百姓通信
自然と素直に向き合い、全身で風を感じて私は百姓しています。
①土づくり②循環型③無農薬・無化学肥料④永続性を大切に!
ビジネスブログランキング
 



植物は、自らの危険の防御や仲間の防衛の為に揮発性の有機化合物を発するという。
それがジャスモン酸メチルというもので、ストレスを感じたり、損傷を受けた部位でそれらを生産し、自らを防御する一方、物理的な接触や空気を通じて拡散し、損傷を受けていない植物にその危険を伝える。
このジャスモン酸メチルは、がん細胞のミトコンドリアからのシトクロムcの放出を誘導し、その結果細胞死を引き起こすが、正常細胞は傷つけないともいう。
草を刈りながら、植物イジメをしているようで、もっと自然と共に生きる方法を考える必要がありそうだ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 梅雨明け 忍者インク⁈ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL