地獄からこんにちわ

交通事故で四肢麻痺になって

脊損障害者の回復法1

2011-09-09 07:24:00 | ふと感じること
2006年7月7日交通事故でC3・4脊髄損傷になり
一生人工呼吸器でベッドから出られないでしょう言われてた私ですが
現在電動車イスにのって事故の裁判と必死に戦う日々です

■医者や看護師の言うことを鵜呑みにすると未来はないでしょう

ただ
医者は患者に変な期待を与えてもっと苦しむということがないように
気を使っているのでそれほど罪はないと思います
知識のない医者の場合は別ですが

看護師の場合
看護師が患者の未来にたいして意見を語るのはどんな状態であろうが犯罪です
看護師が医療の判断は決してしてはいけないしする能力も資格もありません
そんなレベルの低い人間たちに足を引っ張られる悲しい患者が
大勢いることは間違いのないことだと思います

■復活するのに必要な正しい食事(エネルギー)

病院や施設の食事は
場所によって様々だと思いますが
酷いところは本当に犬の餌の方がましで
牛か鶏になったかと思うほどひどい食事です(Aライフサポートセンター)
そんな食事では病気と戦うための栄養を補充することは無理なので
利用者は回復することは無理です
事実栄養の悪い食事を出す施設の利用者の死亡率は
他の施設をかなり越えています

わたしが見てて
決して死にそうにない人が
どんどん弱って
いつの間にか病院から帰ってこなくなります

施設の食事しかとれなかった利用者は
命まで障害者支援施設に握られてるようです
そんな世の中だということに世間の人にもっと気がついてほしいです

■わたしは正直施設の食事臭くて食べられませんでした

私だけでなく
あのAライフサポートセンターは入所前から食べ物の不味さで喧嘩がある施設ですよと
病院で施設を紹介してくれる係りの人が教えてくれてました

実際同じ施設の利用者の大勢が食事が不味いと同じ意見でしたので
私だけではないと思い随分と食事改善要求をしましたが
全く聞く耳持っていない施設でしたね

福祉施設としては
理念が最低の施設であったことは
これからも訴え続けていきます
いまだにどこから仕入れてきたかわからないような
不味くて魚か肉かもわからない怪しげな臭い素材を出し続ける
NPO法人詐欺集団は許せませんね!


■熱が込もって話がそれましたが

快復するには正しい栄養補給は必至だということです。

【気持ちを前にもって正しい食事と正しいリハビリと諦めない気持ちを持つこと】

以上回復のための最低限の条件です


yozame
ジャンル:
モブログ
キーワード
人工呼吸器
コメント (0) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 8MM | トップ | 脊損障害者の回復法2 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。