Yoz Art Space

エッセイ・書・写真・水彩画などのワンダーランド
更新終了となった「Yoz Home Page」の後継サイトです

一日一書 655 草をむしれば・八木重吉

2015-07-31 15:42:21 | 一日一書

 

八木重吉「草をむしる」より

 

草をむしればあたりがかるくなってくる

 

半紙

 

 

前にも書いたことのある詩ですが

ちょっと絵を添えてみました。

顔彩です。

 

いろいろできて、選べないので、あと3点。

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

一日一書 654 大根引き

2015-07-30 10:40:13 | 一日一書

 

大根引き大根で道を教えけり

 

小林一茶

 

半紙

 

 

大根を引いている農夫に道を聞いたら

大根で道を教えてくれた、という単純な句。

でも、よく考えると実に深い。

「大根引き」は、いわば大根のプロ。

大根のことなら何でも知っている。

その人に「道」を聞いた、つまり、「どう生きればいいか」を聞いた。

そうしたら、その「大根」で答えてくれた。

「この大根のように生きろ」あるいは、「答えはこの大根の中にあるぞ」とか。

勝手な解釈ですが、こんなふうに読むとおもしろい。

大根の絵のなかに、矢印を書いてみたのも、何の気なしにですが

「大根」のなかに「方向=生き方」が「ある」みたいな感じになっているかもしれません。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

第55回現日書展のお知らせ

2015-07-29 14:47:59 | お知らせ

 

 

いよいよ来週開幕です。

今回は、師匠の越智麗川先生が、大作を揮毫なさっています。

峠三吉の原爆詩集より「八月六日」をモチーフとした作品。

必見です。

越智先生のブログをご覧ください。

 

私も、出品しております。

佐藤春夫の「少年の日」を書きました。

 

どうぞお出かけください。

 

なお、私は、会場にはおりません。

また、8月3日(月)は休館日ですので、お間違えなきように。

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

水曜日は水彩画・ピーマン

2015-07-29 12:29:39 | 水曜日は水彩画

 

ピーマン

 

19×24cm

 

 

ピーマンも、そのままだとツマラナイというか、描きにくいので

半分に割ってみました。

切り口は、やっぱりおもしろい。

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

一日一書 653 盗む勇気と壊す勇気・別役実「赤い鳥の居る風景」

2015-07-28 17:13:35 | 一日一書

 

別役実「赤い鳥の居る風景」より

 

半紙

 
盗む勇気と、壊す勇気と、火をつける勇気が、あの子には必要なのです。
 
そうして、もう一つ、非難されながら逃げる勇気とがです。
 
 
 
 
 
 
 
ここで別役は、犯罪を犯せといっているわけではありません。
 
「盗む勇気」「壊す勇気」「火をつける勇気」というのは
 
そうした犯罪的な行為を犯してまでも「現実に立ち向かっていく勇気」のことでしょう。
 
これも「姉」の言葉なのですが、更にこの言葉は次のように続いていくのです。
 
 
 
 
 
あの子の中に、盗む勇気と、壊す勇気と火をつける勇気ができた時、
 
あの子にとって、盗まないで、壊さないで、火をつけないで、しかも逃げないで生活することが
 
大切になるはずです。
 
 
 
 
読めば読むほど、深みをます戯曲です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事をはてなブックマークに追加