地獄からこんにちわ

交通事故でC3.C4の四肢麻痺になって
障害者施設から在宅生活に戻れた日々の出来事

福祉関係の職員になる不安? 其の四

2017-06-09 09:15:52 | 脊髄損傷
****************
こんばんは(4) (タコ次郎)
2017-05-29 00:51:44

「人手の足りない介護の世界なら、リストラされないよね~」
「介護福祉士の資格を取った後は、ケアマネージャーにステップアップして、いずれは介護施設の施設長かな~。もしかしたら介護施設の経営者にもなれるかも~」
などと、介護関係者や利用者が聞いたら、噴飯ものの考えを持っていました。
甘かったです。
自分が恥ずかしい。

介護職の重責を、全く、理解していませんでした。
いま、介護職として働くか否か、心は五分五分です。
前述したように、私が介護事故を引き起こし、利用者さんの命や健康を奪うのが怖いのです。
****************

どんな職業であろうがそれなりの責任は存在しますが正しい指示と間違えない作業が出来ていれば文句を言う人は少ないのではないでしょうか?
福祉の世界で訴訟問題が話題になるのは頭の悪い施設長の元で間違った作業を施設のいうなりになって行動してる間抜けな介護士がたくさんいらっしゃるので訴訟問題に発展するということだと思います。
正しい作業を見極めることができるのに訴えらることはありませんし間違った作業も一個や二個ではなく積み重なるから利用者も我慢できなくなるものと思われます。

今の世の中
国会議員であろうが教育委員会であろうが見て見ぬ振りし自分のみの保身しか考えない責任の取れない大人ばかり目立つようになっていますが本当に正しい作業ができるなら心配は無用です。

そうやって正しい判断をできる人が施設長なり介護派遣の事業所をどんどん立ち上げてくれるようになると福祉の世界の未来が明るくなるのではないでしょうか!

柿島秀吉
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福祉関係の職につく不安? 其の三 | トップ | 内田光子&ドヴュッシー練習曲集 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます (タコ次郎)
2017-06-12 22:14:11
とても丁寧な返信ありがとうございます。
感謝致します。
本日は喀痰吸引についての授業でした。
約10秒以内に行うとの事で、実際に出来るのか不安ですが、とにかく覚えるしかありません。
受講生の中には
「介護の現場では、喀痰吸引と経管栄養は看護師がやるから、覚えなくても大丈夫。そもそも介護職にやらせない施設を選んで働けばいい」
と言っている人がいました。
仮にそうだとしても出来て損はしないので、私はきちんと覚えるつもりですが・・・。
覚えたつもりでも現場できちんと出来るかは、また別問題で・・・。
しかしそれをいったらキリがないので、とにかく覚えるしかないなぁと。

また書き込みさせていただけましたら幸いです。
では失礼致します。
ある施設を見学しての感想 (タコ次郎)
2017-06-12 22:54:57
ある老人介護施設に見学に行った際、案内してくれた40代後半とおぼしき管理職の男性職員に、何とも言えない気持ちを抱きました。
この男性職員、施設の床に落ちていたクリップをヒョイと拾い上げ
「僕はこういうの気になってしまうんですよ~!」
と得意気でした。
また
「うちの施設にいた若い奴で、靴をブラシで洗えない奴がいて~(笑)母親に洗ってもらってたって~(笑)」
と話し始めて、やめた職員の悪口を笑いながら楽しそうに話していました。
話していた本人はウケていると思ったのでしょうが、私は内心ビックリしていました。
我々見学者は外部の人間です。
この男性職員は外部の人間に、一時でも一緒に働いた、仲間だった人間の悪口を言うんだ!と、呆れました。
もの知らずの若者を、一人前の介護職員にするのが先輩や管理職の役目だと思っていたのですが、この施設は違ったようです。
この男性職員、介護の仕事で一番困ることは、
「モンスター家族からの理不尽なクレーム(統合失調症の娘が、利用者である親の事で暴れたり等)」
「月々の入所費用を滞納する利用者への対応(行政と相談するそうです)」
と言っていました。
管理職の男性も色々ストレスがたまっていたんでしょうけど、この施設では働きたくないな~と思った次第です。

コメントを投稿

脊髄損傷」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL