地獄からこんにちわ

交通事故でC3.C4の四肢麻痺になって
障害者施設から在宅生活に戻れた日々の出来事

エミール・ギレリス ブラームス ピアノ協奏曲第2番

2017-07-08 09:17:45 | クラシック音楽
エミール・ギレリス



[CD12]
同ピアノ協奏曲第2番変ロ長調Op.83 以上
オイゲン・ヨッフム指揮、
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(1972年

“ドイツ・グラモフォン ザ・ベスト1200”VOL.2。名ピアニストのエミール・ギレリスと名指揮者オイゲン・ヨッフムががっぷりと四つに組んだ、ブラームスのピアノ協奏曲第2番。ギレリスの協奏曲録音のなかで重要な位置を占める名盤の誉れ高い1972年録音。ヨッフムとベルリン・フィルのドイツ的な響きも聴きもの。1975年録音の幻想曲集をカップリング。 (C)RS

学生時代に彼の演奏を聴く機会がなくて鋼鉄のピアニスト?とか言われていたのと彼自身がスビャトスラフ・リヒテルを聴けというので最近まで聴く機会に恵まれませんでしたが、先日チャイコフスキーのコンチェルトのしっかりしたテクニックとラフマニノフのコンチェルトで見せる解釈でこれはエミール・ギレリスを聴くべきだとBOXを5個ほど購入したところこのブラームスの名演に出会えました。
大好きな曲なので良い演奏に出会えるのは喜べますね。
エミール・ギレリスはどれを聞いても高いレベルでまとまっているのと人間が感じられる解釈ができているのが好きですね。

よい演奏家です
エミール・ギレリス

柿島秀吉
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タマーシュ・ヴァーシャリ ラ... | トップ | スビャトスラフ・リヒテル ベ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

クラシック音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL