光の風☆★

~画家すずきゆきおの世界~
 夢と希望に癒しの芸術を
生み出す画家の日々の、つぶやき

雑感151(変化を意識する)

2017-05-03 | 絵画
画家のパレットを見ると、
その作風の秘密が分かるともいわれる。
画風を支える色彩があるわけですから。

私の絵はカラフルだといわれる。
確かにそうかもしれないが、
それにしては使用する絵具の種類は、
たぶん作風から想像できないほどに種類は乏しい。

その乏しい中からカラフルに変貌させるのが、
テクニックといえば言えるが、
そんなに大げさなことでない。
自分には当たり前すぎることである。

すこしばかり恰好をつけて言えば、
例えば、なぜその色彩を使うのかは、
無意識の中にも私の哲学が表れてくるに違いない。

それを言葉で表現したら、
拍子抜けしてしまうほどかもしれないが、
だからこそ絵画をしているのだと思う。

最近、1年~2年前から、
以前よりも色彩の対比をすこし強くしている。
明るさが増すことを心がけている。

そして、さらに数ヶ月前から、
ほとんど使用しなかったブラックを用いている。
市販の絵の具のブラックではなく、
私のパレットから生まれたものです。

それを心の求めるままに使いだしているが、
今は何故にブラックなのか分からない。

無意識の命ずるままにブラックがパレットに、
そしてキャンバスに表われてきた。

メインサイト『すずきゆきおの世界』 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雑感150(作風が生まれた時) | トップ | 雑感152(再起動) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む