☆プーニャンのだらだら日記☆

おさちゃん大好き!あさこちゃん大好き!オサアサ大好きな私の阿呆一杯の日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おさあさ・あさおさWシシィ拝見

2012-07-19 20:02:09 | おさちゃんとアサコさん
7月に入りもう半月以上過ぎてしまいました

ドキドキハラハラで待ってた2012年のエリザベート
先日、7日におさちゃんシシィ、
昨日、18日にあさこちゃんシシィを観ることができました


11ヶ月ぶりの博多座です
 

9日は、初おさちゃんシシィを観劇しました。
すんごい緊張しました。

観る前から、
ドキドキドキ・・・・
ハラハラハラ・・・・
そして、ワクワクワク・・・

ちびシシィっっ

か わ い い い い い い

私はこの日、B席の端で観劇、
んでもってオペラを忘れるという大失態。
だからかどうだか、お顔の詳細は分からず(笑)

すんごいかわゆかったよおさちゃん~~~
んで、ちびシシィはおこちゃまなんだけど、
銃を構える仕草やベンチに方足乗っけてマックスにたしなめられるとこは
なにげに素敵でキュンでしたわ

歌もどうなることやらと期待と不安が入り混じってましたが、
良かったです~~!!
ほんと良かったです~~~

「私だけに」なんて奥歯をぎゅっと噛みしめながらこぶし握りながら聴き入ってましたが、
さいごの一声の後、うおーーーっと安堵と喝采
ああ、良かった良かった。

「私が踊る時」も迫力あってよかった
トートになんか負けてはいられない。

晩年の演技と歌とせりふの声もいい、
ちょっとまたっりしたどんよりした病的な具合も良かった。

良かった良かった
本当に良かった。

ひたすら良かったで終わった初おさエリザの観劇。
観終わった後どーーーっと疲労感が(笑)

なんかですね、嬉しさやら緊張やらが一気に溢れてバブルがはじけた感じ。
もうぐったりですわ。

その後お友達と3時間おしゃべりし
あさこちゃんファンのお友達もおさちゃんシシィ良かったと言って頂き嬉しかったです。

お友達曰く、おさちゃんはますます痩せてるらしく、
鎖骨や肩の骨が飛び出てるそうで、
もしや、カキピーの生活か・・・?
と心配・・・


そして、10日経ち、
今度はあさこちゃんシシィの初見

今度もC席かB席でと思ったのですが、
高校生の団体が入っててBは貸し切り状態で席はなく、Cも完売で立ち見が出てて、
正直この年でこの演目の立ち見はしんどいと思い、
A席のリピーターチケットというもんを買いました。

通常A席15,500円のところ、前回観た半券を提示することにより、
ちょっとお安く買えるのです。
12,500円になり更に1,000円分のお弁当券と1,000円分のスイーツ引換券付き。
12,500円でもかなり高いんですけどね。

庶民にはリピチケの値段も厳しかったですが、
1階の7列目だったのでかなりよく見えました。
今回はオペラ持参しましたが殆ど使わなかったです。

あさこちゃんシシィ、2010年に一回見ましたが、あまり覚えてなくて。
やっぱこの方のチビシシィも超可愛い。
おさたんも可愛かったし甲乙つけがたい。

おてんばっぽいのはやっぱあさこちゃんか、
いやどっちもどっちか?

お見合いの場面の、パラソル回しはあさこちゃんは成功
おさちゃんは私が見た時は落としてたけど、
普通に落として普通に拾ってた。失敗しても動じません(笑)
確かにね、シシィにとっちゃただの遊びですから(笑)

あさこちゃんはお肌ハリハリプリプリつやつやしてて若々しかった。
歌も2年前とえらい違う感じ、地声が伸びてる感じ?声量もある。
努力されたんだろうなぁ・・・
せりふの声もハスキーボイスちっくで良かった・・・


今回、改めてエリザベート観劇して、
なんだか色んな場面で感情移入してしまった。

ミルクの場面なんて迫力あって凄いとは思っても、
今までは泣きそうになったりしなかったのに、
民衆が気の毒で気の毒で、
あんたたち牛乳すらも飲めないんだね・・・
乳飲み子は栄養失調で病気になっちゃうね・・・
と思うと
可哀相でうるっときた(泣いてはおりませんが)

フランツに対しても、あんた本当に選び違えちゃったのね、と思った。
ルドルフ共々、最高に気の毒な夫と息子に思えて、
この二人が不憫で仕方なかったです。

特にルドルフなんか、ゾフィからシシィ側に引き取られたものの、
最愛の母親は息子ほったらかしでいっつもどっか行ってるし、
最後はあんなだし、
短い人生全くいいことなかった気がする。

ゾフィの最後も悲しい。
おばあさんも辛かったのね。

そしてみーんなシシィに振り回されまくったのね・・・
当然シシィも気の毒、
お見合いに付いて行ったばっかりに、フランツに選ばれてしまい、
断ることなんてできないしねぇ・・・

そっからシシィを始め、皆さん不幸な人生を歩む訳で
なんか気の毒だらけな人達の話って感じで、
ヅカ版を始め、何度も観てるはずなのに、
ハプスブルグ家の終焉が新鮮で、シシィが厄病神(ごめんちゃい)にも思えてきた。
こんな風に思うのは初めて。


そして18日の公演の団体さん。
高校生でしかも男子生徒が多くて正直観る前は、
今日は諦めの日だな、と思ってたのですが、
なにがなにが、場内が暗くなった途端シーン・・・
全編静かに観てくれてました。感心!
観てくれてた・・・というか、幕間で2階見たら多くの生徒はうつぶせて寝てたけど(笑)
ま、それでも静かだったらいいんです(笑)

冒頭の大事な場面、
トート閣下がゴンドラで上から斜めに下りてくるシーン、
ここで一発笑いが起こりそうで心配してましたが、全くそんなことはなく、
そこで笑いそうになったのは多分私だけだったんですね(^^;

長くなりましたが、博多座の前の柱に閣下達やWシシィ様達の
カッチョイイモノクロのでかいお写真が貼り付けてあります。
なかなかよい撮影スポットです(笑)





ロビーの階段の途中にもWシシィ様が


そして、
博多座のロビーには出店が沢山あるのですが、
なんでもかんでも「エリザベート」と書いてあるのには笑えた。

海産物の出店の
くらげやめかぶにも「エリザベート」の帯が・・・
記念ってことなんでしょうが、商魂たくましさに感服です。
思わずめかぶ買いそうになった。
海藻ですから身体にいいし、シシィの黒髪にも効果あったかもです(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スカステにて、最新のあさこ... | トップ | ラストはおさエリザ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

おさちゃんとアサコさん」カテゴリの最新記事