大判カメラ日記。

ワイズクリエイト・木戸嘉一のブログです。

湯島天神下のインド料理。

2014年09月23日 | グルメ

今回もグルメネタです。風情漂う湯島天神下には寿司屋、甘味処、飲み屋さんなどがひっそりとした感じで営業をしています。夕方に歩くと湯島天神からの風の流れとともに三味線の音色でも聞こえてきそうな感じがします(実は三味線の店もあるのですよ)。そんなエリアの一角にインド料理店「ナワブ」があります。近くを通るとインド料理だからやっぱりカレーの香りがプ〜ンとして来ます。この近くに勤務する私の知人は「インドカレー屋で一番美味しい!」と言います。そんな言葉に誘われて初入店しましたが本格的なカレーの味を比べる程の舌の持ち合わせが無くて「一番美味しい」かは分かりませんでしたが、麻それなりだとの感想です。近頃、本郷、湯島界隈でもインド料理屋が沢山出来て、インド人もよく見かける様になりました。ただそれに比較して昔ながらの日本人の経営する中華料理屋は無くなっている様に思います。昔の記憶に残る「中華屋のおじさん」にもたまには会ってみたい気がしませんか?

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト

コメント

上野松坂屋近くの「海老だしの哲」と言うラーメン屋。

2014年09月22日 | グルメ

昨日の続きですが建て替え中の上野松坂屋の近くで「海老だしの哲」と言うラーメン屋さんを発見しました。豚骨系ラーメンの全盛の今に海老で出汁をとったラーメンは珍しいとばかりに入店です。何でも千駄木に本店がある「つけめんTETSU」が手がけるお店だそうで、特長は海老だしの濃厚なスープに特製の平打麺だそうです。確かにスープを口に運ぶと海老の香りが口一杯に広がります。たまに食べるラーメンとしては良いかもしれませんね。因に下の写真は特製おこげで、最後にこれをラーメンに入れて食べるそうです。ちょっと珍しいラーメンを食べたいと言う人はお立ち寄り下さい。

海老だしの哲
東京都台東区上野3-23-11
 

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト

コメント

建て替え中の上野松坂屋南館は22階建てのビルに変貌。

2014年09月21日 | 日記

先日ワイズオフィスから本郷台地を下りて上野広小路まで歩きました。すると途中の湯島中坂下で比較的大きな建築現場に遭遇しました。きっとここにも大きなマンション等が建つのだと想像しつつ更に坂を下って行くと、今度は建築中の上野松坂屋の工事囲いの前に出ました。実はこの上野松坂屋の南館が建て替えされ2017年には地下2階、地上23階の巨大ビルに生まれ変わるのでした。因に建て替え後は地下1階は松坂屋の食品フロア、1~6階は「パルコ」、7~10階は「TOHOシネマズ」が開業し12階から22階は「高機能オフィス」になるそうです。湯島〜上野広小路界隈も時代の流れで確実に変貌しているのでした。

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト

コメント

山岳写真家・川口邦雄さんの写真展が開催されます。

2014年09月20日 | 写真展

山岳写真家の川口邦雄さんから写真展開催の案内と写真集出版の案内が届きました。また手紙の中には海野和男、白川義員、竹内敏信、田沼武能、津田一郎、芳賀日出男、橋本勝、樋口肇一、前田利昭各氏が発起人となった「祝う会」の案内も同封されていました。川口邦雄さんとは数十年前からのお付き合いで、以前日本全国を回る講演会を企画して同道した事もあり祝う会には出席するつもりです。皆さんも是非写真展会場に足をお運び頂き「川口邦雄の世界」を堪能下さい。また会場では同名の写真集販売もされるそうですからこちらにもご注目下さい。さて川口邦雄さんですが確か80数才になると思いますが、いつまでも元気で益々のご活躍をお祈りしたいと思います。

川口邦雄写真展
「第二界 山よお前は美しすぎる」
2014年10月3日〜9日
フレームマン エキシビションサロン銀座
 

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト

コメント

日本リンホフクラブ会報22号の発送と編集会議でした。

2014年09月19日 | 日記

昨日は日本リンホフクラブ会報誌第22号の印刷が上がって同クラブ会報委員会のメンバーが集まり発送作業が行われました。毎回恒例の作業となりましたが、皆さん手弁当のボランティア活動で頭が下がる思いです。和気あいあいで行われる発送作業は会報誌の創刊当初と比べて格段の差のスピード作業であっと言う間に終了でしたが、その後は次号の編集会議へと続きます。因に次号もインタビュー記事や体験レポートなど盛り沢山な内容の様です。楽しみにしていて下さいね。日本リンホフクラブはこの様な方々のボランティア活動により運営継続されていますが、そこがまた一番の強みになっているのかもしれませんね。委員お方々にエールをお送りしたいと思います。(日本リンホフクラブホームページでも会報が見る事が出来ますよ)

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト

コメント

掛かり付けの日立病院が東都文京病院になっていました。

2014年09月18日 | 日記

湯島天神から徒歩数分のところに日立病院と言う日立製作所が運営していた企業立病院がありました。日立病院は創業50周年の記念事業のひとつとして1960年に文京区湯島に開設され総合病院として地域のニーズに沿った医療を提供していました。そもそもワイズオフィスのある本郷周辺には東大病院、順天堂病院、医科歯科病院などの巨大病院が沢山ありますが個人的にはり巨大病院よりも比較的アットホームの感じのする中堅病院が好きでいつも日立病院を利用していました。もちろん日立製作所が運営しているのだから設備的にも大満足の病院でもありました。よく外来待ち合いで日立製作所の社員やOBなのでしょうか上下関係のはっりした仲間内の挨拶の様子を見て、やっぱり企業病院なんだななどと感心もしていました・・・。そんな日立病院が今年4月から東都文京病院として生まれ変わってしまいました。医師や看護師スタッフはそのまま東都文京病院に転籍したそうですがちょっと寂しいお話しでした。因み日立製作所の在る茨城県以外の日立病院は全て経営譲渡されてしまった様です。

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト

コメント

小屋スタジオを使ったワークショップ?

2014年09月17日 | 撮影

このブログでも書いていますが、熱海・伊豆山に全て手作りの小屋スタジオがあります。スタジオの中には4x5ビューカメラと1200Wストロボもセットしてありますが、手作りにしてはなかなかの感じなのです(興味のある方は「小屋を立ててみよう」をご覧下さい)。そんな小屋スタジオを活かしたワークショップの開催を出来ないかを模索中です。参加者は3〜4人でストロボを使った小屋スタジオの撮影と自然豊かな周辺でのアウトドア撮影をセットに出来たら・・・・とも思っています。そんな事を考えながら周辺のロケハンに行ってきました。自動車で20~30分程の場所で岩肌が露わになった山と緑豊かな渓流を見つけてきました。この岩肌を撮影するにはもちろん形の修正アオリが必要ですし、水の落ち込みを撮影するにはピントのコントロールアオリが必要そうです。ウム!なかなか環境は宜しいのではないでしょうか。ただ後は計画するのみなのですがいろいろやりたい事があって・・・・。皆さん興味はありませんか?(写真下はロケハンで見つけた珍しい白の曼珠沙華)

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト

コメント

「ウッドマン45」をスペシャルプライスで販売致します。

2014年09月16日 | カメラ機材

耳寄りなお話しです。ワイズの展示在庫としてウインドウの中にあった「ウッドマン45」を特別販売価格100,000円(+税)で販売致します。ウインドウ内に飾られていた期間がやや長く10年のために念のために先日、蛇腹交換までしましたので安心してお使いになれる大判カメラと思います。またWOOD MANのロゴをあしらった木製展示ディスプレイ台もこの際無料にてサービスさせて頂きます。軽量コンパクトな木製カメラとして人気を誇った「ウッドマン45」を是非お求め下さい。もちろん1台限りの限定販売です。

「ウッドマン45」
【型 式】木製4x5インチフィールドカメラ

【画面サイズ】4x5インチ判(6x7、6x9、6x12Cm判)
【レンズマウント】リンホフ規格パネル仕様
【焦点調節】ピントガラスによる
【バック部】国際規格4x5インチ判、縦横位置差し替え式
【アオリ機構】
(レンズスタンダード部)
 ♢チルト 前 20度、後 30度(蛇腹により制限有)
 ♢スイング 左右各 10度
 ♢シフト左右各 10mm
 ♢ライズ 35mm
 ♢フォール 25mm
(バック部)
 ♢チルト 前 25度、後 15度(蛇腹により制限有)
 ♢スイング 左右各 10度
【最大フランジバック】 mm
【最小フランジバック】 mm
【三脚ネジ】 JIS規格1/4インチ(AD)又は3/8インチ(ベッド部)
【外形寸法】 200mm(横)x205mm(高)x85mm(幅)
【重量】 1450g
【材質】 木製部=朱利材
【その他】 革バンド=ボディ上部

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト


コメント

西熱海の高台にある隠れカフェ。

2014年09月15日 | 熱海・湯河原

西熱海の高台の一角に「ファーム高輪倶楽部 熱海」と言う施設があります。何故「施設」と書いたかは・・・実はここプチホテルでもありキッチン&カフェでもあり、更には挙式やエステまで出来るて農園まである複合施設なのです。そしてパン好きな私にとっては、拘りのパン屋さんでもあるのです。特に近年ここのカフェがテレビ等で紹介されたこともあり昼前には列が出来る程の人気カフェにもなっています。普通は熱海に来た観光客が行く様なエリアではないのですが海を見下ろす展望の良さやカフェの魅力等もありますので一度訪れては如何でしょうか?

ファーム高輪倶楽部 熱海
静岡県熱海市西熱海町1丁目21-18
TEL o557-86-2082 

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト


コメント

庄司雄一郎写真展 「光を求めて」。

2014年09月14日 | 写真展

マミヤカメラクラブの会員で大判カメラのユーザーでもある庄司雄一郎さんから個展の案内を頂きました。詳細情報は下記の通りです。庄司雄一郎さんとはFacebookで「友達」にもなっていますので、定期的に近況報告等を投稿されていますので身近にも感じる人でもあります。そして失礼ながら年齢を感じさせない活躍ぶりにもビックリしてもいます。今回の写真展案内ハガキにある2枚の写真も海外の雪山とオーロラですが海外撮影の多い庄司雄一郎さんならではの展示構成になっているのではと思い、今から楽しみな写真展です。

庄司雄一郎 写真展
「光を求めて」
2014年9月26日~10月2日
フレームマン・ギンザ・サロン
東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ 

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト

コメント

湯島天神の大イチョウもさっぱりと枝切りです。

2014年09月13日 | 日記

先日、湯島天神の鳥居前を通ると、何かざわついて騒がしいのです。近くでよく見ると鳥居脇の大イチョウの枝切り最中でした。既に向かって右側のイチョウは無惨にも思い切り良く枝を落とされ、次は左側のイチョウに狙いを定めている様でした。この2本の大イチョウは遠くから見ても湯島天神がまるで森の中に在る様に見える程の存在感を持っていましたが、ここ何年かは寂しい鳥居周りになってしまいそうです。晩秋になると沢山の銀杏を地面に落とし周辺住民が拾っているのを良く目にしましたが、この状態では今年は駄目そうですね。安全の為の枝切りだったのでしょうがちょっと残念な出来事でした。

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト

コメント

「お山のたいしょう」で優しい昼食を食べる。

2014年09月12日 | グルメ

先日、真鶴から小田原に抜ける一般道を自動車で走っていると「お山のたいしょう」なる看板を見つけました。そう言えばいつかテレビの旅番組で聞いた様な名前と興味が湧いて、山に向かってハンドルを切っていました。正確には「きのこ苑お山のたいしょう」と言うそうですが、根府川の山の中腹の広々とした敷地の中に四季折々の味覚狩りや創作料理を食べさせてくれる食堂などが在る施設なのです。因に味覚狩りはシイタケ、ミカン、ブルーベリー、タケノコ等が体験出来るそうです。また敷地の一角にはカブトムシハウスもあり子供さんには喜ばれそうでした。あまり時間がなかったので味覚狩りは諦めて食堂で「お山定食」をオーダーして食しましたが、おにぎり、キノコ汁、コンニャク、シイタケ揚げなど身体に優しそうな昼食となりました。海も見えて眺望も良かったですよ。

きのこ苑お山のたいしょう
神奈川県小田原市根府川657
0465-29-1393 

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト


コメント

八ケ岳高原撮影会のランチミーティング。

2014年09月11日 | 撮影

昨日は10月3〜5日に開催予定の八ケ岳高原撮影会の打合せに写真家の石田研二さんが来社しました。宅配ピザとビールでラフなランチミーティングとなりましたがいろいろな資料を見ながらの撮影時間配分や基本的な撮影指導方法を確認致しました。この時期は上手くいけば紅葉も見られる八ケ岳高原ですが、今までに行った事の無い撮影地も盛り込み大いに期待出来る撮影会となりそうです。また今回から石田研二さんがインスタントフイルムセットを持参し参加者のカメラにセットし、その場で結果の出る撮影指導をするなどの新企画にもご期待下さい。まだ定員まで余裕がありますので是非ご参加を検討下さい。そうそう、この石田研二さんですが2015JPS展の副委員長にもなるなど話題の写真家ですよ。

《八ケ岳高原撮影会》
開催日 10月3〜5日
撮影地 八ケ岳高原周辺
集 合 ワイズ8時30分 東京駅9時
講 師 石田研二
参加費 70000円 2宿泊費、2朝食、3昼食弁当、2夕食、バス、保険代、撮影指導料
宿 泊 シングルユースホテル
備 考 全行程中型チャーターバス。 

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト

コメント

本郷界隈は相変わらずのマンション建設ラッシュです。

2014年09月10日 | 日記

ワイズオフィスの在る本郷界隈では相変わらずマンションの建設ラッシュ状態です。徒歩5分圏でも3棟のマンションが完成間近になっています。このマンションですが驚く事にみな7千万〜1億円もすることです(ひぇ〜っ)。それも建設最中に「完売御礼」になると言うのですから更に驚いてしまいます。また住所が「本郷」だと同じ地区の「湯島」より人気度が高くなるとも言います。つい最近も知り合いが、住んでいた本郷のマンションを購入した金額より高く売って賃貸マンションに移って行きましたが儲かったそうです。因に今は手持ち資金無しでも結構高額な住宅ローンを組む事が出来るそうですが、私が初めて家を建てた頃は数10パーセントの手持ち金が無ければ住宅ローンは組めなかった事を覚えています。また37~38年も前の話しですが住宅金融公庫の貸出金利が5.5%で銀行ローンが9%位だったのですよ。

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト

コメント

10年以上振りに中野ブロードウェイ近くの原始炭焼「陸蒸気」に。

2014年09月09日 | グルメ

先日ニュースになった中野ブロードウェイ「まんだらけ」での、万引犯をネット公開する有無については色々考えさせられるものがありましたね。インターネットがこれがけ一般的になって「私刑」的な行為が増えているとも聞きます。さて今日のブログはこの話題となった「まんだらけ」のある中野に久し振りに行った時のお話です。JR中野駅を降り沢山の人が行き来する中野サンモールを暫く歩くと、中野ブロードウェイがあります。地階と2階、3階がある様ですが時間があったので2、3階を暫し見学しました。通路を歩くと左右に噂通りのフィギア専門店やマンガ専門店などがずら〜っと軒を並べます。中にはとんでもない高額なフィギアもありましたが、これらが売買され中野ブロードウェイ文化が継続されている事に驚きを覚えてしまいます。さてさて、実はお話はこの近くにある原始炭火焼「陸蒸気」と言うお店の事です。前職の会社員時代は中野の取引先に来ると必ずこの「陸蒸気」でランチを食べていたのでした。ですから、かれこれ20年も前の事なんですね。「陸蒸気」に入店するとそこには変わらない巨大囲炉裏があり、周りには串刺しされたサバ、むつ、ホッケ、アコウダイなどの魚が炭火に焼かれ美味しそうにお客さんを待っているのでした。今回はサバ焼きをオーダーしましたが炭の囲炉裏で焼かれたサバは何処で食べるよりも美味しいを再認識でした。あまりの美味さに料理と店内の写真を撮影するのを忘れる程でもありました。今度は是非夜に行ってみたいと思います。

原始炭焼 陸蒸気(おかじょうき)
中野区中野5-59-3
03-3228-1230 

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト

コメント