大判カメラ日記。

ワイズクリエイト・木戸嘉一のブログです。

日本リンホフクラブの活動の影には縁の下の力持ちが・・・。

2017年04月20日 | 日記

今日のブログは先日、山岳写真家の菊池哲男さんを指導講師として招いて開催された日本リンホフクラブの講評会についてです。講評会は1人、5点の作品を液晶プロジェクターで投影して行われますが、投影画像を見ながら講評するのではなくて指導講師がオリジナルポジフィルムを直接ライトテーブル上でピント、構図等を確認しながら行われます。それは情報量豊かな4x5インチ判フィルム画像を液晶プロジェクターでは忠実に再現できないからです。数人の講評会ならばライトテーブルを囲みながら直接講評してもらう事は出来るのですが20〜30人以上となると、どうしてもスクリーンへの拡大投影をする事が必要になります。ですから事前にオリジナルポジをデジタル化画像にする必要が出て来ます。そこで登場するのは日本リンホフクラブの縁の下の力持ち・渋谷和男会員です。一眼デジタルカメラを持参され、特性の4x5インチフィルム複写装置で会員作品を次から次へと撮影して行くのです。最初の1カットを会員番号と氏名が書かれたフィルムを撮影し、続けて5枚の作品を撮影する手順です。ですから1人6カットで30人ならば180カットにも及ぶ撮影となります。もちろんこの日も飯塚会員や秋山会員がサポートしましたが、他の会員がランチに出掛けている間もこの作業が続きます。日本リンホフクラブの数々の活動には、これらの縁の下の力持ちであるボランティア会員の協力があるからこそ継続されているのでした。お三方、大変ご苦労さまでした(3枚目の写真が複写撮影風景)。

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゆっくたり流れる時間の中、... | トップ | 定例会開催時は本郷3丁目を上... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
縁の下力持ち~。 (田中秋秀)
2017-04-20 19:59:32
講評会の下準備の模様ブログにのせていただきありがとうございます。講評会の参加された皆さんに満足してもらう為勉強会委員会メンバーや理事や関係の皆さんの協力で開催しています。ただ、会場問題では、頭が痛いです!!
勉強会委員会の責任者として感謝!感謝!デス。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。