がこの春大学に入ります。
そろそろ自立させる準備にかかろうかな、ということで、妻と話し、
以下のような条件を息子に提示しようかなと思っています。

妻との間では、「妥当な条件になっているのではないか」
という結論になっていますが、一般的に見てどうかな?
と不安もあるのでご意見を頂きたいです。

(1)今から4年間は学費・生活費ともに親が完全に負担する。

(2)正当な理由なく留年して学生生活が5年目に入る場合、
その後の学費の半分は自分で働くなどして負担すること。

(3)留学や院進学などで学生生活を延長することは可能だが、
その学びが必要なものだということを親にプレゼンして納得させることが条件。

(4)学生生活が終わっているか否かを問わず、我が家に無料で住めるのはあと4年間。
5年目からは月3万円の家賃兼食費を徴収する。なお家賃兼食費はその後1年ごとに
月1万円ずつ上昇していき、上限はない。
(5年もすれば、自分でアパートを借りたほうが安くなるという設定です)

大学に入学する時点で息子に提示する条件として、いかがでしょうか?



自分自身の生い立ちや仕事経験、子どもが女性でアメリカで生きて行く前提、そして決定的なのは、私の描く未来は Willy さんのそれより、残念ながらちょっとだけ暗い様だ。

自営業ではない家に育った子どもが商売で成功するのは、非常に稀な事だと思う。自分は百姓の出だが、実家が山林も持っており日本の高度経済成長のお零れに預かり、人を雇って木を切り出したりしていたし、父も成功はしなかったものの一時期は山っ気があって事業を興してたりしていた。自分は百姓が嫌で長男でありながら継がなかったのだが、勤めていても自分の仕事を全体的に見て、回していこうと思うのは、小さい頃の原体験が大きいと思う。一方で自分で起業をしようと思うものの、結局これといったものに当たらず、ズルズル歳を重ねただけで、今でも雇われの身である。

秀でた才能が無い自分は、大卒の学歴がアメリカでは随分役に立った。日本での就職が上手く行かずアメリカに流れて来たのだが、何とか食っていけている。このアメリカでもそんな悠長な時代は戻って来ないであろう。

様々なサービス業の効率化が進み、ちょっとした商売を始めようとしても資金が結構必要だし、法律等が厳しくなっているので、家業以外で新規で商売を始めるには厳しい環境になっている。駄菓子屋がコンビニになり、クリーニング屋も食堂もチェーンという時代である。

娘達は、企業で(もしくは公務員として)働く可能性が99%である。

企業で働く場合、事務作業は自動化が更に進み、少数の知的労働者か圧倒多数の肉体労働者にならざるを得ない。最低でも大卒でないと知的労働者のとば口にも立てない。悲しくはあるが、最低でも大学位はきちんと出て真面目に働かなければ、ささやかな幸せの保証すらが無いのだ。

あくまでも親の視点(しかもそれぞれ何らかのバイアスが掛かっていると思われるが)であるが、日本で男がきちんと(逞しく)生きていくという事とそれを高校卒業に言い聞かせる事が、アメリカでは女に対してそしてもっと早い時期から意識させる必要があると言う事が、日米の差の様に思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 900万台、500万台 | トップ | 今年のクラブ設定 »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
奨学金が返せない! (snowbees)
2013-05-06 12:46:15
「学生ローン」について。日本でも、NHKTV番組「奨学金が返せない!」など、社会問題化しています:
http://p.tl/-_Dk!
アメリカの事情 (ysjournal)
2013-05-06 18:58:51
http://blog.goo.ne.jp/ysjournal/d/20130303

以前のエントリーで、学生ローンが車ローンやクレジットカードの残高を超えている知り愕然とした事を覚えております。

大学までは出してやる事、借金なしで社会に送り出す事が、親としての責任かなーと考える次第です。

女児は皆公務員か国家資格をえるべし (Drなかがわ)
2013-05-06 21:04:28
おっしゃる通りで、この先企業できるのはますます一部の「原体験を持つ」という才能の人だけになるでしょう。ダブルインカムが前提となり女性が単純労働者だとまず持って出産育児は貧困と隣り合わせのリスキーな人生設計の選択肢になってきました。まだまだ親の世代はそれに気がついていない?農家の娘や地主の娘がこぞって薬剤師やらの国家資格に走るのは親の懸命な指導の賜物と思うばかり。

夢は何か? 教室で学生に問うと国家試験が待ち受ける学部ほど女学生の結婚出産願望が強い。おそらく公務員もそうだろう。

単純労働はしかし昔と違いロボット化で高い生産性を伴う。だから能力が必要になる。それは決められた手順で同じことを繰り返し、新しい機械がくればまたそれに合わせた新しい手順を覚えなければならない。
昔の職人のように自分の作法を押し通せない時代がいまだ。だから貧困と隣り合わせの単純労働者のおかれた立場が厳しくなっている。

4年間を面倒見きれない親が増えた。それは社会も不安定性と大きく関わるが、そもそも、なぜに皆が職人ではない人生を選ぶのか?

先日職業訓練校を出た高齢者に最初からそうした人生を選べば良かったという話を聞いた。

大学はすべてではない。それ以外の選択肢がより大切であることもあるとは教壇に立つ身として日頃思うことである。
職人は会社員として (ysjournal)
2013-05-07 17:42:20
中川さんお久しぶりです。
技術系の会社員で職人肌の人達を見かけます。工業品の技術が進んだので、職人が生きられる世界は芸術に近いものがあり、独立した職人の存在は段々と必要性すら無くなってくるというのが個人的な予想です。
職人には2つある。知的障害があるやつとないやつだ。 (Drなかがわ)
2013-05-07 20:48:49
問題は規則を守れない全く奔放な芸術家肌の人材。昔は、東京モードや日芸やらが引き受けてきれた。親が経済的に余裕があれば4人に一人しか進学しない時代は大卒で会社にはいれた。今は全入時代だ。知的障害のない発達障害が知的障害のある発達障害の居場所をなくしてしまった。
今目の前にある幼稚園で見かけるその子達の振る舞いは才能であるが、一般的には奇異である。
職人で会社にはいれる人はいい。そうでない天才肌の職人は今の画一的な受験システムでは育てにくい。

キリスト教とイスラムの相克やアジアにおける日中韓のつばぜり合い。
猪瀬知事の言うイスラム内の争いは、日中韓の争いと目くそ鼻くそだ。そんな言葉尻を言いたくて引き合いに出したのではなく、彼の姿を見るたびに発達障害あるのではと思ったりする。ということを付け加えたい。
自閉症スペクトラムという見方をすれば村上春樹も養老孟司もそうした一面が溢れている。
自閉症スペクトラムなんて分類が不要なんだ。そう誰かが言い出さない限りこの問題はずっと泥縄だろう。
Unknown (日本人ですが)
2013-05-07 23:47:51
日本で奨学金を返せない人が増えたのが大学をどんどん認可したからですね。関係者にとっては大学が多いほうがポストが増えて助かるから、要望を受けた関係官庁はどんどん認可するし、補助金も出して開設を促すけど、実社会では高学歴者(大卒、院卒)への需要はそんなにないから、結局、あぶれる人が増えてしまう。そうすると、バイトでもして暮らすしかないから奨学金の返済が大変になる。

結局、大学を増やし過ぎたことが問題なのだけど、アメリカでも事情は同じなのかな?
(ちなみに、私も日本では比較的高学歴なほうだと思うけど、旧帝大に入れば誰でも院に行けるような制度を作った政府にもちろん感謝なんかしていません。経済的なことより、若い時代の時間的ロスは大きいです。次の世代が苦しまないように、大学院や大学を適正規模まで縮小してほしいと切に願います)
Unknown (ysjournal)
2013-05-08 19:06:36
大卒が明るい将来を約束するのではなく、(基準があやふやですが)上位10%くらいが上手くやっていけるという事でしょう。ある時それが大卒割合と近かったので幻想になったのではないかと愚考します。
5%、15%、80% (Drなかがわ)
2013-05-08 20:05:22
1% 異端、3%天才、16%努力家、80%誰でも・・。博覧強記が知識と勘違いされた時代。それを受けて詰め込み学習が行われた。その反省期にゆとり世代が生まれた。自分で考えるという仕組みつくりはしかし自分で考えたことのない教師が教えることはできなかった。
大学生は昭和30年代生まれなら4人に1人くらいだったのが今は事実上全入。
公文や東進にいけばノウハウを知れば大学に入れる時代になった。

いつの時代もヒトが感じる価値は同じだ。1%3%16%、80%のどこにあるかで決まってしまう。
グローバル化が進めば日本は実はエリートだらけだけど国内で見ればもうすでに一億総インテリで知の価値は陳腐化している。大学院が増えてもそれは同じ。いずれ過剰となり、実際の価値はあっても相対的価値が下がる。

だれでも学びたい人が学べる今の環境はだからとてもすばらしいと思う一方で、相対のなかでしか経済的価値が定義できないから、大学生はワーキングプアになり奨学金が返せない。

大学に行くとき学生に就職でなく起業することをまず優先するように教育しなければ社会は活力を持てない。

しかし学生はかわいそうだ。定年が延長し就職できるチャンスは減り、就職に価値があるように見えてしまうからだ。
企業の欲しい優秀な大卒数は戦後それほど増えちゃいない。いまはだから大学生は苦しいんだと思う。そしてそれは市場原理にかませない介入しすぎの政府が生み出した膿のようなものだと思う。
大学の無駄 (ysjournal)
2013-05-11 11:04:53
確かに大学が増え過ぎ、大卒の価値が落ちた事が問題ですね。
大学は15%位の人が行けば良いと思います。(一部の天才にはどうでもよいでしょうが)
Unknown (Willy)
2013-05-25 00:26:46
ご紹介ありがとうございます。しばらくブログを拝見しておらず、お礼が遅れました。

確かに起業や自営はサラリーマン家庭の子供には厳しいと感じます。米国では裁量的な規制も増えてますしね。やるなら、高校生くらいからどんどん試して失敗を重ねてセンスを磨く必要がありそうです。

これからの時代、米国で良い暮らしをするにはSTEM分野か法律系、ビジネス系の修士以上がないと不安です。そのためには向いたことを探す時間も必要かと。もちろん、抜群の社交性やバイタリティまたは経営センス、特殊技能などがある場合は別ですが。

>「その学びが必要なものだということを親にプレゼン」

これって微妙ですよね。親が相当知的でない限り。私は大学に入る前、親に「何故どうしても数学やりたいんだ」で問いつめられました。抽象度の高さからくる先進性と将来の他分野への応用可能性の大きさについて説明しましたが、心の中では、「学問のこと真面目に考えた事ないお前にはどうせ分からないだろ」って軽蔑してました。兄は、別の学部に入り直すのを止められて、その後、両親とはほとんど音信不通です。
親が相当知的 (ysjournal)
2013-05-30 17:32:50
と過信して、適切なアドバイスをしてやりたいと切に思う今日この頃です。

プレゼンはどうかと思いますが、そんな事態になればじっくり話したいと思っております。
同意 (石水)
2014-10-25 09:51:56
著者さんが記事で問われている、お子さんへ「お金が要らないのはあと4年」と告げる事に賛成します。親は子供を自立させる為にそれなりの努力をするべきだし、子供がその準備を整えるために4年間は十分な期間だと思います。
私の息子は高校1年です。ここまでの内容を宣言してはいませんが、親として大学の学費として出せる範囲(多くのクラスメイトが進学するような米国やカナダの私立大学は無理)を宣言しました。そしたら自分でいろいろ考えて、学費も生活費も要らないし100%就職できる日本の某大学を受験する事を本人が決めたので、いまは彼1人で日本の実家に住んで、地元の高校へ通いながら受験の準備をし、私もそれを支援しています。
実践に尊敬の念 (ysjournal)
2014-11-02 04:27:14
石水様、
子育てに正解は無く、参考になるお手本があるだけだと思っているので、実践されている方がいると心強い。

愛媛出身で同い年なので、なんだが訳もなくうれしく思います。

香港でのご活躍を祈っております。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL