百姓通信
自然と素直に向き合い、全身で風を感じて私は百姓しています。
①土づくり②循環型③無農薬・無化学肥料④永続性を大切に!
ビジネスブログランキング
 



モンサントは世界最大の種子企業で、遺伝子組み換えのワタ、トウモロコシ、大豆を用いて、従来の品種を競争によって駆逐するビジネスモデルだが、オキシテックは自滅するビジネスモデルを遺伝子操作で構築したという。
2002年に設立されたオキシテック社は2009年にケイマン諸島で「遺伝子組み換え蚊を野外に放ち、ネッタイシマカ(あのデング熱等の伝染の主な原因と言われている)を80%減少させた」といわれ、マレーシア、ブラジルで2010年、2011年実験され、興味をもつ国も多いようだが、遺伝子組み換えの生物に覆われることを好まない人も多く、一時期ネッタイシマカがいなくなってもヒトスジシマカがその空白を埋めるようなら事態は変わらないという人もいる。何よりも遺伝子組み換え生物と人間が共存する事は可能なのか?もしその蚊に噛まれても何ら問題はないのか?
人は神にはなれないことを論理的に説明できるのか?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 日本の農業 牡丹華 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL