こ と の 端

散文でロジックを
環境 経済 エネルギー 電気 教育 などの "E" に関するちょっと気になったこと など

蒙 昧 無 恥

2017-08-13 05:38:02 | Weblog
最新の温暖化防止対策

となるパリ協定

が発効するしないに関わらず

大気中の二酸化炭素濃度

はこれからも

着実に増加し続け

減る

と世界が見込んだ所期の変化は

これから先も

絶対に

起きない


何故なら

当事者のすべて

が問題本質を

相変わらず

見損なっているからだ


交流の長距離高圧送電

という現在のインフラ



世界中に広まり

その状態が維持されている以上

化石燃料を大量に消費する

火力発電方式の電源は

減らずに残り

CO2を量産する体制は

削減目標を

新協定が

100%へと高めたとしても

排出量の削減数値を

実証する機会など

永遠にやってこない


その理由が交流を成り立たせている

成分

即ち

周波数の関与にある

ということを

繰り返しここで

度々

縷々

説明を加えてきた


問題の交流周波数とは

磁場を変化させるための手段であり

誘導法則が早くから示している如く

発電性能を高めるために導入された

自然界には存在していない

人口の電流を生むことに欠かせない

その根源的な仕組みの産物


交流電流の誕生は

送電を効率化するための方便

としてだったのであり

電力輸送を合理的に

無駄なく

円滑に行うための

後付の人為的手段となった


根拠とされた誘導法則によると

起電力は磁束密度と磁場変化の割合

に等しい

とされている

この法則を疑う余地は

最早ない


このため

世界中で実施されている

あらゆる温暖化防止対策が

悉く

無効となることは

交流を選択した時点で

判明していたことなのだ


にも拘らず

実効を欠いた無駄な対策を連ね

最大の気候変動要因である

二酸化炭素の排出量を減らせば

温暖化が止まる

と誤信して省エネ節電



再生可能エネルギーを拡大する

方法に相変わらず囚われている

その結果大気中のCO2は

その濃度を一貫して高めていき

京都議定書をパリ協定へと改め

国連の環境部会の

具体的根拠を欠いた

意思決定を採用することにより

環境異変を防遏できる

と多くの人が錯誤した


その原因となった

電力業界が陥った

世界規模の秘密主義

という統一された

共通の姿勢が生み出された


エネルギー業界が共有している

利益発生源に手を付けたフリをしてみせる

という有害で且つ愚かな行為

が実効なき温暖化対策

と呼ばれて夙に久しい運動を

世に生み落とす契機となった


電力業界の秘密主義

はその後より一層強化され

化石燃料の消費抑制を

却って不可能なものにした

交流電流による

長距離高圧送電の欠陥隠し

という浅はかな行動が

二酸化炭素濃度を一方的に

ひたすら高め

温暖化現象を止まらないものへと

位置づけた


温暖化が止まらない

という経過の事実に鑑みることなく

交流送電という便利な方法に依存し

経済成長を保ったまま

環境復元が可能である

とする判断を勝手に下し

パリ協定という絵空事を頼み

蟻地獄の如き

抜け出すことができない泥沼へと

率先して嵌りこむ事態

へと文明を導いた


現実を正しく理解すれば

温暖化を止める有効な方法

と出逢うことは可能であった


省エネ節電が

二酸化炭素の削減に

まったく効果がない

ということを

国民に悟らせまいとしてきた

浅はかで愚か極まる

その業界が下した判断の過ちが

止まらない温暖化の母体

となって世界中を

永い事

苦しめている


知識階級に属する身分

であることを自認しているひとほど

交流送電の意味を理解しておらず

直流回路のそれと変わらない

とすっかり思い込んでいる始末

これが気候変動要因を温存させる経過を生み

あらゆる環境対策を無効にしただけでなく

京都議定書からパリ協定へと

率先してシフトすることで

問題が解決すると

一律にそう思わせた


交流送電の仕組みを確かめないまま

直流回路と同じだと即断する

底の浅い知識人の量産化を

ただ単に急がせただけ

という空疎な途中経過

が既に定まっている


電力業界に通有するこの秘密主義こそ

気候変動を加速させてきた

余りにも拙い経過

を生み出したその主因


交流の波形は電圧の分布形態に他ならず

電流の存在を示すものとではないのだ

水平線から上に描かれた

波の一方である山形の半分が

電流を付随させているとした場合

下半分の谷型の波のカタチは

電流の関与を意味していない

安全のために端子の一方を

予め絶縁しておく必要

があったからだった


電圧だけがそこにあり

電流の実態はゼロ

これら二つの相反するベクトルをもつ

ことで成り立っている二種類の波

が回転機で合成され

波長と振幅を共有する特定の波形が

交流電圧の象徴

としてそこに描きだされる仕組みとなった


電流は上半分の波にしか存在しておらず

下半分の波には

電圧だけが示される

このため

交流は電流の半分

を実在させるその一方で

電流の不在を示す虚の数値をも

同時に表示する方式となった


複素数と呼ばれている

数学で扱う特殊な形式が

交流を説明するための

合理的な方法として認められ

採用され

世界中へと広まった


電流が相対的に半減している

事で成り立っている交流は

直流より安全性がその分だけ

高い

ということとなり

磁場変化は

却って二倍へと高められ

発電効率を倍増させた


こうして安全性の面でも優れている

という評価を高めた交流の形式が

世界のインフラとして定着した

という経緯が残された


エジソンとテスラによる

直交論争は

テスラの側を勝利へと導いた

だがそのことが

環境対策に於いて

二酸化炭素の排出量を減らせない

という困った状況を

この惑星へと押し付けることとなり

発電機の回転数をまったく減らせない

という不都合な結果を

文明へと齎した

それは出力変動を引き起こしただけでなく

周波数変動もまた

引き起こす起源となった


その事実を環境破壊の背景として

まったく理解していなかった

似非

知識人に分類すべき一群が

温暖化を止めようとして

ハードルをただ単に高く設定し

実現不可能な目標を

パリ協定と呼ばれる

時間稼ぎのための措置

を設定させる事態へと導いた


交流電流の本質を

普通に理解していたのであれば

温暖化が止まらなかったその訳が

交流電源の構造にある

ということくらい

一瞬で

喝破することは容易であった


その意味で業界の通弊となった

秘密主義を放置して得たその実害は

頗る巨大な罪

となって後世へと残された


業界を含む利益共同体は

今更真相を告知することもできなくなり

秘密主義を貫き通す道

にシガミツくことしか

できなくなっている


シャツの第一ボタンを掛け違えた

ということが

巡り巡って

止まらない温暖化を生み落し

理由を確かめないまま

二酸化炭素排出量の

削減目標だけを独り歩きさせ

実現不可能な高い数値目標を

パリ協定へと盛り込ませた

ということになるハナシ

その結果

最後の最後になってからでなければ

それが誤りであった

という事実に気付かない

という不毛な経過だけが残された


経過の持つ意味とその訳が

知識階級の多くに理解されていたのであれば

これほど愚かな行為を続けていた

ということをある日卒然として悟り

愕然として立ち竦む


要するに高度化を急いだ教育制度

の変化

というものが

これほど愚かで

無思慮極まりない

底の浅いことすら自覚できない

知識階級を

爾来

再生産し続けるようにした


なんとも愚かしいことである


真相を正しく承知する

ことができない限り

この文明に明日はない

思考力を失ったマジョリティが

判断を誤り

不毛な結果を

苦労して手に入れる


民主主義の成否は

教育で決まるものなのだ

判断能力を担保していた思考力が

消え去れば

過ちに充ちた経過が訪れる

パリ協定を生んだ

止まらない温暖化こそ

その何よりの

有力な証拠
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自 縄 自 縛 | トップ | 刷 り 込 み »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL