地獄からこんにちわ

交通事故でC3.C4の四肢麻痺になって
障害者施設から在宅生活に戻れた日々の出来事

ミッシャ・マイスキー&マルタ・アルゲリッチ / アルペジオーネ

2017-05-18 09:07:44 | クラシック音楽


ミッシャ・マイスキー&マルタ・アルゲリッチ アルペジオーネ

19世前半に考案されすぐに廃れてしまったチェロに似た楽器アルペジオーネのために作曲された《アルペジオーネ・ソナタ》は、高度な名技性を要求される抒情的な美しさを湛えた作品で、現在ではチェロのレパートリーとして重要な地位を占めています。朗々と歌い上げるマイスキーの独奏に、零れんばかりの情感を発散させるアルゲリッチのピアノが応え、作品の旋律美を紡ぎ出してゆきます。シューマンの夢幻的な小品集2曲も併録。 [コメント提供;ユニバーサル ミュージック]
--- 

発売・販売元 提供資料 



朗々と歌い上げるミッシャ・マイスキーの独奏に、零れんばかりの情感を発散させるアルゲリッチのピアノが応え、作品の旋律美を紡ぎ出していく作品。シューマンの夢幻的な小品集2曲も併録。 (C)RS


【曲目】
1. フランツ・シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ イ短調 D.821
2. ロベルト・シューマン:幻想小曲集 作品73
3. ロベルト・シューマン:民謡風の5つの小品 作品102
【演奏】
ミッシャ・マイスキー(チェロ)
マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
【録音】
1984年1月7-10日 スイス,ラ・ショードフォン

アルゲリッチにマイスキーなのであるなら期待以上の何かを感じさせて欲しかったのですが、普通に良い演奏止まりなのでがっくし!
何度も聞き返したくなるほどの魅力は感じられません。

柿島秀吉
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルテュール・グリュミオー ... | トップ | Taneyev/Borodin: Piano Trios »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL