大判カメラ日記。

ワイズクリエイト・木戸嘉一のブログです。

「なんちゃって漁師」の電動リール、魚群探知機用バッテリー。

2017年05月18日 | なんちゃって漁師

今日は「なんちゃって漁師」のお話です。先日、熱海沖の水深350mの深海から35センチもあるノドグロを釣り上げましたが、流石に350mを手巻きのリールで巻き上げるのは厳しくて電動リールを使いました。一昔前に深海釣りをする場合は太いロッドと糸、大きな電動リールが不可欠でしたが、近年の釣り道具の進歩により2m程の細めのロッド、細いPEライン、小型の電動リール等のライトタックルでも充分勝負になるようになりました。ですから「なんちゃって漁師」もノドグロ、キンメ、アマダイなどの高級魚をターゲットに出来るのです。更には先日紹介した等水線まで表示できる1000m対応の魚群探知機まであれば鬼に金棒です。ただ如何にライトタックルでも電源は必要になるのですね。電動リールはもちろんの事、魚群探知機もバッテリーを用意しなければなりません。今流行のリチウムイオンバッテリーは小型で強力なのですが如何せん高価なので、鉛バッテリーを用意しています。写真1は3人乗りのミニボート・ワイズ号ですが船尾右側に魚群探知機、左右に電動リール付きのタックルがセットされています。ですから写真2〜4の様にバッテリー3個が入る様に細工した工具箱を持ち込んでいます。ただ、いくら小型のバッテリーといっても3個まとまればかなり重いので扱いには充分注意しています。因みにこのバッテリーケース上蓋のワイズシールが貼ってある所からコードのみ出す事が出来て極力バッテリーに海水等が掛からなくしています。出漁前夜にはバッテリー充電のために3つの充電器を繋いでいますが、そんな用意もまた楽しいのかも知れませんね。今週末は久しぶりに長男と次男3人で出漁する予定です。果たして釣果は・・・・。

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西銀座チャンスセンターでジ... | トップ | 宇田川哲夫写真展「ペルーアン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。