百姓通信
自然と素直に向き合い、全身で風を感じて私は百姓しています。
①土づくり②循環型③無農薬・無化学肥料④永続性を大切に!
ビジネスブログランキング
 



先日、埼玉の病院の手術室内で茶たて虫が発生し手術が38件中止になったという。
さて茶たて虫とは、春から梅雨時期に発生する、ダニやシラミとはまた違う寄生性の微小昆虫の総称をいい、屋外には羽根のついたものもいるという。基本的に温度は25〜29℃湿度が高い(70%以上)という環境を好み、主にカビを食するようだ。ということはカビの生えないような環境を作ってあげれば存在しないしづらい。でもその生態は不思議で雌しか存在しないという、雄と雌の存在があって子孫繁栄と思いきや、女系でも充分に繁栄できる⁉︎そういう事例なのか、そういえば誕生しても性別がなかったり性が転換する生物もいる、そう考えるとまだまだどういう意味がそこにあるのか難解であり、実はそんなことに意味はなかったりする、なんともオモシロイ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 夏祭り OriHime »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。