百姓通信
自然と素直に向き合い、全身で風を感じて私は百姓しています。
①土づくり②循環型③無農薬・無化学肥料④永続性を大切に!
ビジネスブログランキング
 

仏像  


仏像には様々な種類の木材が巧みに使われてきた歴史があるが、もっとも多いのは檜のようだ。
しかし檜が主流になったのは奈良時代以降で、それ以前はそのほとんどがクスノキでつくられていたという。
仏像にサインを初めて入れたのは運慶と言われており、運慶の仏像には格調だけてはなく、激動の乱世を反映した厳しさがどことはなしに感じられる。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« スジャータ 風葬 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL