地獄からこんにちわ

交通事故でC3.C4の四肢麻痺になって
障害者施設から在宅生活に戻れた日々の出来事

ミッシャ・マイスキー&ダリア・オヴォラ

2017-05-06 09:15:21 | クラシック音楽
ミッシャ・マイスキー&ダリア・オヴォラ




ディスク:1
1. アルペジオーネ・ソナタ イ短調 D821 遺作 第1楽章: Allegro moderato
2. アルペジオーネ・ソナタ イ短調 D821 遺作 第2楽章: Adagio
3. アルペジオーネ・ソナタ イ短調 D821 遺作 第3楽章: Allegretto
4. 知りたがる男 D795の6 歌曲集≪美しき水車小屋の娘≫から
5. ミニョンの歌 D877の4 ≪ヴィルヘルム・マイスターからの歌曲集≫から
6. 幻 D911の19 歌曲集≪冬の旅≫から
7. 辻音楽師 D911の24 歌曲集≪冬の旅≫から
8. 夜と夢 D827
9. 海辺にて D957の12 歌曲集≪白鳥の歌≫から
10. 音楽に寄せて D547
11. ます D550
12. セレナーデ D957の4
13. 孤独な男 D800
14. 水車職人と小川 D795の19
15. 野ばら D257
16. 万霊節の連祷 D343
17. 君こそは憩い D776

シューベルトのアルペジオーネ聴きたさに色々ポチッと押してみるがどれもしっかり歌われ素晴らしい。
ただしずば抜けたムスティスラフ・ロストロポーヴィチとベンジャミン・ブリテンの演奏は殿堂入りとしてもチェロの音っていいですね!

ミッシャ・マイスキーのは録音が聴きやすくてエフェクターなのかそのような空間なのか自分の部屋がお風呂状態になります。
この録音が耳に馴染んでいる人には良いかもしれないがエフェクターはできればもう少し弱目にかけていただきかった。
シューベルトの歌曲とチェロの演奏は当然ありでしょう。
シューベルトの歌曲は伴奏も弾いていて気持ちよかったので私ももっと取り上げておけばよかったと今更反省。
録音から聞こえて来るミッシャ・マイスキーのブレスと歌
ブレスが浅く聞こえて来るがチェロの響きは十分素晴らしいと思います。
BGMにお勧め!

柿島秀吉
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヨーヨー・マ シューベルト ... | トップ | ボロディン トリオ/アレンスキー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL