たぬきおやじの徒然なるままに・・・

ラジコン、オカリナ、ウクレレなど趣味のことや日々の出来事を綴ってゆきます。

ボディー移植

2007年09月30日 | Scorpion
ノーマルボディはあまり好きくなくって・・・ちんたら加工してたら案の定失敗!

ってなことでシャーシ幅の合う手持ちのボディを移植しちゃいました。








トレーサーのルビコンが幅的にはピッタリ!トレーサーには新しいのを奢っちゃうのでなんの躊躇いもなく移植です。
只、ノーマルのままでは幅が合わなかったので5mmのスペーサーをボディーマウントの根元につけてます。

グリーンのリンクにラメフレークなかなか合いますな~


停滞気味のラジコンですが本格的に涼しくなってきたので弄りも遊びもそろそろ始動する予定です。がんばるぞ~
コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

Scorpion GET!

2007年09月02日 | Scorpion
ようやく涼しくなってきました。久しぶりの更新です。

仕事もようやく忙しさの峠を越え、気分的にも余裕が出てきました。

仕事帰りにちょっとぶらぶら…久しぶりにパチンコでもやりますか!
ってことで今流行の「仕事のあとは仕事だぜ!」をチョイス。

なんと2000円で確変ゲット~連荘へ。
連荘終わりで即交換したところ欲しいものが買えるほどの金額になってました。


欲しいものとは~



2.2クラスはトレーサー、ウイリーキング改と2台もあるのですが、こいつがついに発売となり詳細チェックしてると物欲がウズウズ…

宵越しの金は持たない性格なので、とある知り合いのSHOPにてGETしちゃいました。



なかなかコンパクトにまとまってるパッケージですね。



パーツも説明書のセクションごとに梱包されてて組み立てやすそうです。



ホーシング




ギアボックス

説明書のA~Dまででこんな感じです。一気に組み立てられました。
少々気になったのがダンパー。
説明書ではオイルを目一杯入れるとのことですがそうすると少々硬い!
オイルなしに変更すべき?と思いましたがとりあえずはこのままで様子を見ることにしました。




説明書E・Fまで完了。



いやーScorpionすごく気合の入ってますね~シャーシやリンクなどいたるところに「axial」のロゴが入りまくりですよ。

シャーシはもちろんアルミでブラックアルマイト加工らしいです。



ギアボックストレーがアンダーガードを兼ねてます。
樹脂製ですが、繊維が多いのかな?剛性がありそうでなかなかGOOD!
でもすぐにボロボロになってしまうのですね (;_;)



写真とかで見る限りプラ製か?と心配していたサーボプレートもアルミ製でした。


完成!





一気に完成させてしまいました。



スペアパーツを待って4WS化するつもりだったんですが、待ちきれずリンクを自作。
3チャンネルでプログラムミックスして4WSにしてます。



ノーマルではステアリングは直引きになってました。
いくら安いサーボでもすぐに逝っちゃいそうなのでタミヤのハイトルクサーボに変更です。

ウエイトはフロントがホイール含め両輪で300g、リアが200gにしてます。
装着方法は板おもりのホイール巻きです。
Scorpionはバッテリーがシャーシ上にあり重心が高いのでホーシング周りにもう少し積んだ方がよいかもしれません。



モータはイーグルの55Tを装着。アンプはKITと同時に購入したFLASHです。

ここで問題発生!サーボはMG945を2つ付けて4WSにしてるんですが、やはりハイトルクのデジタルサーボを2つ装着すると電気の供給が足らないようで頻繁にハンドリングすると動かなくなってしまいます。

そこで上の画像の中のアンプから出ている黄色いコードの登場です。
これはサーボ用電源線でフロントサーボの(+)コードへつなぐとあっさりトラブル解決です。





お決まりの足上げポーズ
純正ダンパーにはゴム製のストッパーが付いてるので足上げ規制ができます。

う~ん…やはりダンパーが硬く足上げがスムーズではないのでシェイクダウンはオイルを抜いてトライしてみます。






トレーサと大きさの比較をしてみました。
サイズはほぼ同じ大きさですね。ただトレッドはトレーサーにはホイルワイドナーをつけてるので、ノーマル状態だとScorpionのほうが少し広いです。

もうワンセットホイルワイドナーがあるので付けちゃおうかとも思いましたが…

アルミ製のホイルハブです。それもリンクとかと同色!
標準でこんなこだわりパーツが付いてるんですからしばらくはノーマルで逝っちゃいます。


説明書によるとアルミダンパーや曲げリンクなども用意されてるようですね。
スペアパーツも多数用意されるみたいなので遊ぶのにも弄るのにも今後が楽しみなマシーンだと思います。

今週はここまでで時間切れ。来週はボディだな!何色にしようかな~?








コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

ウリ坊4WSへ

2007年08月12日 | ファミリーラジコン
待ちに待った夏休み!ラジ三昧で真っ黒になる予定ですが京都は連日の殺人的な酷暑!
っていうかお外で遊んだら熱中症になっちゃいますよ~

ってなことで先日購入した電動糸鋸盤をつかってウリ坊のサーボマウントのやり直しをしました。





さすが電動、早い早い!ここまではすんなり進みました。
ちなみにホーシングとの固定のためのネジ穴は半円形のため、滑ってしまって作業が難しかったので丸やすりで加工しちゃいました。


もう一枚作成していよいよ4WSの挑戦です。が…うちには3chプロポが1台しかありませんし、
ウリ坊は息子用なのでそのためにもう1台買い増すのもお財布事情が…

そこでG-MADEの社長さんのHPを参考に2chでの4WSにしちゃいました。

ウリキン4WS
ウリキン4WS
by shingo-0712

う~んとってもシャキシャキ!小回りもかなり利くようになりましたよ。
デフロックを施してる場合4WSは必要かもです。

でも…形状がいかにも素人作りですな~
初の機械を使用しての自作ということでそこはご愛嬌ご愛嬌。

さていよいよシェイクダウンですが、体にダメージのない時間帯にトライしちゃいますね。
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

ウリ坊大変身(最終)

2007年08月05日 | ファミリーラジコン
ウリ坊の大変身も最終段階を迎えました。

ここまでの変更点をまとめて置くと…

・シャーシ前後入れ替え
・自作リンク:アッパー→7.5cm(アルミパイプ長)Vリンク
        リアー →11cm(アルミパイプ長)
・ホイール:マッドロックビードロック
・タイヤ:MOAB2.2
・モータ:ヨコモプロストック35T
・スパー:ゼノン48ピッチ96T
・ピニオン:カワダ48ピッチ15T
・サーボ:MG995
・ステアリング:自作サーボマウントにてホーシング上に設置
・ドライブシャフト:F/R共にEサベ用センターシャフト



ここまで仕上げた段階で室内にて試走をすると…

トルク反動が非常に気になりました。もう首かしげまくり!

こいつを解決すべくリンクの張り方を変更です。



こはぱぱさんのトレーサーを参考にアッパーリンクのシャーシ側取付位置を外側に変更。
これだけでもかなり抑えられます。(ビデオ撮るの忘れたので感想のみ)

でも若干反動が残るので以前より気になってたdroopに挑戦してみることにしました。



ウリキン純正ダンパーにピストン下に押しばねをいれ(サイズ忘れちゃいました)スプリングを抜きます。
5ミリほどのスペーサを入れてシャーシがサーボにあたらないようにしてみました。


droopにすると車高が下がるのでアンダーガードは必要になりますね。
今回はこんなもので作ってみました。



100均で購入した「曲がるまな板」!
素直にアルミで作ればよかったんですが、切るのと穴あけが容易な素材はないかと探した結果です。




見難いですが、角の部分をカッターで落とし滑りやすくしてます。

この素材を選んだ理由はもうひとつあるんですよ



下からの圧力がかかるとこのようにへっこむんです。これがロックでは有効かな~?なんて思ったんですが…ダメですかね?(笑)


早速droopの具合を動画にして見ました。

ウリキンクローラー[クローリング][ラジコン][ウイリーキング]ウリキンクローラーby shingo-0712

ぜんぜんトルクの反動出てませんね。droop正解ですかね。









完成

ボディはブロンコにしちゃいました。色はお決まりの「ラメフレーク」です。


お決まりの足上げポーズ








う~ん息子のために取り掛かったウリクロですが…なんかとっても仕上がりが気に入ってま~す。奪っちゃまずいっすよね(爆

ウリキンは少ない出資でクロ車化することが出来ましたね。強度等に不安要素がたくさんありますがかえって弄るのには最適かもです。

これでようやくお盆休みの準備が整った感じです。トレーサーもまもなくR2ミッションが届くし、来週には糸のこ盤も到着予定。

ラジ三昧の連休を過ごすぞ!VIVAクローリング!
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

ウリ坊大変身②

2007年08月04日 | ファミリーラジコン
さ~ていよいよウリ坊の大変身の続きをがんぱりま~す。


モーター&ギアの交換



モーターはトルクのあるものに交換です。
イーグルの55Tが欲しかったのですがとりあえず今回は入手しやすさと価格を考慮してヨコモのプロストック35Tにしました。

ギアはスパーがゼノンの48ピッチ96T、ピニオンはkawadaの48ピッチ15Tにしました。
スパーをこの大きさにするとギアカバーが付けられなくなりますが、クローリングは特に砂噛みを考慮しなくてもよさそうですのではずしておきます。

ピニオンは無加工でこのサイズが限界。まだまだスピード出すぎなのでもう少し遅くするにはピッチを変えるかコンパクトギアリダクションなんだけど…
とりあえずはこのまま行ってみます。


ステアリングの変更

ステアリングの取り回しに不安があったのでサーボマウントを自作し、ホーシング上にもってくるようにしました。



1mmのアルミ板を糸鋸で切り抜き作ったんですが…いや~自分の不器用さが嫌になります(>_<)
もう少し仕上がりがよければイパーイお見せするんですが、今回はご勘弁を。

サーボセイバーもタミヤの強化サーボセイバーにしてタイラップを巻いてます。この2点の変更でステアの切れ方が劇的に変わりました。

一応よい方向に変更できたのでここで一挙に4wSに行きたい所ですが、マウントの糸鋸切り出しは辛すぎます。
そこで・・・



卓上電動糸のこ盤逝っちゃいました(^_^;
なんか、サイズもちっちゃくて値段もお手ごろ!思わずポチッと…これで不器用な私もきっちり切り出しやパイプの切断も出来そうです。

やはり日ごろの疲れが残ってて集中力が限界です。続きは明日


コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加