旅好きおやじ

京都を中心にした旅好きおやじの気まぐれ日記です。

初夏の神戸

2017年07月31日 | 国内旅だより
      兵庫県立美術館  


      連日猛暑です。耐え難い暑さが続いています。
      7月はじめ兵庫県立美術館へ「ベルギー奇想の系譜展」を見に行って来ました。
      終わりに近づいた土曜日のためか多くの方で賑わっていました。
      
      ヒエロニムス・ボス の「ヒエロニムス・ボス工房」しか見たことが無かったのですが
      ベルギーとその周辺地域を代表する「奇想」の画家たちの作品はどれも奇抜で繊細な作品が、特に
      トマス・ルルイの「生き残るには脳が足りない」は圧倒されました。

      ジェームズ・アンソールの「オルガンに向かうアンソール」の顔・顔・かお・ 表情がとても豊かで感情がそのまんま・・・
       


















      ヒエロニムス・ボス工房 「トゥヌグダルスの幻視」  
                                トマス・ルルイ 「生き残るには脳が足りない」




      兵庫県立美術館レストランからの眺め・・・次回11月2日に訪れ食事の予定です。
      神戸港で高校の同期会を開催、あと「エルミタージュ美術館展」を鑑賞にきます。




メリケンパークが神戸港開港150年に合わせ一部リニューアルしています。前回ホテルから眺めていると槌音高く工事中でした。

      公園内でコーヒーなど飲みながら港を眺め、「BE KOBE」では若者が記念撮影を楽しんでいました。














       震災メモリアルを見ながら震災当時を思い
       復興なった神戸港・・・を後に南京街へ 













       淡路SAから・・・


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初夏の京都へ 4 | トップ | 暑中お見舞い申し上げます »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国内旅だより」カテゴリの最新記事