gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

風邪がなかなか抜けない人からのメールへの、返信

2017-07-15 09:31:01 | 体の変化
私は以前、咳が出始めると長引くタチで、活元運動や恩師の整体を受けながら、少しずつその傾向が変わりました。
咳は大抵D1,2,3 (胸椎一、二、三番)の硬直が原因で、咳をして揺すぶってその硬直を緩めようとするのですが、とても時間(回数)がかかります。
強くショックしてから揺すぶり、愉気をしないと、なかなか変わりません。
自ら治すには、高熱が出てその後汗が出ると、一気に緩みます。

そもそも風邪は、身体の(特に左右の)バランスが崩れたときに風邪をひき、熱を下げたり薬を飲むなど余計なことをせず、自然の経過に任せていると、風邪が抜けたときには身体のバランスが取れた状態になっており、爽快な感覚を得られます。
ただし、3 〜4日程度で経過するのが理想で、1週間以上長引くと、風邪によって体が損われる面が出てきます。
野口晴哉(ハルチカ)著「風邪の効用」が、整体協会の出版部「全生社」から出ていますが、筑摩書房の“名著復刻”シリーズで、文庫本で出ているので、一読されることをお勧めします。

薬は風邪の症状を抑えるだけで、身体のバランスを整える作用があるわけではないので、私も時々風邪をひきますが、もう何十年薬は使ったことがありません。
薬で風邪の症状が消えたとしても、体の重さやだるさが残ります。

これまで、風邪をひいている人を、数百人整体させていただきましたが、高熱(38度5分程度を目安にしています)の出ている人には手を触れません。
高熱を出すことによって、その身体が変化している経過の最中なので、その自然の経過を邪魔しないためです。

(鼻、喉がまだ変です)とありますが、鼻は頚椎、喉はC6(頸椎六番)、D10(胸椎十番)の異常が、まだ残っていると思われます。

風邪は、とにかく体を温かくして、しっかり水を飲むことです。
それから、風の強い日の外出は避けるべきですが、どうしても出かけなければならないときは、特に胸部や背中に風を受けない工夫をしてお出かけください。

お大事に。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月になって | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。