大判カメラ日記。

ワイズクリエイト・木戸嘉一のブログです。

ノドグロ狙いもノドグロカサゴでした。

2017年06月25日 | なんちゃって漁師

昨日は天気も海の状態も良かったので出漁してきました。ターゲットは水深300〜400mのノドグロ(アカムツ)です。アカタン(イカを赤く染めたもの)をエサに魚群探知機の等水線を見ながら釣れそうなポイントで仕掛けを投入です。300m以上の水深だと150号の重たいオモリを使っても海底に落とすにはかなりの時間がかかり、さらに巻き上げにはもっと時間がかかります。ですから電動リールを使わないと釣りにならないのです。ところで、釣果となると沖ギス(不味いからリリース)や巻き上げ途中で掛かってしまうサバばかりなのです。美味い魚はノドグロカサゴ2匹のみです。ちなみにこのノドグロカサゴは写真4枚目の通り、口の中が真っ黒なことから命名されたユメカサゴ(沖カサゴ)で結構高価な魚なんですよ。もちろん煮付けで美味しくいただきました。先週はまだ赤潮が出ていましたが昨日もまだ海が濁っている状態でした。濁りが取れればいよいよ釣り本番に突入です。

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シーズン前で静かな熱海・長浜海浜公園ビーチ。

2017年06月24日 | 熱海・湯河原・伊東

今日は条件が良ければノドグロ狙いで出漁するかも・・・・。沢山釣れたらこのブログで書きますが、釣れなかったらそのまま知らんぷりしてスルーしますね。さて「なんちゃって漁師」のミニボートを置いているのは熱海の多賀港ですが、この隣にある長浜海浜公園のビーチからもミニボートを持ち込んで出船する釣り人も多い様です。駐車場、トイレ、足湯もあり、駐車場から百メートルちょっとで海ですし防波堤が在るので直接波を被りませんのでボートを出しやすいのです。以前は私もここからボートを出していたのですが7〜8月は海水浴シーズンで出船不可となる事やボートを水洗い出来ないなどで今の多賀港にスペースを確保したのでした。写真は先週の長浜海浜公園の写真ですがハマナスの花が咲いていたり、沢山の燕が巣から出入りしていて梅雨シーズンであることを感じます。海水浴シーズン前の静かなビーチを体感したい方は是非お越し下さい。また土日はイベント広場でいろいろな催し物も開催していますよ。

長浜海浜公園
静岡県熱海市下多賀

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湯島天神の茅の輪くぐりをしてきました。

2017年06月23日 | 日記

皆さん「茅の輪くぐり」ってご存知ですか?もちろん知ってますよね。「茅の輪くぐり」は昔からある神社の行事で6月頃に行われ夏の暑さを乗り越え無病息災を願う行事なのですね。先日の夜湯島天神境内を通り抜けようとしたら、この茅の輪を発見しました。正式には茅で作った茅の輪の正面から左回りでくぐり正面に戻って、今度は右回りにくぐり正面に戻る。更にもう一度左回りにくぐり、そのまま神前に進み参拝するそうです。え〜っ、解りづらいと言う人も居るでしょうが、普通は何所の神社でもくぐり方を図解で説明しているようなのでご安心下さいね。夜の境内には誰も居なかったのですが、この時とばかりに太ったおじさんは一人怪しげに茅の輪をくぐってしまいました。ただくぐる度に、茅の何とも言えない香りがプ〜ンと漂い何とも言えない心地よさを感じます。さ〜っ、これから梅雨が明けて夏本番を迎えますが、幾つか大きな仕事を抱えてていますが・・・・これで夏を乗り切れるかな?

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インク消耗の激しい黒の迷惑ファックス。

2017年06月22日 | 日記

皆さん、パソコンの迷惑メールには苦労していませんか?私のアドレスには毎日数100件のメールがありますが、その殆どが迷惑メールでチェックするだけでも一仕事です。今日のブログはそんな迷惑メールとも関連しそうな迷惑ファックスのお話です。ワイズにはやはり沢山の迷惑ファックスが入りますが内容は融資の案内、商品の案内、飲食店の案内等です。まあ、発信元も仕事ですからある程度は仕方ないと思うのですが、一番迷惑になるのが黒の紙に白文字が書かれたものです。ファックスはインクジェット方式ですから一面が黒だとその分インクも沢山必要になるのです。今回も「申し訳ありません。インク代を無駄に致しました」と飲食店からの案内でした(インクが無駄と言うなら止めて欲しいですよね)。写真を見て下さい・・・・殆どが黒色ですよ。こんなの何枚か受信したら直ぐにインクが無くなってしまいます。世の中自分だけが良ければ、他人のことを考えられないの風潮ですよね。発信する方も最低限のマナーは守って欲しいものです。

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「ヘイバ・イ・タヒチ(タヒチの祭典)」がフォトコン誌に。

2017年06月21日 | BOOK

2015年の6月に六本木の富士フイルムフォトサロンにて開催された松井光夫さんの「空からのタヒチ ブルーとグリーンと」を覚えていますか?タヒチに何回も取材に出掛け、ヘリコプターをチャーターし大判カメラを使いタヒチの航空写真を撮影した写真展でした。この快挙は多くの日刊新聞にも掲載され、埼玉新聞に至っては一面に写真入りで大々的に紹介されました。そんな松井光夫さんのタヒチ愛は現在も継続中で、発売中のカメラ雑誌・フォトコンテストにも「タヒチの祭典」と題した特集が3ページされています。今回は航空写真ではありませんが、3週間にも及び開催された「ヘイバ・イ・タヒチ(タヒチの祭典)」を取材し発表したものです。ちょっと色っぽい写真もありますが是非ご覧になって下さい。

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月22日から開催される山岳写真同人 四季の写真展。

2017年06月20日 | 写真展

先日、山岳写真同人 四季のメンバーがワイズに来社され6月22日より開催される50周年記念写真展「八ヶ岳」の写真展案内ハガキを沢山置いて行かれました。そんな訳で来店される山好きな方々にこの写真展ハガキをお渡ししています。何年か前に山岳写真同人 四季の例会にお邪魔して「大判カメラセミナー」を実施させて頂いた事もありメンバーの何人かとは知り合いなのですが、そんな方々から写真展ハガキと絵柄が違うものが私の手元に届いています。聞くところによると事務局から写真指定されていない原稿を受け取り、自分の作品を割付・印刷して利用されているとのことでした。確かに写真展ハガキを受け取った方も、差出人の作品があった方が身近に感じるでしょうし、写真展に行ってみようかとなりそうですよね。ギャラリートークなどのイベントもある同写真展の詳細は下記の通りです。是非お出掛け下さい。

山岳写真同人 四季 創立50周年記念写真展
「八ヶ岳 急峻な山稜と苔むす森&四季歩み」
2017年6月22日〜7月4日
ヒルトピア アートスクエア
新宿区西新宿6-2-2 ヒルトン東京B1F

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海を諦め山の幸・ビワを収穫。ビワジャムも作りましたよ。

2017年06月19日 | 熱海・湯河原・伊東

昨日はノドグロ、キンメを狙って出漁するつもりで、ボートの置いてある伊豆多賀港に行ってきました。ところが低気圧接近の影響で波と風が強くなりそうなので出漁を中止しました。何かあってからでは遅いので安全第一を考えての決断でした。そんな訳で折角朝早く起きたのだからと、目的を山の斜面一杯に成ったビワの収穫に変更です。今年はカラ梅雨の影響か(分かりませんが)ビワも大きく甘いのですよ。高枝ばさみを持ち出してカゴ一杯(400個以上)収穫しましたが、とても獲り切れるものではありません。また獲ったとしても朝の新幹線に持ち込めそうもないので、残りはサル君や鳥君にプレゼントです。収穫のビワの2/3は初めて煮詰めてジャムにしてみましたが3瓶も出来上がりました。暫くはビワ三昧となりそうです。あ〜っ、山の幸も良いけど、早く海の幸を何とかしたいですね。

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

奥湯河原の不動滝を見てきました。

2017年06月18日 | 熱海・湯河原・伊東

昨日は久しぶりに湯河原に出かけ美味しいお蕎麦を食べてきました。そのついででいつも目の前を通り過ぎてしまう奥湯河原の不動滝を初めて訪れました。駐車場に自動車を止めて、階段を上ると直ぐに温泉玉子や甘酒、ところてんを販売しているお茶屋さんあり、そこを通り過ぎると目的の不動滝が現れました。落差は15mとスケールはやや小さいながら水量は豊かで、思わずアオリを使って撮影すればそれなりの写真になるのではと想像してしまいます。暫しマイナスイオンを浴びて身体を癒し(たつもり)、自動車に戻り更に走り出すと奥湯河原に巨大建物を発見です。そう何年か前から大規模工事をしていた、テレビコマーシャルでもお馴染みに「湯河原 離宮」です。今年3月にオープンしていたこの「湯河原 離宮」は会員制の高級リゾートホテルとの事ですが、そのスケールはとんでもなく大きいものでした(1カットでは全貌は写りません)。きっと一生縁の無い施設と思いますが。

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「赤羽・岩淵界隈撮影会」のロケハン終了です。

2017年06月17日 | 撮影

開催日を7月1日に変更した「赤羽・岩淵界隈撮影会」のロケハンに行って来ました。今回の撮影会では二回目になるロケハンでしたが、苦労した甲斐があってベストなコースが出来たのではと自負しています。岩淵水門あり、小山酒造あり、古いお寺あり、更には若者にも人気な飲み屋街ありと「赤羽・岩淵」の代表エリアを全てカバーしていると思います。ただ歩数が何時もより多い12000歩だったのが気に掛かりますが「7月1日はこのコースで行こう!」と決断です。後は地図を作成してお寺などの情報を調べれば何とかなるのでは・・・・と思います。因みにこのエリアは荒川に隣接するので、必ずテーマにひとつになるのが「水」ですよね。水門、水道、酒造所、カッパ、川魚などですが、その中の川魚に関しては飲み屋街にも川魚料理屋がかなりありました。そんな訳で12000歩も歩いたご褒美に「うな重」を疲れた身体にプレゼントです。ただこの「うな重」は創業70年の老舗で食べたせいか昔を思い出す様なちょっとから目のタレの庶民的な味でした。

■開催日 7月1日(土)12時30分〜
■撮影地 赤羽・岩淵界隈
■集 合 赤羽駅東口 駅前交番
■案 内 木戸嘉一(ワイズクリエイト)
■参加費 1000円(税込)地図付。
■申 込 事前に参加申し込みをして下さい。
■備 考 スナップ用カメラをご用意下さい。

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も写真倶楽部ペーニャ写真展 「森羅万象」が開催されます。

2017年06月16日 | 写真展

群馬在住の日本リンホフクラブ会員の井出多美夫さんと若林美代子さんから写真展案内ハガキが届きました。写真展は今年第6回目の開催となる写真倶楽部ペーニャの「森羅万象」です。同クラブの講師を井出多美夫さんが担当されている関係から、日本リンホフクラブも後援団体のひとつとなっています。お近くにお住まいの方、または期間中に群馬・伊勢崎近くを訪れる予定の方がありましたら是非お立ち寄り下さい。井出多美夫さんと若林美代子さん、先日の宇田川哲夫さんの写真展オープニングパーティのスナップ写真担当ご苦労様でした。毎回、絶妙のコンビネーションによる手際の良い撮影には感嘆しています。

第6回 写真倶楽部ペーニャ写真展
「森羅万象」
2017年6月21日〜25日
伊勢崎市文化会館3F
群馬県伊勢崎市昭和町3918 

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東大構内の大判カメラ勉強会無事終了しました。

2017年06月15日 | 撮影

東大構内で開催したワイズ大判カメラ勉強会が無事終了いたしました。勉強会は東大構内の安田講堂、古い消火栓、並列アーチ門など4箇所の課題被写体を各々参加者が持参した大判カメラで撮影しました。そしてその結果は4x5インスタントフィルムを使うことにより即判明します。適切なアオリ技法を使っているか?ピント位置は?露出は?などその場でアドバイスです。参加者の中にわざわざ私の書いた「大判カメラマニュアル」を持参してくれた人もいて、ちょっと嬉しい大判カメラ勉強会になりました。次回の大判カメラ勉強会は8月9日に接写撮影を中心としたインドア編を開催予定です。

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自動車の運転に、ボートの操船に、度付きサングラスを購入。

2017年06月14日 | 日記

先日、メチャクチャ晴れて紫外線をガンガン浴びる時に出漁しましたが、釣りに必要な大事なアイテムを忘れてしまいました。お陰で数日間は雪目状態になってしまいえらく難渋してしまいました。その大事なアイテムはもちろん「サングラス」です。実は私の目は遠視と老眼で混ざっていて、自動車を運転する時でも遠視眼鏡を掛けないと何所にもピントが合わないのです(免許条件も眼鏡使用です)。昔は視力2.0以上などと威張っていたのですが、その分老眼になるのも早く、更には遠視になってしまったのです。出漁時も遠視眼鏡を掛けて自動車を運転して港に行ったのですが、いざ出漁の時にこの遠視眼鏡の上に掛けるオーバーサングラスを忘れてしまったのを気付いたのでした。経験した方なら分かると思うのですが眼鏡を2個重ねて掛けるのは厄介なんですよ・・・・。そんな事があって先日、テレビでも宣伝をしている眼鏡市場さんに「度付きサングラスを下さ〜い」と行って来ました。いろいろ目の検査をして完成したのが写真のサングラスですが、レイバンのサングラスのレンズ部分に遠視用の度数を入れて完成しました。これで自動車やボートを運転、操船する時も、これひとつで済みますので煩わしかったり忘れたりすることはなくなると思うのですが・・・。さ〜っ、これから夏本番で、釣りも本番です。このサングラスを掛けて大漁を目指しますよ。

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

宇田川哲夫さんの写真展オープニングパーティ。

2017年06月13日 | 写真展

開催中の宇田川哲夫さんの写真展「ペルーアンデスの高峰」のオープニングパーティが先週土曜日(10日)にマロウドイン赤坂でありました。写真仲間、山岳中間、飛行機仲間、音楽仲間、飲み仲間などが70人も集まり宇田川哲夫さんの快挙を祝福していました。今回の宇田川さんの写真展は、3年間、毎年ペルーアンデスを訪れ、何と4ヶ月も滞在して撮影した作品を展示した大作で観る人を圧倒する作品揃いとなっています。またその理由のひとつとして、殆どの作品を大判カメラで撮影している事も見逃せません。情報量豊かでクオリティの高いB0判サイズ(1456x1030mm)のプリントは大判フィルムだからこそ実現した気がします。オープニングパーティは宇田川さん自らのフルート演奏もあり大いに盛り上がりました。写真展は15日迄開催していますので是非お訪ね下さい。

《宇田川哲夫写真展「ペルーアンデスの高峰」》
 【東京展】 期間 2017年6月9日(金)~15日(木)
       会場 富士フイルムフォトサロン東京スペース1
 【京都展】 期間 2017年9月22日(金)~27日(水)
       会場 AMS写真館ギャラリー1 
 【札幌展】 期間 2017年10月27日(金)~11月1日(水)
       会場 富士フイルムフォトサロン札幌

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熱海・伊豆山の大収穫が期待できるビワ。

2017年06月12日 | 熱海・湯河原・伊東

熱海・伊豆山の「小屋スタジオ&なんちゃって漁師基地」周辺のビワの木に実が目立つようになりました。写真は丁度一週間前のものですが、今が丁度収穫に最適な時期になったのではと思います。間引きするなど何もしてないので実が成り放題となり、やや小粒なのですが食べると結構甘くて美味しいのです。ビワの木は斜面に何本あるか分からないのですが、いつも収穫しきれずに鳥やサルのエサになっている様です。因みに昨年は高枝バサミを使い100個以上収穫しましたが、結局食べきれないのでお客さんにお裾分けしました。またその他にも夏ミカンの木もあり大きなミカンが成っていますが、こちらもジュースを作るときに2〜3個採るだけでその後は関知していません。その他、斜面にはカキ(甘柿)も出来るのですが斜面故に収穫が面倒でついつい・・・鳥やサルに・・・・。仕事をリタイアしたら斜面に回廊を作り収穫しやすい様にしようとする計画もあるのですが・・・何時のことになるやら。今はやっぱり山の収穫より、海の大漁かな。

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワイズのマスコットスズメのピーちゃんは健在なり。

2017年06月11日 | 日記

ワイズクリエイトのマスコットスズメ「ピーちゃん」の様子が近頃おかしいのです。湯島のガソリンスタンドに落ちていて自動車に轢かれそうになっていたのを連れ帰ってからもう12〜13年になるのですから、ピーちゃんはかなりのお婆ちゃんスズメと思うのですが・・・・・。この頃写真の様にプラスチックのえさ箱の中に入って過ごす機会が多いのです。足元にはエサがあるのですから食べるのには好都合なのでしょうが、今まで一度もなかった行動パターンなので驚いています。相変わらず「ピ〜チャン、ピ〜チャン」と鳴いたり、「ピ〜ヒョロ、ピ〜ヒョロ」と歌ったり元気なのですが外見が若いスズメと比べると・・・・。ただ先日、このピーちゃんの歌声に吊られて、一羽のスズメが店の中に入って来てしまいました。丁度自動ドアが開いている時だったのですが、きっとこのスズメは雄で、未だ未だ衰えぬピーちゃんの魅力故に入って来たのかと良い方に想像してしまいました。

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加