大判カメラ日記。

ワイズクリエイト・木戸嘉一のブログです。

大判カメラのかぶり布は「かさお君・ワイド」で!

2010年10月21日 | カメラ機材
今回の撮影会は全日晴天でした。それも10月中旬のなのに日中は暑くも感じられる日でもありました。大判カメラを撮影するカメラマンにとってこの暑い日はちょっと苦手です。その理由は大判カメラの構図・ピント合わせの時は例外無く昔懐かしい「かぶり布」を使うからです。大判カメラの構造・ピント合わせはレンズを通過した光を磨りガラスになったピントガラスに映し確認します。このピントガラス上に被写体が投影される時には外からの光が邪魔をして作業を難しくしてしまいます。そんな時「かぶり布」は大判カメラにすっぽりかぶせてカメラマン側に簡易暗室を造り、ピントガラス上の被写体が見易くなる優れものなのです。ただ難点は暑い日にこの「かぶり布」と言う簡易暗室に頭を突っ込んで作業をすると私の様な汗かきは一層暑く感じてしまう訳です。今回の撮影会でちょっと気になったのが、かぶり布の代わりにワイズクリエイトのオリジナル商品「かさお君・ワイド」を使っているカメラマンが数人いたことです。そもそも「かさお君・ワイド」とは三脚にクランプ、フレシキブルアームを使って傘を自立させ、雨の日でも両手を使ったカメラ操作ができる事を売りにしている商品です。そんな雨の日御用達の「かさお君・ワイド」なのですが、晴れの日でもカメラ部分に日陰を作りかぶり布の代わりに使うことが出来たのです。写真は決して雨など降っていません。日差しを遮りピントガラスを見やすくしていたカメラマンの姿です。ここから宣伝になります。「かさお君・ワイド」はワイズクリエイトのみの販売で税込み14,175円(税込)。雨の日も晴れの日も使えてこの値段、是非ご購入を!完全にブログショッピングになってしまった。少し反省です。
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
大判カメラ 磨りガラス
コメント (0) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 姫川温泉と大糸線の一両電車。 | トップ | またまた悲しいお知らせです。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。