さまよえる天神さん

てくてく てくてく 風景と

「ディランは好きだが・・・」

2016-10-14 | 元旦羊男

 「ディランは好きだがノーベル文学賞、う~ん・・・・・・」、そんな言葉が行き交ったりしています。春樹祭りを期待していた私たち「ニッポン社会」にとってもかなりの衝撃度だったかもしれません。

 ノーベル文学賞とはまったく関係ありませんが、ディランというといつも連想するのは

 「 ぼくはいま 両足を抱きかかえ この峠の上にすわっている
     この道を 最初に来たきみと いっしょに旅に出るために 」




 峠で座り込んで待っていた僕たちはどこに旅だったんでしょうか。
 



 
   ボブ・ディラン 文学賞を 拒否したり   
                           元旦羊男   

                       などなど ありえませんか

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 笙ヶ岳の秋 1011 | トップ | 鳥海山 二ノ滝口の秋 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む