熊取のおっちゃんの徒然草

山登りと野菜作りを中心にしたブログです

釈迦ヶ岳(二百名山)☆お釈迦様&蔵王権現

2017年06月18日 22時42分17秒 | 登山
大峰山脈の南の秀峰 釈迦ヶ岳 標高1800m 日本二百名山



山頂には伝説の強力でオニ雅 岡田雅行さんが



険しい登山道を担いで登ったお釈迦様の銅像があります



バラバラに分解された仏像の重さは100kgを越えるものもあり



一番重かった台座部分は134㎏もあったそうです

この話を知るまではへりで運んだものと思っていましたがとんでもない人がいたものですね

山頂には錫杖とお釈迦様の銅像があります



後光がさしているお釈迦様



釈迦ヶ岳の北側には岡田雅行さんが運んだ蔵王権現が断崖絶壁に建っています



これらの銅像を良くこのようなところに担ぎ上げたとは凄すぎです

大峰山系の山では一番好きな山です
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤングコーンを収穫 | トップ | 釈迦ヶ岳(200名山)☆山奥の風景 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (いかちゃん)
2017-06-19 06:11:34
熊取のおっちゃんならできますよ、どこかのお山へ寄進したら、山にはお世話になってるんだから(* ̄m ̄)プッ !

福留、糸井。。。機能しませんね(~_~;)ウゥ~~~ン
おはようございます (ヒューマン)
2017-06-19 07:20:41
お釈迦様の像が
よくここまで持ち上げましたね
安全祈願の気持ちから、そうさせたのでしょうね
おはようございます (imaipo)
2017-06-19 07:37:06
凄い方がいますね担いで上がったとは
その昔はアルプスの山小屋などへ荷を揚げる
強力さんたちがいたようですが最近はヘリで上げてるようですね。
お早う御座います (ma_kun)
2017-06-19 10:51:02
釈迦ヶ岳に登ってお釈迦様を見たことがあります。
これを担ぎ上げたとは凄い人が居られたんですね。
今ならヘリでしょうね。
信仰 (つばきだろ)
2017-06-19 12:48:25
思い仏像を良く持ち上げましたね、信仰心かな。
Unknown (Saas-Feeの風)
2017-06-19 15:02:27
ヒトが担いで山に上げたのですか。
足腰丈夫じゃないと無理ですね。
ビックリ (大連三世)
2017-06-19 20:52:28
人力とは信じられない偉業ですね。
まさに後光が差してる感じです。
最近迫力ある山岳映像を見るたびにこれを撮影した
カメラマンの存在が妙に気になってます。
こんばんは (西やん)
2017-06-19 21:55:57
すごいですね。
山の上にどうやって運んだと思われるもの多いですね。
見ると寛永とか宝永とかの文字があってびっくりします。
Unknown (Unknown)
2017-06-20 00:22:20
いかちゃんへ
助っ人大砲がいないのはトラだけ ピストルだけでは
勝てませんね

ヒューマンさんへ
お釈迦様と蔵王権現様に山の安全を祈願して
きましたよ ありがとうございました

imaipoさんへ
最近は強力さんがいなくなりヘリで荷揚げしている
ようですね ありがとうございました

ma_kunへ
今までヘルで荷揚げしたと思っていましたが強力
さんがあげたとは驚きですね ありがとうございました

つばきだろさんへ
188cm120kgの強力さんが担ぎ上げたそうですが
とても信じられませんよ ありがとうございました

SFの風さんへ
ここは険しい登山道ですが100kg以上の銅像を
担ぎ上げるとはすごすぎますね
ありがとうございました

大連三世さんへ
登山者よりカメラマンがすごいといつも思っていますよ
ありがとうございました

西やんさんへ
大正時代に運んだと思います 問時は機械も
赤ったので全て人力だったでしょうね
ありがとうございました
おはようございます (いかちゃん)
2017-06-20 06:18:20
数日野球はなし、昨日は禁酒。。。退屈な夜でした(~_~;)ウゥ~~~ン

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。