地獄からこんにちわ

交通事故でC3.C4の四肢麻痺になって
障害者施設から在宅生活に戻れた日々の出来事

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヘンリク・シェリング 小品集

2017-02-22 08:27:49 | クラシック音楽
ヘンリク・シェリング 小品集



Disc30
1) ヴィターリ:シャコンヌ
2) タルティーニ(クライスラー編):悪魔のトリル
3) タルティーニ(フランチェスカッティ編):コレッリの主題による変 奏曲
4) グルック(クライスラー編):メロディ
5) クライスラー:ボッケリーニの様式によるアレグレット
6) シューマン(ハイフェッツ編):予言の鳥
7) アルフテル(ハイフェッツ編):ジプシーの踊り
8) ヴィニヤフスキ:スケルツォ=タランテラ

ヘンリク・シェリング(ヴァイオリン)
チャールズ・ライナー (ピアノ)

録音:1959年3月、ニューヨーク、タウン・ホール

Wikipediaでは

『ヘンリク・シェリング(Henryk Szeryng、1918年9月22日 - 1988年3月3日)は、ユダヤ系ポーランド人で、メキシコに帰化したヴァイオリニスト・作曲家。 主な使用楽器は1743年製グァルネリ・デル・ジェス「ル・デューク」。

5歳より母親からピアノの手ほどきを受ける。7歳よりバイオリンを始め、モーリス・フレンケルに師事する。ベルリンに留学して、1929-32年カール・フレッシュにヴァイオリンを師事。その後、パリ音楽院に入学、ジャック・ティボーに師事し1937年に同校を首席で卒業する。尚、1933年にブラームスの協奏曲を演奏してソリストとしてデビュー、同年から1939年までパリでナディア・ブーランジェに作曲を師事。第二次世界大戦中は、ポーランド亡命政府のために通訳を勤めるかたわら、連合国軍のために慰問演奏を行う。メキシコシティにおける慰問演奏の合間に、同地の大学に職を得、1946年にはメキシコ市民権を得た。その後は教育活動に専念したが、1954年に演奏家として転機が訪れた。ニューヨーク市におけるデビューが、きわめて高い評価を得、余生を幅広い演奏活動のうちに過ごすようになる。1988年にカッセルにて客死。

シェリングはたくさんの録音を残しており、バッハの無伴奏ヴァイオリンのための作品は、ミルシテインの演奏と並んで評価が高い。(参考文献:渡辺和彦著『ヴァイオリニスト33』)また室内楽では、アルトゥール・ルービンシュタインのお気に入りのパートナーとして知られた。古典的なレパートリーのほかに、ヴィエニャフスキやシマノフスキのようなお国もの、マヌエル・ポンセの協奏曲(シェリングへの献呈作品)など、近現代作品にも意欲的にとり組んだ。』



このボックスに入ってる音楽たいへん自然で人間らしさが溢れてる演奏が多いです
解釈であれ?
と感じるところは少なく
たとえあったとしてもなるほどそう解釈するか!

感じてしまいます

このヘンリク・シェリング の演奏もそんな優秀な演奏の一つであり
小品集なので気楽に楽しめます

柿島秀吉
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヴィクター・バビン&ヴィトヤ... | トップ | レオニード・コーガン アン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

クラシック音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL