大判カメラ日記。

ワイズクリエイト・木戸嘉一のブログです。

えっ!長男が一級小型船舶士の免許を取得!

2016年02月08日 | なんちゃって漁師

長男から「一級小型船舶士の免許を取った!」と連絡があった。ひぇ〜っ、確か正月に会ったときには「もしかして小型船舶士の免許を取ろうと思っている」と聞いてはいたが、まさか1ヶ月後に免許取得してしまうとは驚きであった。寒さに弱い「なんちゃって漁師」は未だ今年になって漁にも出ていないのに、長男は何回も船の操縦教習と筆記教習をしていたのである。因みに現行の小型船舶士免許は(1)一級小型船舶士(2)二級小型船舶士(3)特殊小型船舶士と大きく三つに分類され一級と二級の違いは前者が20トン未満の船舶を全ての海域で操船できて、後者は五海里(約9.26Km)以内の海域の操船が可能なことである。そんな事から一級免許の試験の筆記・実技は勿論のこと上級科目としてコンパス、定規等を使う海図問題まであるのです。もっと現実的な例を挙げると「なんちゃって漁師」の出漁基地の熱海・多賀から二級免許でギリギリ初島まで行けそうですが一級免許なら大島でも三宅島、八丈島まででも行くことが出来るのです。実は私も昔(30年以上前)に本屋さんで船舶免許の本を購入し、満足な勉強も一回の操船実技も無い状態で、今で言う二級小型船舶士の湖川小出力限定免許を一発試験で受験したことがありました。甘く考えていて誰かのやる試験を見よう見まねでやれば何とかなる・・・と思っての受験でしたが、私以外の受験生は全員ボート教室の卒業生だったのにビックリし、更に実地試験の一番手が私で、見よう見まねも出来ない状態での試験でした。初めて乗った小型船舶を離岸・接岸し、直進・スラローム走行し、いきなりの落水者救助まであって汗びっしょりになっての試験だったことを覚えています。えっ、結果はですか。運が良いんですかね落ちた人もいましたが、何と合格してしまったのでした(今は更新しないで失効状態です)。話を戻しますが、長男からは漁船でも手に入れて漁に出ようとメッセージもありました。また話を聞いた次男は「全員で漁師が出来るね(笑)」ともありました。迷走する「なんちゃって漁師」は先ずは二級小型船舶士免許の取得ですかね。写真中は先日、熱海・多賀で知り合った会社勤めから華麗に漁師へ転職した方の漁船ですが羨ましく思ってしまうのは何でだろう・・・・。

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6年目のタイヤ交換は高かった!

2016年02月07日 | 日記

昨日は普段乗ってる普通車のタイヤ交換に東雲に在るスーパーオートバックスに出かけてきました。2009年式の自動車ですが走行距離は2.5万キロ位しか走って無くて初めてのタイヤ交換でした。因みに昨年秋に熱海専用車の軽自動車・EKワゴンでも4本分のタイヤ交換をしましたが締めて13000円程で済んだのですが普通車はメッチャ高いですね。タイヤ1本で40,177円に交換工賃や処分料、窒素ガス代など数千円掛かります。今回は運良く丁度キャンペーン中と言う事もあって担当者に「え〜ん、え〜ん」と泣きついてタイヤ4本+何やかやで合計128.560円にしてもらいました。それでも軽自動車の10倍です。タイヤ交換した帰りの道のりは確かに乗り心地が良くなったのを実感しましたが暫くは小遣いの範疇で節約しなければなりません。ただ12.8万円を6年で割ると1年で約2.1万円か!と安全性も考慮して「仕方ないか!」と多少納得でした。

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本リンホフクラブ写真展が開幕。オープニングパーティも賑やかでした。

2016年02月06日 | 写真展

日本リンホフクラブ第6回写真展「大判カメラでとらえた世界」が昨日よりスタート致しました。10時のオープンと共に会場となった富士フォトギャラリー新宿には沢山の方々が来場され、とても賑やかなギャラリー風景になりました。1枚1枚をじっく鑑賞して感嘆したり、撮影の情況についての質問もありアテンドしたスタッフは大忙しです。また夕刻から開催されたオープニングパーティには全国各地から集まった会員だけで無く、プロ写真家、メーカー、現像所等の関係者も合流しこちらも大賑わいです。写真展は今日の土曜日、明日に日曜日も含め11日14時まで開催していますので是非ご来場下さい。
第6回日本リンホフクラブ写真展

「大判カメラでとらえた世界」
東京:富士フォトギャラリー新宿
2016年2月5日〜11日 
大阪:富士フイルムフォトサロン大阪
2016年3月4日〜10日 
京都:A'BOX GALLERY
2016年4月1日〜6日   

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真家の青野恭典さんがご逝去されました。

2016年02月05日 | 日記

いや〜っ、驚きました。写真家の青野恭典さんのご逝去の報が入りました。何でも先月26日に亡くなったとのことでした。近親者のみでの密葬だったそうですが偲ぶ会の計画もあるともお聞きしています。青野恭典さんとは前職からのお付き合いで、撮影会の講師をお願いしたり、ご自宅にお伺いして仕事をしたこともあります。1999年に日本橋でワイズクリエイトを創業した時にはわざわざお出で頂いたのを昨日の事のように覚えています。今日の写真はその時のものですが、何時も元気で積極的な写真家で長野の「かんてんパパガーデン」に常設の「青野恭典フォトギャラリー」も展開してもいました(現在も「みちのく光彩」を開催中)。ご冥福をお祈りしたいと思います。さて今日はいよいよ日本リンホフクラブの第6回写真展「大判カメラでとらえた世界」のオープニングです。私も午後からアテンドする予定ですので是非ご来場下さい。そんな訳で昨日は写真展の搬入・設営でしたが写真展委員のメンバーも6回目となれば慣れたものであっと言う間に設営完了でした。ただちょっと気になったのが一部のプリントに色乗りが不足しているものがあったことです。ちょっと残念ですが今後改善したいと思います。皆さ〜ん、待ってますよ。

第6回日本リンホフクラブ写真展
「大判カメラでとらえた世界」
東京:富士フォトギャラリー新宿
2016年2月5日〜11日 
大阪:富士フイルムフォトサロン大阪
2016年3月4日〜10日 
京都:A'BOX GALLERY
2016年4月1日〜6日  

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉村和敏さんの新刊写真集「KAMI-GOTO 五島列島上五島 静かな祈りの島」が届きました。

2016年02月04日 | グルメ

写真家の吉村和敏さんから新しい写真集が届きました。その写真集の名称は「KAMI-GOTO 五島列島上五島 静かな祈りの島」です。吉村和敏さんと言えば昨年10月に日本リンホフクラブの定例会を担当頂き、その時に「年末までに大判カメラで撮影した写真集「KANRANSHA x 観覧車」を出版する予定で、その後「五島列島」の写真集も出したい」とお聞きしていました。そしてその言葉の通り昨年11月末に「KANRANSHA x 観覧車」を出版されました。お送り頂いた「KANRANSHA x 観覧車」を拝見しながら「五島列島」の写真集出版云々と言っていたけどいろいろ取材が大変だな・・・何時に出版するのかな・・・?と思っていましたが、まさか2ヶ月後に早々と「KAMI-GOTO 五島列島」を出版してしまうのですから驚きです。幾ら精力的に取材をされる写真家と理解していてもこのペースに信じられないくらいです。もしかしたら分身の術でも使って同時期にいろいろなところに取材に出掛けているのかもしれませんね。「KAMI-GOTO 五島列島」のページを一枚一枚捲っていっても、丁寧に時間を掛けて撮影していることが理解出来ます(凄い)。あとがきを読むと8年前に上五島に出会いヨーロッパの片田舎を彷彿させる景観に心奪われ撮影を開始、それから何回も上五島に足を運び2012年には4回も訪れたとありました。そうなのです。吉村和敏さんは沢山の写真集を驚異的なスピードで出版していますが、決して手を抜くことなく、どの写真集も100%の力を出して撮影に取り組んでいるのです。いや〜っ、頭が下がる思いです。ある意味、今までの日本の写真家と全く違うカテゴリーを築き上げてしまうかもしれませんね。皆さん「KAMI-GOTO 五島列島上五島 静かな祈りの島」を是非購入して下さいね。またサイン入りで欲しいと言う方がありましたらご相談ください。

吉村和敏写真集
「KAMI-GOTO 五島列島上五島 静かな祈りの島」
丸善出版:2700円+税
 

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ今週5日から日本リンホフクラブの写真展が開催されます。

2016年02月03日 | 写真展

さあ〜っ、今週はいよいよ第6回日本リンホフクラブ写真展「大判カメラでとらえた世界」が開催されます。4日の午後が会場搬入・飾り付けで、5日の10時から開幕です。因みにこの写真展は同クラブの写真展委員会メンバーにより実行されますが、もちろんワイズも事務局としてお手伝いしています。また会場で配布されるA4・4ページの出展図録、挨拶ボード、作品キャプションもワイズの制作によるものです。因みに図録も無事印刷が完了しましたし、挨拶ボード、作品キャプションも昨日出来上がりましたのであとは搬入するだけです。因みに第6回となる同クラブ写真展ですが、今回から題名を変更して前述の「大判カメラでとらえた世界」としました。これはデジタルカメラ全盛の今の時代に解り易く、究極の銀塩フィルムである大判フィルムを使って作品にしていますとのメッセージでもあり、更に大判カメラの特性でもある「精密描写力」「アオリ技法」を是非体感頂きたいとの思いでもあります。写真展は東京〜大阪〜京都と巡回しますので、多くの方に是非ご覧頂けたらと思います。

第6回日本リンホフクラブ写真展
「大判カメラでとらえた世界」
東京:富士フォトギャラリー新宿
2016年2月5日〜11日 
大阪:富士フイルムフォトサロン大阪
2016年3月4日〜10日 
京都:A'BOX GALLERY
2016年4月1日〜6日  

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライトアップされる熱海・糸川沿いの「あたみ桜」。

2016年02月02日 | 熱海・湯河原・伊東

昨日に引き続き熱海ネタです。先日のブログにも書きましたが今、糸川沿いの「あたみ桜」が満開です。訪れる観光客も「えっ〜もう桜が咲いている!」「熱海ではもう満開なんだ!」などの歓声が上がっています。ブログでも説明しましたが「あたみ桜」は明治4年頃にイタリア人によってもたらされた日本で一番早咲きの桜なのです。ですから昨年末にも開花が始まって今は最高の見頃となっています。そして今が見頃の理由がもう一つあるのですが2月14日までこの糸川沿いのあたみ桜がライトアップされていることです。ライトアップは17時から23時なのですが観光客は既に旅館やホテルにチェックインしていて意外とこの時間に訪ずれる人は少ないのです。ですからライトアップされた「熱海さくら」を撮影するにも三脚をじっく構えて時間を掛けることが出来ます。因みに熱海では「熱海花めぐりフォトコンテスト」(3月31日まで)も開催していて、この中に「さくら部門」があり、熱海温泉ペア宿泊券などの商品もありますので興味のある方はチャレンジして下さい。

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熱海駅前の夜は早く食事はカウンター席のみのラーメン屋さん。

2016年02月01日 | 熱海・湯河原・伊東

夜8時頃に熱海駅で降りて「夕食でも食べて行こう」と思っても、やっぱり熱海は温泉観光地に在る駅なのですね。駅周辺の飲食店はほとんど閉店していて夕食を摂るのに難儀する事があります。もちろん幾つかの飲み屋さんやマクドナルドは開いているのですが、本格的に夕食となるとわざわざ銀座町方面に向かわなければなりません。そんな時たまに利用するのが駅前から続く平和通り商店街をちょっと入って左に折れた所にあるラーメン屋・雨風本舗さんです。カウンターが7席くらいしかない小さなラーメン屋さんですが、今は懐かしく思える半熟玉子、チャーシュー、シナチク、海苔の載った醤油ベースのややしょっぱいと思えるスタンダードラーメンを食べる事が出来ます。味も癖になる美味しいラーメンですよ。この日も入店すると地元と思えるお客が2人座っていて美味しそうにラーメンをすすっています。初めて醤油ラーメンと半チャーハンセットを頼みましたが、この味、ボリュームで950円ですし、寒い中に納得のラーメンセットでした。(今、熱海駅は大改造工事中です。駅は商業施設を含む大きな建物になるそうなので夕食にも対応出来るテナントが入ればいいな・・・)

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

谷中の「指人形笑吉」に注目です。

2016年01月31日 | 日記

先日開催の谷根千撮影会で参加者を「指人形笑吉」に案内しました。「指人形笑吉」は根津方面からヘビ道を歩き、よみせ通りに入って直ぐ右の路地にある、正式名が「指人形笑吉工房」と言う工房兼劇場付き店舗です。露木光明さんという作家が2000年に発表した「指人形笑吉」はその愛くるしい風貌から多くのテレビ・新聞・雑誌等で取り上げられ瞬く間に人気の人形となりました。工房の中にはミニ劇場が用意されていて3人以上集まれば30分の指人形劇を見る事が出来ます。因みに演目は、笑い上戸/よっぱらい/50年後の冬のソナタ/ウォーターボーイズなどで1人500円の観劇料です。また指人形に筆を持たせて「指人形が描く似顔絵」も1000円で描いてもらえますよ。そして極めつけは「似顔人形」で、何と正面、横、斜めの顔写真からそっくり似顔の指人形が出来てしまうのです。写真の人形の中にも渥美清さん、笑福亭鶴瓶さん、畑正憲さんなどが居るのでじっくり見て下さい。そしてこの「似顔人形」ですが以前は製作期間数年だったのが、今は1ヶ月位で完成すると言いますので、貴方も記念に作られたら如何でしょうか?あっそうそう製作費は50000円だそうです。

指人形笑吉工房
東京都台東区谷中3-2-6
03-3821-1837 

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

向島界隈撮影会でも立ち寄る東武博物館は穴場かも。

2016年01月30日 | 東京散策

先日のブログで3月開催予定の「今と昔が融合する・向島界隈撮影会」のロケハンに出掛けた事を書きましたが今日はその関連話です。撮影会の集合予定駅でもある東武線・東向島駅は正直なところマイナーな駅と言うイメージを持っていました。駅前の商店街も取り立ててどうって言うこともありませんですし・・・ところがです、この駅に隣接していたのが「東武博物館」だったのです。東武鉄道は総営業キロ数463.3Kmにも及ぶ鉄道路線を有する1897年創業の大手私鉄ですが、創立90周年を記念して1987年に身近な交通機関である鉄道やバスに親しみ理解してもらおうと東武鉄道の歴史や文化・役割を紹介する「東武博物館」を東向島駅隣接地にオープンしたのでした。館内は8つのコーナーに分けて構され蒸気機関車や旅客車の展示はもちろんのこと、実際に触れて、体感できるようシミュレータや実物機器までも設置しています。入場料は大人200円と手頃なので是非入館して欲しい施設でもあります。因みに中年おじさんにとっては茶色の木製客車やボンネットバスが懐かしく思えて仕方在りませんでした。向島界隈撮影会でも30分ほどこの博物館見学に時間を割こうと思っていますのでご期待下さいね。場所が場所だけにそれほど込んでも無くて穴場のスポットかもしれませんね。

東武博物館
〒131-0032 東京都墨田区東向島4-28-16
TEL.03-3614-8811 

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今、熱海では「あたみ桜」が満開です。

2016年01月29日 | 熱海・湯河原・伊東

早いものですね〜もう数日で2月に突入ですよ。ワイズオフィス近くの湯島天神でも2月8日から恒例の「梅まつり」が開催されます。どこで何があろうとも確実に春が近づいているのです。さて、「小屋スタジオ」と「なんちゃって漁師基地」のある熱海では、一足早くあたみ桜が満開になっています。ただ、熱海と言えば「さくら」より「梅」で、良くマスコミに紹介される熱海梅園があまりにも有名ですが温暖な気候故に既に「熱海梅園梅まつり」は1月9日(3月6日まで)から開催されているのでした。しかし近年人気急上昇なのが前述の「あたみ桜」で明治4年頃にイタリア人によってもたらされた早咲きの桜なのです。今年は暖冬の影響からか昨年末には開花が始まり今は花見の宴が開けるほどの開花情況です。「あたみ桜」はひとつの枝に早期に開花する花芽と後期に開花する花芽が形成されるため、開花期間が1ヶ月以上と長いのが特長だそうで暫くは花見が楽しめそうです。是非熱海を訪れ「あたみ桜」をお楽しみ下さい。因みに熱海市役所では写真の様な開花情報をホームページで紹介していますのでご参考にして下さいね。

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は極上品の大判レンズの紹介です。

2016年01月28日 | カメラ機材

今日のブログは久しぶりに委託品の話題です。そしてズバリ紹介するのはとびっきり上等なフジノン大判レンズです。ご存じの様にコパル社が大判レンズ用のシャツターを製造中止して、残念ながら新品の大判レンズを入手することが出来なくなってしまいました。もちろん巷の修理屋さんは部品等を豊富に所有していますので修理等は問題がないのですが新品レンズが無いというのは寂しいことです。ですから大判レンズを入手する場合は中古品の中から自分の目で見極めて極上品を探す他はないのです。そんな大判レンズ事情の中、今日紹介するのはあるコレクターが放出したほとんど使用感のない極上大判レンズなのです。もちろんメンテナンスのために時々空シャッターを切っていたと言うものですから、安心して撮影に専念できる大判レンズでもあります。詳細は下記の通りですが中古市場でも滅多にお目に掛かれないものもあります。皆さんお早めにお求め下さい。

フジノンT600mmF12 90,000円+税
フジノンT400mm F8 42,000円+税
CMフジノン 450mm F8 85,000円+税
フジノンSWD 65mmF5.6 60,000円+税
フジノンSWD 75mm F5.6 68,000円+税 

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

界隈撮影会の後に届いた努力の作品。

2016年01月27日 | 撮影

昨年末の本郷界隈撮影会、新年の谷根千界隈撮影会両方に参加されたYさんより写真入りハガキ2葉をお送り頂きました。また先日の日本リンホフクラブ定例会時にもA4サイズに4枚の写真がレイアウトされたプリントを2枚(8写真)を頂戴しました。これら合計10点の作品を拝見しただけでYさんの写真の腕前がわかります。それはそうですよね、Yさんはある写真雑誌が主宰する大きな写真賞を受賞した人なのですから。1枚1枚写真を拝見していると「あれっ?」と気付きます。あの撮影会の時は「こんな光線状態だったかな?」との疑問が湧いてくるのです。分かりました!そうなんです、Yさんは撮影会が終わった後、日を改めて同じ場所に行って写真を撮っていたのです。谷根千界隈撮影会時の撮影スポット「夕焼けだんだん」に到着したのは13時過ぎでした。Yさん曰く「夕焼けだんだんと言うくらいだから夕焼け時に撮影したかった」と、夕陽が差す谷中商店街を見下ろす夕焼けだんだんを撮影し直していたのです。また、本郷界隈撮影会の時も「撮り残した写真があったから」と再訪しています。写真の上手い人は確かに才能もありますが、忘れていけないのは努力ですよね。1回で良い写真を撮影するのではなく何回も足を運んで自分のイメージする写真をモノにするのが上手い写真家だと思います。因みに両撮影会にゲスト参加した写真家の石田研二さんもYさんと同じ様に撮影地を再訪して作品を作り上げています。3月開催予定の「向島界隈撮影会」には石田研二さんも参加され、Yさんも都合が付けば参加したいと言っていました。撮影会の時にはこんな2人の動向に注目するのも写真上達の秘訣かもしれませんね。(Yさんや石田さんの作品を見ていると、誰かが言っていた「界隈シリーズ写真展」を開催したくなりますね)

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

更にパワーアップする不忍池のスズメ餌付けおじさん。

2016年01月26日 | 東京散策

数年前のブログで不忍池畔でスズメに餌付けしているおじさんの事を書きましたが覚えていますか?確かそのおじさんは特性のカステラを手の上に置き数10匹のスズメに餌付けしていたのです。先日同じ不忍池畔でこのおじさんを発見しました(同じ人と思うのですが?)。今回このおじさんは更にパワーアップしていて前回より沢山の100匹近いスズメたちを得意げに集めていたのでした(正確に数えた訳ではありませんが)。暫くこの光景を見つめていると「餌やってみる!」と私と家内の手のひらに小さく砕いたお米をのせました。その途端でず。見て下さい沢山のスズメが手の上の餌を求めて来襲です。我がワイズオフィスのマスコットスズメのピーちゃんを手の上に載せることがありますが、この野生のスズメ達はピーちゃんよりかなり重く感じます。野生で育っていろいろなモノを食べているので肉付きが良いのかな?等と思っているとあっと言う間に手の上(腕も含め)のスズメ達は10匹近くになり更に重たくなります。以前はカステラの餌だったので数に限りがあった様ですが、今回は砕いた米を餌にしているのでかなりの量を持参しているらしく見物人に「餌やってみる?」と言いながら餌付け体験を促しています。無料でこんな体験が出来るのですから皆さん喜んで餌付けを楽しんでいますが、時折ハトがこの餌をもらおうと手の上にのると「ダメだ!ダメだ!ハトはだめだ!」とこのおじさんハトを追っ払うのです(何でだろう?)。因みにこのおじさんかなりの頻度で不忍池畔で餌付けをしていますので、お子さん連れで出掛けてみては如何でしょうか?特に子供達には人気と思うのですが?

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

文京シビックセンターから東京の街を撮影。

2016年01月25日 | 撮影

東京地方は先週土曜日から日曜日に掛けて猛烈寒波の来襲で大雪が降ると予報がありました。そんな時は食べ物を買い込み家で本でも読んで大人しくしていようと思っていたのですが予報に反して大変良い天気になりました。ただこの猛烈寒波は近畿〜関西〜四国〜九州〜沖縄など西日本では大変な影響で各地で氷点下を記録し、長崎11Cm、鹿児島4Cmの積雪があり、奄美大島では115年振りの雪を観測したそうです。またこの寒波は尾を引きそうですので皆さん気をつけて下さいね。さて、そんな情況の日曜日でしたが雪が無いのだからと先週に引き続き、神田方面に目標10000歩の散歩に出かけて来ました。歩いていると陽が差すエリアでは温かく感じるのですが日陰で風が吹く場所ではやはり寒波の影響からか寒く感じます。ただ冷たい空気が思ったより気持ち良く「そうだ!こんな空気ならば高い場所から東京を見下ろしては!」と文京区役所でもあるシビックセンターを目指しました。エレベーターを展望ラウンジのある25階で下りると、そこには眼下に東京の街を見下ろせるスペースが広がっていました。子供達が窓ギリギリまで身を乗り出して指を指しながら何か大きな声で叫んでいます。窓を覗き込むとワイズオフィスのある本郷を眼下に捉え、その先には東京スカイツリーが凛と建っています。池袋や新宿の高層ビル群は勿論のこと、筑波山、富士山、大山まで見渡せます。コンパクトカメラを取り出しシャッターを切りますが、今のコンパクトカメラは写真下の富士山や東京スカイツリー展望室までもが写すことのできるズームレンズ性能を持っているんだと改めて感嘆です。因みにこの展望ラウンジは無料で入ることが出来ますので、こんな天気の良い日には絶好の撮影ポイントになります。お弁当持参で来場される方も居ましたし、皆さんも是非訪れたら如何でしょうか(ただし三脚は使えません)?そうだ、今度は雪が降った後の東京も撮ってみようかな。

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加