Yoz Art Space

エッセイ・書・写真・水彩画などのワンダーランド
更新終了となった「Yoz Home Page」の後継サイトです

一日一書 1001 送元二使安西・王維

2016-09-30 17:04:22 | 一日一書

 

王維

 

送元二使安西

 

半紙

 

 

  送元二使安西

 

渭城朝雨浥軽塵 

客舎青青柳色新 

勧君更尽一杯酒 

西出陽関無故人 

 

 

  元二の安西に使いするを送る

 

渭城(いじょう)の朝雨(ちょうう)軽塵(けいじん)を浥(うるお)す

客舎(かくしゃ)青青(せいせい)柳色(りゅうしょく)新たなり

君に勧む更に尽くせ一杯の酒

西のかた陽関を出れば故人無からん

 

 

 

唐の時代、友人が旅に出るときには

渭城(長安の対岸にあった町)まで見送る風習がありました。

そこの宿屋で一泊して、酒を飲んだわけです。

「西」とは「西域」のこと。

辺境の地へ旅立てば、無事帰れるかどうかも分からなかったわけです。

「陽関」とは西域への関所、「故人」とは古い友人の意です。

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

一日一書 1000 慶

2016-09-29 09:27:38 | 一日一書

 

 

慶(金文)

 

半紙

 

かずら筆

 

 

この「一日一書」も通算1000回目。

いちおう、めでたいので「よろこび」の意味のある「慶」の字を。

 

第1回が、「毛筆の手紙」で2013年2月14日。

1000まで、約3年半ということになります。

「一日一書」と言いながら、約1300日で1000ですから

一日0.77書ぐらい? 計算あってるかな?

 

最初のうちは、自分の書だけというのではなくて

師匠の書だったり、街の看板だったり

気に入った書も取り上げていたのですが

いつからか、自分の書だけになりました。

 

最近では、書だけではなく

水墨画も入れています。

 

振り返ってみると、いろいろな実験をしていますが

あっちへとんだり、こっちへとんだり

まったく方向性が定まっていません。

 

こちらは、1000で区切りということもなく

今後も実験をしながら続けていくつもりです。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

一日一書 999 賢

2016-09-28 15:52:41 | 一日一書

 

賢(金文)

 

半紙

 

かずら筆

 

 

かずら筆は、植物で出来ているので

普通の動物の毛で作った筆より長持ちしないのです。

けれども、この筆で書くといろいろな線が出るので

おもしろくて、つい使ってしまいます。

 

家には、大・中・小のセットが、4セットあるのですが

まだ、そのうちたった3本しか使っていません。

その3本は劣化が激しいのですが

それがかえってまたおもしろい線を出すので

そのまま使っています。

 

この筆を作っているのは、福岡県京都郡みやこ町犀川に住む

村上さんという方。

去年、直接に電話をして、3セット注文したのですが

こういうものを作っている方は高齢だろうから

今年もお元気だろうかと思って、電話をしたところ

体調が悪くて、もう作れないとのこと。

でも3セットぐらいなら何とか残っていると思うと

奥様らしい方がおっしゃるので注文しました。

けれども、それから2週間ほど経ったのですが

まだ品物は届いていません。

もう、二度と手に入らないかもしれないと思うと

新しい筆を使えません。

古くて、痛んだかずら筆で、相変わらず書いています。

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

一日一書 998 激突!

2016-09-27 17:37:17 | 一日一書

 

激突! 

 

スティーブン・スピルバーグ監督

 

半紙

 

かずら筆

 

 

 

もう1点。

 

 

 

 

見た回数からいうと、この映画が一番多い。

何回みたか数えてないけど、30回ぐらいだろうか。いや、もっとかも。

 

最初、劇場封切りでみて、ほんとうに驚いた。

何という映画、何という監督。

これが、アメリカで、テレビ映画として作られたこと、

監督のスピルバーグというのが、まだ27歳ぐらいだって聞いて更にびっくり。

 

カット割りまで、ほとんど覚えるくらい見た。

何度みても、感心する。

ほんとうの才能がここにある。

スピルバーグのその後は、ジョーズは好きだけど

あとは、それほどおもしろくない。

別に嫌いじゃないけど、また全部見てるわけじゃないけど

「激突!」さえあればいい、と思っている。

 

原題は「DUEL」(対決)。

そのほうが、「正しい」。

「激突!」っていうのは、ちょっと変だけど、まあいいか。

書には、両方書いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

一日一書 997 ベニスに死す

2016-09-26 19:21:35 | 一日一書

 

ベニスに死す

 

ルキノ・ビスコンティ監督

 

ダーク・ボガード 

ビヨン・アンドルセン

シルバーナ・マンガーノ

 

 

半紙

 

かずら筆

 

 

この映画題名シリーズは、「日本映画ベストテン」のつもりだったのですが

そんなのどこかへ行ってしまいました。

 

全映画の中で、たぶん、この映画が一番好きです。

何度見ても飽きません。

 

でも、封切りで見ることができなかった。

あっという間に打ち切られたからです。

その点では、「神々の深き欲望」と同じです。

ぼくが最初にこの映画を見たのは、封切りから半年以上もたったころ

新宿の東映だったと思います。

映写の最後、海岸のシーンで、古くなったフィルムが切れてしまい中断したのを

今でも鮮明に覚えています。

 

冒頭の海のシーンから流れるマーラーのアダージョが忘れられない印象を残します。

 

美少年役として抜擢されたビヨン・アンドルセンが当時話題になりましたが

この映画では、それよりも、ダーク・ボガードが圧倒的に素晴らしい。

老いてなお、あくことなき「美」への耽溺が、痛ましく悲しい。

 

パゾリーニの映画でもおなじみの

シルバーナ・マンガーノの妖艶さも素晴らしい。

消毒液の匂いが感じられるような、ペストの蔓延するベニスの街の映像も魅力的。

 

ビスコンティの映画は、たくさん見ましたが

やっぱり、これが最高です。

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加