百姓通信
自然と素直に向き合い、全身で風を感じて私は百姓しています。
①土づくり②循環型③無農薬・無化学肥料④永続性を大切に!
ビジネスブログランキング
 



国内の小売市場が2年連続で縮小し、小売業大手の半数が減収するなか、アマゾンの国内売上高は1兆円を超えたという。
先日は137億ドルでwhole foods marketを買収し、その一方でヤマトや日本郵便がなかなか個別配送に戸惑うのを尻目に独自の配送網を持つため個人事業者を1万人囲い込むともいう。
アマゾンの進む道はどこなのか?道ではなく、もう既に面で覆い尽くそうとしているのか?
一つひとつ取ってみると、どれも単純に簡単に勝てる市場ではない。
例えば、人口が減少する社会の中で小売業の売上を確実にあげるには難易度がある。アマゾンはネット通販で新たな市場を再編した(それもまた楽天のような出店企業を募るという方法ではなく)といえる。
アメリカでの有機野菜の市場は頭打ちだという、今whole foods marketを買収しても今一度再編する必要がありそうだ、リアルな市場をどう再編し全世界へ波及させるか、おそらくアマゾンは既に答えを持っているのだろう。
アメリカでは一般の人が乗客を運ぶuberが人気を博しているという。日本では道路運送法で有償送迎(所謂『相乗り』)は禁じられている。アマゾンは今後、一般の人に小荷物を運んでもらおうとしている。
すべて、発想が違う。既存の枠にとらわれず社会や人間の可能性に賭けようとしている、その戦闘的な姿勢がなんともアメリカ的であり、日本の企業の持ち得ないところだ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« おわら風の盆 農夫のTシャツ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL